テレビやメディアでは、「育毛効果がある!」として、さまざまな食べ物が紹介されています。そうすると、食べ物を見直すだけで発毛効果があるような錯覚をしてしまうかもしれません。

髪を作るために必要な栄養素や、抜け毛に悪影響を与える食べ物は確かにありますが、食べ物の改善だけで発毛を期待することは難しいです。

 

というのも、食べ物そのものに増毛や育毛の効果があるわけではないので、食事に取り入れてもそれは期待できません。

 

ワカハゲ君
食事の見直しは抜け毛に効果がないのですか?

 

ただし、食べ物で直接的に発毛することが出来なくても、髪は日々の食事で摂取した食べ物の栄養から作られていますから、抜け毛を予防する効果は期待できます。

そこで今回は抜け毛予防になる食べ物をご紹介してきます。

 

 

抜け毛予防になる3大栄養素とは?

 

抜け毛予防や健やかな髪を保つために重要な栄養は様々ありますが、その中でも食事をする際に特に摂取したいのが次の3大栄養素。

 

たんぱく質

髪の主要成分はたんぱく質で組成されています。たんぱく質は髪を健やかに成長させる上での基本となる栄養素。よく「髪にはアミノ酸が良い!」と言われてますが、このアミノ酸は食事で摂取するたんぱく質が姿を変えたものです。

たんぱく質には動物性と植物性の二つがあり、動物性タンパク質は肉・魚・卵に含まれ、一方植物性たんぱく質は豆腐や納豆等の豆類に含まれています。

 

健康には両方バランスよく摂取することが大切ですが、抜け毛予防の観点で言うと、植物性たんぱく質を優先して摂取したほうが良いでしょう。

動物性たんぱく質は摂取しすぎると内臓に脂肪がつきやすくなり、内臓機能低下・血行不良・血液質の低下等、髪に悪影響になってしまう可能性があります。

 

亜鉛

亜鉛は髪の健康になくてはならない栄養素。体の機能を整えるミネラルの一種で、欠かすことができない髪の毛を構成する成分です。

亜鉛は体内で分解されたアミノ酸を「ケラチン」に再合成するときに必要な栄養素です。このケラチンは髪の原料となる成分であるため、必要不可欠な存在と言えます。

 

また、亜鉛には細胞の新陳代謝を活発にする働きもあり、その他にも抜け毛や薄毛の原因となる「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素を抑制する作用もあります。

ただ、亜鉛は汗で流れやすい特徴がありので、夏場は積極的に多く摂る必要があります。また、亜鉛は疲労やストレスによっても失われやすい栄養素であるため、意識的に摂取していきましょう。

 

ビタミン類

ビタミン類は、健康を維持する働きをサポートする栄養素で、皮膚代謝を促したり、細胞分裂のサイクルを正常にするのに必要。

つまり、ビタミン類も髪や頭皮の健康を保つのに欠かせない栄養素と言えるでしょう。ビタミンAは細胞の酸化を緩やかにするため、加齢による衰えの出やすい髪や頭皮を健やかに保つ効果あります。

 

また、細胞の代謝を促進させるビタミンB群は、頭皮環境を正常にし、髪の成長を促す働きが期待できる大切な栄養素。さらに、血行を促進させる働きのあるビタミンEは、頭皮の血流を良くして健やかな髪を育てることのできる土壌へと整えてくれます。

 

ワカハゲ君
3大栄養素は分かりましたが、何を食べれば摂取できるのでしょうか?

 

抜け毛予防の為の食べ物6選

 

これらの抜け毛予防に必要不可欠な3大栄養素は、髪を健やかに育てるための土台作りをサポートする働きがあります。次からはこれらの栄養素がどのような食べ物から摂取できるのかをご紹介していきます。

 

納豆

 

納豆の原料となる大豆は「畑の肉」とも呼ばれ、植物性たんぱく質が非常に豊富なのが特徴。たんぱく質以外にも亜鉛などのミネラルやビタミンまで含む、髪にとっては万能の食べ物と言えます。

納豆に含まれる酵素は熱に弱いので、納豆は熱を加えずに食べるのがオススメ。たんぱく質は髪の毛の原料となるため、意識的に摂取することが大切です。

 

髪にとって大切な他の栄養素をきちんと摂取していても、そもそも髪の原料がなければ髪は育ちません。また、大豆にはイソフラボンが含まれており、イソフラボンは抜け毛の原因である脱毛ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を抑制する効果が期待できるのです。

 

青魚

 

カツオ、イワシ、サバなどの青魚は高タンパク、亜鉛、ビタミンBなどの栄養素を豊富に含んでいます。さらにEPA、DHAなども豊富で中性脂肪を下げる効果があるので血液をサラサラにする効果があります。

また、眼精疲労などにより頭皮の血行が悪いと抜け毛に悪影響を与えますが、青魚の持つビタミンB2は眼精疲労にも効果があると言われています。

 

青魚は鮮度が落ちやすい種類が多いので、刺身や塩焼きなどにしてサッと食べるのがオススメ。栄養素を意識するのであれば、梅干しや酢などクエン酸を含む食べ物と一緒に摂取するのが良いでしょう。

クエン酸はイワシの骨を柔らかくしてくれるので、イワシの酢煮などで食事に取り入れると、カルシウムとなる骨まで美味しくいただけますよ。

 

牡蠣

 

「海のミルク」とも呼ばれる牡蠣は、牡蠣には亜鉛がたくさん含まれています。亜鉛は牛肉、レバー、魚介類などにも多く含まれますが、含有率は牡蠣が一番多い。

髪の主成分はタンパク質ですが、亜鉛が不足すると上手く生成されないようなこともあります。亜鉛は大豆のイソフラボンと同様に脱毛ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を抑制することができるため、抜け毛の予防効果あるのです。

 

ビタミンは熱に弱い性質があるため、抜け毛に悩んでいる方には、ミネラルとビタミンを余すことなく摂取できる生食がオススメ“生”が苦手という方は、鍋物に入れてシメを雑炊でいただくと、ダシに溶けだした栄養素まで摂ることができます。

 

海藻類

 

「昆布やわかめなどの海藻類を食べていると髪が太く健康になる」という話はよく聞きますよね?髪の成長を促すためには、ビタミンやミネラル(鉄、亜鉛、銅)などが必須で、これらが豊富に含まれる食品の1つが海藻なのです。

海藻類は、カルシウムや鉄、ナトリウム、ヨウ素など多くのミネラルを含み、更にそれぞれ保有量が豊富であることでも知られています。ミネラルは体に必要な栄養素を吸収するために必要な酵素を活性化させる働きをします。

 

抜け毛を予防をしたい方は、混ぜご飯や炊き込みご飯など、昆布に含まれるミネラルを余すことなく摂取できる料理がオススメです。

 

レバー

 

レバーはタンパク質やビタミンA、ビタミンBが豊富な上、ミネラルも豊富に含んだ食材。ビタミンBの力でタンパク質の吸収を助け、また皮脂の分泌を抑制します。

髪の原料となるタンパク質を効率良く吸収し、さらにビタミンAによって頭皮の環境を整えることができます。特に豚レバーにはビタミンB1が多く含まれているので、抜け毛予防にぴったりです。

 

レバーを食事に取り入れる際はレバニラがオススメ。ニラやニンニクに含まれる、アリシンというニオイ成分にビタミンB群の吸収を高める効果が期待できます。

 

緑黄色野菜

 

ほうれん草やニンジンなどの緑黄色野菜は、ビタミンA、ビタミンB、カロテンなど健康に必要な成分を多く含んでいます。ビタミンBの力でタンパク質の吸収を助け、皮脂の分泌を抑制します。

さらにビタミンAによって頭皮の環境を整えることができるので、髪が育ちやすい環境を整えてくれます。抜け毛予防ということで考えれば「ビタミン」は特筆すべき成分だと言えます。

 

ビタミンは血流量を増やすので、頭皮も栄養価の高い血液を多く運搬することができるようになります。

 

まとめ

 

抜け毛を防止するためには、髪に良い食べ物取り入れることが大切であることをご説明しました。食事を見直すことを中心に、生活習慣、シャンプーなど、さまざまな対策方法をバランス良く行うことで、 更に予防効果を高めることができます。

ただ、残念ながら料理が苦手な人や忙しくてそこまで手が回らない人もいるでしょう。そのような人には、髪に必要な栄養素がバランスよく摂取できる育毛サプリメントを取り入れるのも良いでしょう。

 

こちらの記事に詳しく書いていますので、参考にしてみて下さい。

 

参考記事:『最強の育毛サプリメントとは?本当に効果のある薄毛専用サプリ5選!』

 

いずれにしろ、抜け毛予防に早すぎることはありません。早期に着手し、あなたに合った予防法を取り入れていきましょう。

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!