何気なく鏡を見ていると「何だか髪が薄くなってきた・・・、これって若はげ?」と不安に感じる事はありませんか?薄毛やはげの症状は、早い方で20代前半から起こる症状だと言われており、近ごろ若はげに悩む方が急増しています。

若はげ対策には色々な方法がありますが、その中でも育毛剤が最も効果の期待できる対策。そこでこの記事では、育毛剤がなぜ効果があるのか、4つ理由を紹介したいと思います。

 

 

育毛剤が効果的な理由①:改善したい場所に直接アプローチ出来る

 

若はげ対策にはサプリメント、内服薬、育毛剤など色々な改善方法がありますが、最も改善効果が出やすいのは育毛剤。その理由は、髪の毛を生やしたい場所に直接アプローチ出来るので、効果的に薄毛対策が行えるから。

サプリメントは、体内改善から間接的にアプローチする事になるので、どうしても時間がかかってしまいます。例えば怪我をした時を想像してみてください。

 

怪我をしたら、まず患部をケアするのが一般的ですよね。食事などの栄養補給による治療は、あくまで二次的な処置になります。

若はげも同じで、まずはげてきた場所を改善しなければなりません。育毛剤は、髪の毛を生やしたい所に直接アプローチすることができるので、非常に効果的に対策することができます。

 

育毛剤が効果的な理由②:副作用が少なく長期的に続けられる

 

育毛内服薬やサプリメントを服用する事で、若はげ対策にはなりますが、体質によっては、稀に副作用が出てしまう人もおり、長期的使用するのが難しい事もあるようです。

サプリメントを摂取することは、体内に異物が入る事になり、それにより身体が拒絶反応を起こしてしまい、アレルギー反応が出てしまう事もあります。

 

一方で育毛剤は外部から直接頭皮に塗布するので、拒絶反応が出にくいのです。もちろん、肌が弱い人は患部に炎症が起きてしまう場合もありますが、最近の育毛剤は天然成分にこだわって作られているので、肌が弱い人でも安心。

若はげや育毛対策には、継続的に行う事が重要だとされており、身体に負担がかからず長期的に使用できる育毛剤がお勧めです。

 

育毛剤が効果的な理由③:若い人ほど育毛剤が良い

 

若はげや育毛にはサプリメントと育毛剤を併用する事が効果的。その中でも若い人は、特に育毛剤がお勧めです。その理由はそれぞれの特徴を生かし、相乗効果が期待できるから。

まず、サプリメントの主な効果として、体質改善と細胞分裂を活性化させる働きがあります。食事だけでは不足してしまう成分などを補って、育毛をさせる狙いがあるので、生活が不規則な人に効果があります。

 

一方、育毛剤の主な効果は、頭皮の環境改善、血行促進改善といった直接頭皮を改善させる働きがあります。

薄毛やはげ対策は体内の改善をしつつ毛根の改善を行う事が理想ですが、細胞が若くしてはげる「若はげ」の場合には体内よりも頭部に問題がある事が多く、頭部の環境改善を優先的に行うべきです。

 

育毛剤が効果的な理由④:若はげ原因となるマラセチュア菌を抑える

 

人の毛穴に存在している「マラセチュア菌」という常在菌をご存知でしょうか?この菌は人体には影響が無いのですが、頭皮の皮脂が過剰分泌されると異常繁殖をして、頭皮や毛穴に炎症を起こす事があります。

頭皮や毛穴に悪影響が出れば、当然、抜け毛の原因にもなり、そのまま放置しておけば髪の毛が生えて来なくなる可能性もあるのです。

 

特に若い人は、頭皮の皮脂が過剰分泌しやすいので、頭皮環境を健康で清潔に保たなくてはいけません。育毛剤の中には、このマラセチュア菌の増加を抑えてくれる「抗真菌作用」のある育毛剤もあるので、気になる方は試してみると良いでしょう。

また、マラセチュア菌が発生しやすい主な環境は、シャンプーをして自然乾燥している人の頭皮や、帽子を長時間被っている人の頭皮、他にもファーストフードや脂っこい物を好む人、スポーツや肉体労働をして汗かく人等も頭皮の皮脂が過剰分泌されるので注意しましょう。

 

マラセチュア菌は、サプリメントでは抑えることが出来ず、育毛剤や育毛シャンプーでしか対処する事が出来ません。特に、頭皮の皮脂が過剰分泌しやすい10代後半から20代前半の人は、マラセチュア菌による抜け毛被害が多いので気をつけましょう。

 

 まとめ

 

育毛剤は、サプリメントに比べて即効性がある点が魅力のひとつ。また、若はげの主な原因は、体内よりも頭部環境に原因がある事が多く、直接患部をケアする事で若はげの対策になります。

サプリメントは体質改善には効果がありますが、頭皮環境に原因がある場合には、対処しにくく育毛剤や育毛シャンプーを利用して対策する方が良いでしょう。

 

サプリメントに比べると、育毛剤の方が副作用が比較的少なく利用できますし、体質が弱い方でも利用できる点が魅力のひとつと言えるでしょう。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!