「何だか、最近分け目が薄くなってきたな…」

 

髪の毛が細くなり、抜け毛も増えてくると、やがて前髪の分け目の薄さが目立ってきます。これは髪の毛が全体的にボリュームが減りはじめた20代男性によく見られる髪の質感です。

このようなタイプの方は頭頂部や前頭部と決まった場所でなく、頭部全体で薄毛が始まっています。育毛ケアを強化して髪のボリュームを改善し、密度が濃くてくっきりした分け目を取り戻しましょう。

 

 

前髪の分け目が薄くなるのは髪が細くなり始めている証拠

 

前髪の分け目が薄く見えるのは、髪の毛の一本一本が細くなり始めている証拠。では、なぜ髪の毛が細くなってきたのでしょうか。

それは髪の毛を作る毛乳頭や毛母細胞の力が、10代の頃よりも弱くなり、髪が作られ始めてから抜け落ちるまでの毛髪の周期(ヘアサイクル)も短くなってきているから。

 

ヘアサイクルは、通常4~6年と言われます。抜け落ちる前の数ヶ月は成長を止めますが、それまでの間、毛根は髪の毛をグングン伸ばしていきます。

ですが、AGA(andronenetic alopecia:男性型脱毛症)が発症すると、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの作用で毛根の働きが弱くなり、髪の毛を伸ばすことが出来なくなってしまいます。

 

ヘアサイクルも徐々に短くなります。20代でAGAの発症者は約10%いると言われます。30代になると20%、40代で30%、50第で40%以上の人がAGAになると言われております。

 

分け目を髪の毛を太くするには?

 

AGAが発症すると、頭頂部や前頭部の脱毛が徐々に進み、薄毛が目立ってきます。いわゆるてっぺんはげやM字はげなどと呼ばれるはげ方ですね。

そのようなハゲ方でなく、前髪の分け目が目立ってきたということであれば、頭部全体で髪が細く、まばらになり始めたと考えられます。

 

AGAではないかもしれませんが、着実に薄毛は進み、30代、40代になると地肌が透けた感じのはげ頭になる可能性が大。

ハゲ初期段階のいま、薄毛が進んでいることに気づいたのは、ある意味幸運かも知れません。今のうちから対策を講じれば、はげの進行を止め、元気な髪を取り戻し、保ち続けるチャンスがあるのです。

 

元気な髪を取り戻すには、毛根を元気にして、ヘアサイクルを少しでも長くすることが重要です。そのためにはどうすれば良いか。次の通り、様々な改善方法があります。

 

育毛シャンプーに切り替える

いま使っているシャンプーが、ドラッグストア等で購入した安価な商品なら、髪の毛に負担をかけているかもしれません。

市販のシャンプーは、洗浄力の高い界面活性剤が配合されており、皮脂をしっかり落としてくれるのですが、その影響で毛穴では皮脂を作ろうとする働きが強まり、毛根の発毛しようとする力が分散されてしまいやすくなります。

 

ですから、頭皮や毛根への刺激がマイルドな「アミノ酸系界面活性剤」を配合している育毛・発毛をコンセプトにしたシャンプーを使うようにしましょう。

 

参考記事:「おすすめ男性用育毛シャンプー3選!市販シャンプーでは薄毛が悪化する?」

 

育毛剤を使う

最近では、発毛・育毛効果の高い育毛剤がいろいろと出ています。5%ミノキシジルのように効果のあるものほど値段が高くなる傾向がありますが、基本は「血行をよくすること」です。

育毛剤で毛根を刺激しつつ、育毛剤を塗布した後に、入念なマッサージを加えてとにかく血行を良くしていきましょう。血行が良くなれば毛根に血液の栄養が行き渡り、毛根に元気が出てきます。

 

参考記事:「オススメ!男性用育毛剤ランキング!!最も若ハゲに効果的な商品とは?」

 

髪によい食べ物を食べる

頭皮の血行をよくしたら、次にするべきは血液中で髪によい栄養素を増やすこと。髪のよい成分と聞くと、特別なことを思い浮かべるかもしれませんが、そんなに大げさなことではありません。

栄養価の高いタンパク質を含む食品(魚、肉、卵、豆類、海藻類、乳製品など)をしっかり摂取ようにすればよいのです。

 

それと髪のケラチンタンパクを合成するときに毛乳頭が使う亜鉛、ビタミンB、ビタミンDなどを含む食べ物も摂るとなおよいでしょう。

亜鉛は牡蠣やにぼし、肉類、豆類に含まれていますし、ビタミンBは肉類、ビタミンD魚類、キノコなどに多く含まれています。食事による栄養摂取に不安のある人は、これらの栄養分をサプリメントで補うとよいでしょう。

 

参考記事:「最強の育毛サプリメントとは?本当に効果のある薄毛専用サプリ5選!」

 

生活習慣を見直す

夜更かしが高じて徹夜をしたり、お酒を飲み過ぎたり、タバコを吸ったりするなど、身体に負担をかけることしてしまうかもしれません。

このような生活を続けていると、当然頭皮・毛根にダメージを与えます。当然、抜け毛のペースも上がってきてしまうでしょう。

 

とくにタバコはよくありません。ニコチンやタール、重金属など様々な有害物質が毛根にも溜まり、毛根を着実に痛めます。

髪の毛の少ない人は実際に、髪の毛の中に水銀、カドミウム、ヒ素、鉛、アルミニウムなどの有害ミネラルが多いことも分かっています。

 

休日や空き時間には適度な運動を行い、身体の新陳代謝をよくして、余分な物質を汗と一緒に出すデトックスもしましょう。また、良質な睡眠を摂るようにしましょう。

これにより血行が良くなり、血液の質もよくなり、頭皮と毛根によい環境が整ってきます。

 

まとめ

 

前髪の分け目が薄くなってきたのは、ヘアサイクルの乱れが出てきた証拠。このまま今の生活を続けているとヘアサイクルはどんどん短くなり、髪の毛は薄く、少なくなっていきます。

まずは今の生活習慣を見直してみてください。不規則な生活、喫煙、過度の飲酒、睡眠不足、運動不足などがあればそれがヘアサイクルを悪化させている可能性があるので改善していきましょう。

 

ヘアサイクルを改善するためには頭皮の血行を促し、毛根に元気を与えることを意識的、継続的に行うことが大事。その具体的なアプローチとして身体の外からは育毛剤、育毛シャンプーを投入し、内からはタンパク質、亜鉛などを補給していくことがオススメです。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!