あなたは、いま若ハゲで悩んでいませんか?

 

若ハゲが発覚すると、それにコンプレックスを感じ、毎日の生活を塞ぎ込んでしまいます。中年になれば、ある程度開き直って、諦めもつくでしょうが、10代~20代ですと周りの目も気にしますし、中年世代とは状況が違いまよね。

実はあなたと同じ様に若ハゲで悩んでいる人は少なくありません。今、薄毛の若年齢化が進んでいるのです。その理由は、食生活の変化やストレスの増加、スマホ普及による眼精疲労等、多岐に渡ります。

 

その中でも若ハゲの最も多い理由がAGA(エージーエー)です。

 

AGAは日本語で「男性型脱毛症」と呼ばれる脱毛症の一種。成人男性に多くみられる薄毛の症状で、一説によると薄毛で悩む男性のほとんどがAGAが理由とも言われています。AGAはCMなどでもよく耳にしますが、果たして治るのでしょうか?

 

結論から言いますと、若ハゲは治ります。

 

ワカハゲ君
 ホントですか!?

 

これまでは若ハゲ改善は不透明でしたが、今や若ハゲは治る時代。その改善効果が厚生労働省で認められている治療薬もあります。

では、若ハゲを治すためはどんな治療をしていけば良いのでしょうか。ここからAGAの治し方をご紹介します!

 

 

そもそもAGAって?

 

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で、「男性型脱毛症」と呼ばれる脱毛症の一種。一般的に成人男性にみられる薄毛の症状で、薄毛に悩む男性の大半がこのAGAとも言われています。

またAGAは男性ホルモンが原因の進行性の疾患とされており、発症すると前頭部生え際と頭頂部周辺から徐々に薄毛が進行していくのが特徴。このAGAの発症には遺伝や生活習慣など様々な要因が関与するとされているのです。

 

AGAの発生原因やメカニズムは、未だに分からない部分が多い脱毛症です。AGA治療は薄毛の進行を抑え、現状から髪の量を増やしていく事を目的としているため、薄毛の改善した状態を維持し続けるには治療を継続し続けることが必要です。

 

では、このAGAを治すにはどの様な治療方法があるのでしょうか?

 

若ハゲ(AGA)は治る時代です

 

ここからは実際にAGAの治療方法をご紹介しましょう。大きく分けると以下の4つのAGA治療方法があります。

 

投薬治療

AGAの最もポピュラーな治療方法と言えば投薬治療。よく使用される治療薬としては、「フィナステリド(プロペシア錠)」「デュタステリド」「ミノキシジル」等の成分が含まれているものがあります。

 

フィナステリド(プロペシア錠)

フィナステリド(プロペシア錠)の効果は科学的に認められています。臨床試験では、プロペシア1mgを1年間投与することにより、58%の改善効果が見られました。

さらに2年間では68%、3年間では78%の改善効果があったと報告されています。また同量のプロペシアを1年間投与することにより、40%の現状維持効果があるという結果も出ています。

 

なお2年間では31%、3年間では20%の現状維持効果が認められました。

 

デュタステリド

AGA発症の大きな原因であるDHTは、当初は体内に存在しません。テストステロンという男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素と結びつき、DHTが生成されます。

デュタステリドはこのテストステロンと5αリダクターゼの結びつきを阻害することで、AGAの進行を根本から食い止める効果があるのです。

 

ミノキシジル

ミノキシジルは、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することによって発毛を促します。ヘアサイクル改善により小さくなった毛包を大きく深く成長させ、細く軟毛化した毛髪を太い毛に成長させます。髪の成長に重要な毛包を大きく、深くするミノキシジルの作用をディープグロース効果と呼んでいます。

 

メソセラピーとは頭部の皮下に薬剤を注射する治療法。フィナステリドやミノキシジルなどのAGA治療薬を頭皮に直接注入する方法です。

注射を使用する方法の他にも、超音波やレーザーを使用することもあります。メソセラピーはAGA治療の他に脂肪分解などにも使用されています。

 

メソセラピーは有効成分を直接頭皮に届けるため、より高い発毛効果が期待できますが、投薬治療よりも効果があるという科学的根拠はなく、信用性の低い治療法と言われてます。

 

HARG(ハーグ)療法

HARG療法は発毛機能を再生させることを目的とした再生医療。発毛を促す成長因子を含む有効成分を、頭皮に直接注入します。

発毛機能が再生されることで薄毛の根本的な改善が期待されており、治療を終えた後もそのまま効果が続くといわれています。

 

しかし実績の少ない治療法ということもあり、医学的根拠もまだ十分とはいえません。施術は医療機関で数カ月から1年にわたり複数回に分け行われ、一度の施術は20分程度。有効成分の注入には注射やレーザーが用いられます。

 

植毛

植毛には「自毛植毛」と「人工毛植毛」の2種類があります。自毛植毛の場合、後頭部や側頭部などAGAの影響を受けにくい毛根を採取して、薄毛が気になる部分に移植。

生着率は高いとされていますが感染症などのリスクがあるため、施術を受ける場合は安全性について必ず医師に確認して下さい。

 

一方で人工毛植毛は自分の髪ではなく、ナイロンなどの繊維で作られた人工毛を頭皮に植え付けることになります。人工毛の方が手軽に見えますが、拒絶反応などの懸念があり、実態としては国内外の医療関係者からも“行うべきではない治療”と認識されています。

 

「AGAの治し方を一挙ご紹介」のまとめ

 

いろいろとAGAの治療法についてご紹介しましたが、やはり若ハゲ対策にはAGA専門クリニックでの治療がおすすめ。薄毛治療は皮膚科や総合病院でも診察してもらえますがが、専門的知識をもって細やかな治療は期待できません。

薄毛治療専門のクリニックなら無料カウンセリング受けられますし、一人一人の症状に合わせた治療を行なってくれます。またAGA専門クリニックなら最先端の医療器機も揃っているので、希望に合ったAGA治療を受けられます。

 

AGAは進行性ですから、放っておくと薄毛が進み、対処にも時間がかかってしまいます。まずは、無料カウンセリングから始めてみましょう。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!