「近ごろ髪にコシがなくなってきた?」

「薄毛を防止するために何かした方が良いのかな?」

 

このような悩みを持っている人は少なくありません。あなたはどうですか?「自分は若いし、まだ全然問題ないよ」そう思っている人でも油断していると、気付けば薄毛が進行していることも。

そうならない為にも、早期に若ハゲ防止策を考えておく必要があります。若ハゲ対策に「早すぎる」という言葉はありません。まだ髪が健康で元気なうちから、薄毛を予防していきましょう。

 

 

若ハゲ防止に効く薄毛防止策

 

若ハゲ防止策「バランスの良い食事」

20代の若い頃はバランスの良い食事をあまり気にしないどころか、好きなものを好きな時に好きなだけ食べてしまいます。炭酸飲料やジャンクフードばかりの食生活を送ってはいないでしょうか。

髪にとって必要な栄養素「ビタミン類・たんぱく質・ミネラル(亜鉛)」をバランス良く摂取がなされないと、毛髪は健やかに育ってくれません。

 

ダイエットで食事制限をしている場合も髪に必要な栄養が不足している場合があります。 肉、乳製品、卵、野菜、穀物など、バランスよく3食しっかり食べることが髪にはとても大切なのです。

 

若ハゲ防止策「適度な有酸素運動」

 

軽い運動をすることで、新陳代謝が上がり、血流がよくなります。この様に体内の血行を良くすることで頭皮まで栄養が届くのです。髪に良い運動でオススメは、サイクリング、ウォーキング、軽いジョギング、水泳などの有酸素運動。

なお、有酸素運動は、血行が良くなることのほか、AGAの原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)を体外に排出する効果があります。

 

運動はストレス解消にもなりますから、頑張り過ぎず、楽しんで取り組むのが良いでしょう。

 

若ハゲ防止策「ストレスを溜めない」

若ハゲになりやすい人の特徴の一つとして、「ストレスを溜めやすい人」があります。つまり、悩み込んでしまう性格の人は、若ハゲになりやすいのです。

若ハゲとストレスとは密接に繋がっています。悩み事があっても、気付けば忘れてしまうような人は、ハゲることも少ないでしょう。ストレスが原因でおこる自律神経やホルモンバランスの乱れは、髪の成長を大きく妨げてしまいます。

 

また、ストレスが溜まると発汗作用が働き、頭皮が痒くなりボリボリ掻きむしり、それが抜け毛の原因になってしまいます。

もし、あなたがイライラし、ストレスを感じるときがあったら、頭を掻きむりそうになるのを抑え、気持ちを落ち着けましょう。

 

若ハゲ防止策「喫煙や飲酒を控える」

喫煙はテストステロンの増加・血行の悪化・頭皮の乾燥などを引き起こす原因となります。また、体内のビタミンCが破壊されます。

ビタミンCには抗ストレス作用があるため、不足するとストレスを溜めやすくなり、結果として若ハゲを発症させる恐れがあります。

 

酔になる程の過度な飲酒は、肝臓にダメージを与えてしまいます。さらに内臓機能が悪くなると髪の健康にも悪影響を及ぼします。

また、お酒に含まれるアルコールは、良質な睡眠を妨害してしまう恐れがあるため、しっかり身体を休ませることが出来ず、髪の成長にも影響してしまいます。

 

晩酌で少し飲む程度ならストレス発散にもなり問題ありませんが、飲み過ぎには注意する必要があります。喫煙や飲酒の習慣が長い人ほど、髪の毛や頭皮へのダメージは大きくなります。

若ハゲ防止のためには、若いうちからの喫煙やお酒は控えた方が良さそうですね。

 

若ハゲ防止策「正しい洗髪方法」

 

20代は髪のオシャレに一番気を使いたい年頃です。毎日のようにワックス等の整髪料を使い、頭皮も脂っぽくなりがちなため、洗髪時についゴシゴシ強めに洗ってしまったりと負担をかけてしまいます。

洗髪の際は、絡まりを取るためにまずはブラッシング。その後ぬるま湯で優しく流しましょう。次に手のひらでシャンプーをよく泡立て、優しく指の腹を使いながら泡で洗う感覚で揉むように洗居ましょう。

 

強く洗わなくても頭皮の脂は取れます。そして洗い終わったら、しっかり時間をかけてすすぎましょう。コンディショナーやトリートメントも同様。

コンディショナーは少し髪の毛に残したくらいが保湿成分が浸透しやすいと勘違いされがちですが、頭皮に成分が残るとそこから毛穴が詰まったりすることもあるため、コンディショナーの後も丁寧にしっかりすすぎましょう。

 

若ハゲ防止策「頭皮マッサージ」

頭皮のマッサージは血行不良予防の効果が期待できます。健康な髪と頭皮に必要な栄養素は血流と共に運ばれます。そのため、頭皮への血流を良好な状態に保てば、健康的で強い髪を育てることができるようになり、若ハゲの予防に繋がるのです。

ストレスの感じやすい方や、仕事で身体を動かす機会の少ない方は、血行不良に陥るリスクがあります。3~5分程度の頭皮マッサージを、毎日の習慣に取り入れることをオススメします。

 

若ハゲ防止策「紫外線予防」

 

紫外線は肌にとって大敵なのご存知ですよね?これは頭皮にとっても大きなダメージを受けるのです。特につむじ部分は紫外線をモロに受けてしまいます。

夏場は特に紫外線量が強いので頭皮のダメージを受けやすく、つむじや分け目から抜け毛が増えてきてしまう可能性も十分に考えられます。

 

長時間紫外線に当たってしまうと、活性酸素が出てきて、それが頭皮環境を悪くするので、外出の際には帽子や日傘をさす方法等で対処すると良いでしょう。

ただし、あまり帽子を被ってばかりですと、蒸れやすくなり、逆に薄毛を助長させてしまうかもしれないので、注意してください。

 

若ハゲ防止策「育毛シャンプー」

育毛シャンプーとは、頭皮環境を整えるためのシャンプーであり、市販のシャンプーよりも頭皮に優しく、無添加で低刺激なことが特徴。

市販されている安価なシャンプーの多くが、高級アルコール系という頭皮への刺激が強すぎるタイプの界面活性剤が使用されています。

 

高級アルコール系の界面活性剤は、頭皮にとってのダメージが大きく、頭皮環境に悪影響を招きかねません。また、シリコンが配合されているシャンプーも髪にダメージを与えます。

育毛シャンプーは汚れを落とすだけでなく、頭皮のケア効果も期待できます。普段使用しているシャンプーを、育毛シャンプーに置き換えるだけで、簡単に始められますね。

 

参考記事:『おすすめ男性用育毛シャンプー3選!市販シャンプーでは薄毛が悪化する?』

 

まとめ

 

今回の記事で今すぐできる薄毛防止法をお伝えしましたが、ご紹介した8つの防止策は、いづれもあなたが意識さえすれば手軽に実行できるものです。

若ハゲを防止するための予防策であれば、普段の生活を見直すだけで、髪に良い環境を作り出すことができます。冒頭にお伝えした通り、若ハゲ対策に「早すぎる」ということはありません。

 

今からでも若ハゲ防止策を意識した生活を送りましょう。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!