近年、20代の若い男性でも薄毛に悩む方が増えています。「薄毛は、自分で治すことはできない」と思っている男性が多いのですが、そんなことはありません。

薄毛に悩む男性の大半が、自分で治す方法を実践されています。とは言え、自力で治すための効果的な方法を知らないという男性は多い。

 

そこでこの記事では、自分で薄毛を治す効果的な方法について解説します。

 

 

20代の薄毛は自分で治すことができるのか?

 

20代の若さで薄毛になるなんて、誰も思っていませんよね。そのため、薄毛が起こった場合は、まず自分で治すための方法を考える男性が多いでしょう。

20代の若さで薄毛が起こることを「若年性脱毛症」と呼ばれ、AGA(男性型脱毛症)の発症が疑われます。薄毛は若いからと言って放置してしまうと、その後、どんどん進行していきます。

 

自分では気付きにくいこともあり、周囲の人や家族から指摘されることで気付くことも少なくありません。しかし、気付いた時には、既に薄毛になっている自分に対して、コンプレックスやストレスを抱えてしまい、より一層薄毛が進行してしまう恐れがあるのです。

このように、薄毛の兆候に気付いた場合は、早めに自分で治す薄毛対策を講じることが大切です。

 

20代の若さで薄毛になってしまうのはなぜ?

 

まだ20代という若い年代にも関わらず、薄毛になってしまう男性は多く存在します。これは、何らかの原因により薄毛が生じている可能性が高い。

ここからは、20代の若さで薄毛になってしまう、その原因についてみていきましょう。

 

20代で薄毛になるのはなぜ?その原因は?

原因①男性ホルモンが変化すること

男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼと結びつくことで、より強い「ジヒドロテストステロン」と呼ばれる男性ホルモンに変化します。

そして、このジヒドロテストステロンが毛母細胞を破壊するため、髪の毛が生えてこなくなってしまうのです。実際、5αリダクターゼが生成される量や働きには、個人差があります。

 

そのため、10代や20代という年齢でも、すでに薄毛の進行が始まっているという男性もいるのです。

 

原因②遺伝によるもの

薄毛はAGA(男性型脱毛症)の発症であり、これは遺伝が原因だと考えられています。その中でも、母方の祖父からの隔世遺伝の可能性が高いとされています。

 

原因③生活習慣の乱れ

バランスのとれた食生活や良質な睡眠をとらないような生活習慣の乱れは、男性ホルモンを過剰分泌させ、頭皮環境の悪化を招いてしまいます。

これは、日本の食文化が欧米化していることが、原因のひとつ。実際、ファーストフードばかりの食生活を続ける20代男性が増えています。

 

また、過激なダイエットを繰り返すことで、髪の毛に必要となる栄養素を摂取することができず、健康的な髪が育ちづらい頭皮環境を作ってしまうことも原因として考えられます。

睡眠不足も成長ホルモンの分泌を阻害させてしまい、ヘアサイクルが乱れ、薄毛を招いてしまいます。

 

原因④ストレス過多

過度なストレスは、ホルモンバランスの乱れや血行不良を招き、薄毛を進行させてしまいます。

 

原因⑤パーマやヘアカラーのしすぎ

パーマやヘアカラーは、20代の男性であれば誰もが経験されていることでしょう。しかし、必要以上に行うことは、薬剤使用による頭皮環境の悪化につながるため、必要最小限に留めるようにしましょう。

 

原因⑥誤ったシャンプーの方法

洗浄力の強いシャンプーを使用している場合、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうため、頭皮の乾燥を招いてしまう恐れがあります。

乾燥が起こると、頭皮を守るために過剰な皮脂分泌が行われるため、誤ったシャンプーの方法は、頭皮環境の悪化につながり、薄毛を進行させてしまうのです。

 

原因⑦強い紫外線による刺激

髪の毛や頭皮は、強い紫外線を浴びることで日焼けを起こします。それは頭皮表面に留まらず、髪の毛を作る細胞まで達すると考えられています。

そのため、外出時などは髪の毛と頭皮を守るために、帽子などを活用して紫外線対策を行うことをおすすめします。

 

20代の薄毛を改善するための効果的な方法とは?

 

「薄毛を自分で治したいが、どのような方法があるのか分からない」という人もいますよね。ここからは、薄毛を改善したいと思う男性が、自分で治すための効果的な方法をご紹介します。

 

薄毛を自分で治すための方法とは

方法①食生活の改善

薄毛を予防・改善するには、正しい食生活を送ることが基本。そのため、髪の毛に必要な栄養素を含む食材をバランスよく摂取し、過激なダイエットなどで食生活が乱れることのないようにしましょう。

また、コンビニ弁当やファーストフードばかりを食べることを避け、髪の毛の成長に必要となる良質なたんぱく質やビタミン、亜鉛を含む食材を積極的に摂取しましょう。

 

どうしても食生活が乱れがちな男性は、育毛サプリメントを活用されることをおすすめします。

 

方法②睡眠不足の解消

睡眠中は成長ホルモンが分泌されるため、髪の毛も健康に成長します。しかし、慢性的に睡眠不足になりやすい人は、薄毛の進行スピードが早くなる恐れがあります。

そのため、就寝時はリラックスできるよう、アロマやハーブなどの香りを枕元に置き、良質な睡眠をとることを心掛けてください。

 

方法③ストレス解消

薄毛になる直接的な原因とは考えられていませんが、過度なストレスを溜め込むことで自律神経が乱れ、血行不良となる恐れがあります。

血行不良は、頭皮環境の悪化にも繋がり、髪の毛に必要な栄養素を届けることができず、薄毛が進行してしまいます。

 

ですから、ストレスがたまらないよう、普段から自分に合うストレス解消法を見つけておきましょう。

 

方法④アミノ酸シャンプーを使用する

頭皮環境を良い状態に保つためには、弱酸性のアミノ酸シャンプーがおすすめ。アミノ酸シャンプーは頭皮に必要な皮脂を残し、高保湿してくれます。

そのため、過剰な皮脂分泌を抑制させ、頭皮環境を穏やかに保つことができます。頭皮環境を良い状態に保つことで、薄毛を予防することを期待できるでしょう。

 

方法⑤運動をする

新陳代謝を活発化させることで、身体の血行促進効果を得ることができます。汗腺を働かせ、頭皮の毛穴詰まりを予防することも髪の毛の成長に必須です。

そのため、毎日継続できるジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を取り入れ、身体の血行促進効果をはかりましょう。

 

方法⑥頭皮マッサージを行う

薄毛予防には血行促進効果を得ることができる頭皮マッサージが効果的。そのため、毎日のシャンプーの際に、頭皮を揉むように指圧しながらマッサージしましょう。

頭皮に刺激を与えることが血行促進効果につながるため、毎日継続して行ってみてください。

 

方法⑦喫煙やアルコールを控える

喫煙は髪の毛に必要となるビタミンCを多く消費してしまうため、髪の毛の成長を妨げてしまいます。また、アルコールの過剰摂取は、肝臓で多くのアミノ酸を消費してしまい、髪の毛を作るたんぱく質の生成に必要なアミノ酸がなくなるため、結果的に薄毛を招いてしまいますす。

このように、薄毛を改善するためには、喫煙や過度のアルコールは避けるようにしましょう。

 

20代の薄毛を自分で治すために育毛剤を活用しよう!

 

20代の薄毛を自分で治すには、育毛剤を活用することをおすすめします。育毛剤には、頭皮環境を正常化させ、育毛薬と同等の効果が得られるものまで、様々な製品があります。

これまで薄毛に悩み続け、自分で治すために育毛剤を使用したことのない男性は、是非育毛剤を使ってみて下さい。育毛剤については、こちらの記事に詳しく書いていますので、興味がある人は見てみて下さい。

 

参考記事:「オススメ!男性用育毛剤ランキング!!最も若ハゲに効果的な商品とは?」

 

薄毛の最終手段!AGA専門クリニック

 

20代で薄毛が発症した場合、まずは育毛剤等でセルフケアすることが良いです。しかし、それでも治らない場合は、専門クリニックによる治療を受けるべきでしょう。

 

AGAの治療法は?

専門クリニックにおいてAGA(男性型脱毛症)の治療を行う場合は、「プロペシア」や「ザガーロ」などの経口育毛剤と呼ばれる治療薬を服用します。

その他、「ミノキシジル」の塗り薬を頭皮へ直接塗布する方法で行われます。このように、これまで薄毛を自分で治すために様々な方法を実践しても効果が見られなかった場合は、専門クリニックの受診を検討しましょう。

 

あなたの薄毛は治療できる!発毛治療専門の【AGAスキンクリニック】

まとめ

 

自分で薄毛を治すための効果的な方法について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?自分で薄毛を治すには、毎日の生活習慣を改善し、頭皮環境を穏やかに保つことから始めましょう。

また、育毛剤を活用し、髪の毛が健康に生えやすくなるような頭皮を作ることも大切。さらに日常生活で様々な方法を実践しても薄毛改善効果が見られない場合は、AGA専門クリニックを受診し、早々の薄毛対策を講じるようにしてください。