現在、日本では成人男性の3人に1人が薄毛に悩んでいると言われています。薄毛が気になると、「もう以前の様な髪には戻らないのか…」と悩んでしまいますよね。その中でも20代の薄毛、いわゆる「若ハゲ」となると話はより深刻。

まだ未婚の人も多いでしょうから、女性にもモテたいでしょうし、イケてる髪型や服装にもオシャレしたいところです。周りに若ハゲの人がいなければ、悩みを相談できる人もいない状況になってしまい、ストレスが溜まっていく一方です。

 

ワカハゲ君
 若ハゲがコンプレックスになって、気持ちも沈みがちです。。。

 

その様な中で「薄毛は正しい方法で治療すれば治る」とか、「薄毛は遺伝の場合治らない」など世間では様々な意見があります。これがまた若ハゲを悩ませてしまうのです。

では、実際のところ、若ハゲが治る確率はどの程度なのでしょうか?ここでは若ハゲが治る確率をご説明させていただきます。

 

 

20代で若ハゲになる原因とは?

 

まずは若ハゲになってしまう原因からご説明しましょう。若ハゲになってしまう原因は、いくつも存在していますが、薄毛原因として圧倒的に多いのが男性型脱毛症を意味するAGA(エージーエー)

AGAってCM等でよく耳にしますが、実際のところどんな症状なのでしょうか?

 

AGA(男性型脱毛症)

AGAは、まず男性ホルモンのテストステロンが5α-リダクターゼという還元酵素と結びついて、DHT(ジヒドロテストステロン)を生成。

このDHTが髪の毛のヘアサイクルを狂わせ、成長しきれていない状態で髪を脱毛させてしまうのです。髪のサイクルについては、「休止期」→「成長期」→「退行期」をいうサイクルを繰り返すようになっています。

 

成長期は2年~6年あり、その期間に髪の毛は太く、長く成長していきます。

 

しかし、AGAが発症するとこの成長期が数ヶ月~1年と極端に短くなるのです。結果、髪は十分に成長せず、細かったり、短かったりした状態で抜け落ちてしまうのです。

 

AGAは進行性。何もせずに放置しておくと髪の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。

 

そのためAGAは早めに治療していくことが必須なのです。

 

ワカハゲ君
 AGAはどんどん進行していくのですね、怖いです。。。

 

若ハゲを治すための改善方法

 

残念ながら、生活習慣の改善や育毛シャンプーなどだけでAGAの進行を止めることは難しいと言われてます。それはAGAが5αリダクターゼやDHTなどにより引き起こされているからです。

AGAに最も有効な対策は、AGA専門クリニックによる治療。クリニックでは、5αリダクターゼを阻害するAGA治療薬を用いた治療を受けられます。

 

もちろん、すべて若ハゲ原因がAGAというわけでもありませんし、「絶対に若ハゲが治る」というわけではありませんが、クリニック治療による効果は客観的に認められています。現在のところ、最も効果的な対策といえるでしょう。

 

ワカハゲ君
 クリニック治療が一番信頼できそうですね!

 

AGA専門クリニックでどのような治療を行うかというと、治療薬の処方が一般的。以前は薄毛の原因がまだ解明されておらず、効果のない育毛剤や育毛サロンに高いお金を払い、全く効果がないといった話もよく聞きました。

しかし、薄毛の原因はDHTであることが科学的に解明され、現在では薄毛を治療する飲み薬が販売されています。その薬とは、「フィナステリド(プロペシア)」と「ミノキシジル」。

 

これらの薬を使った治療により、かなり高確率で薄毛は治療することが出来るのです。

 

AGA治療薬として最も有名なフィナステリド(プロペシア)は、AGAの原因物質であるDHTの発生を抑制し、乱れた髪のサイクルを正常に戻してくれます。

数ヶ月~1年と短くなったヘアサイクルを正常な状態に戻すことで、少なくとも現状の状態から悪化することは防げます。

 

費用も専門クリニックであれば1ヶ月分で10,000円以下と、育毛剤で支出する金額と大きな差はありません。AGAがかなり進行してしまった場合はミノキシジルの使用も必要ですが、その場合は1ヶ月20,000円前後の費用となります。

AGAがかなり進行していて治療薬の効果を見込めない場合などは、AGAの影響を受けにくい側頭部や後頭部の髪の毛を採取して薄毛部分に移植する自毛植毛を受けることもできます。

 

こちらの治療法も信頼性は高いと考えられています。

 

若ハゲが治る確率は?

 

では一体どの程度の確率で若ハゲが改善するか。正しい知識を身につけ、適切な対策をすることで、薄毛は高い確率で改善することが可能です。

 

AGA治療薬(医薬品)を3年間継続して使えば、80%以上の高い確率で若ハゲ改善は可能!

 

若いうちは回復できる可能性が高いので、20代であれば、薄毛が分からないレベルまで回復できると考えていただいていいです。

ただ、絶対に治るというわけではなく、薄毛の進行状況によっては治らない場合もありますから、まずはクリニックの無料カウンセリングを受けてみましょう。

 



 

「若ハゲが治る確率」のまとめ

 

薄毛は、40代以降でAGAになる人と比べてAGAの進行スピードが速いと言われております。若く健康な肉体だからこそ、AGAが発症してしまえば、ドンドン加速してに薄毛になっていきます。

ただ、反対に若ハゲ世代は40代以降と比べて治療による回復スピードも速い。AGAを治療する方法は、現時点では治療薬の服用が最も効果的と断言できます。

 

20代は育毛剤を試す人が多いですが、育毛剤は発毛の手助けはしてくれるものの、AGAの原因であるDHTの発生を抑制する効果は期待できません。

また、頭皮ケアが出来る育毛サロンもありますが、あくまで頭皮環境を良くすることが目的でAGA治療には効果がないと考えて下さい。

 

まずは早期に無料カウンセリングを受けることから、若ハゲ対策に着手していきましょう!

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!