「少しづつ生え際が後退してきた、まだ20代なのに…。」と一人で悩んでいませんか。若くして薄毛に悩んでいる人は実は数多くいます。一般的に薄毛の症状がでてくる年齢として、最も多いのは40歳を過ぎた頃。

ただし様々な理由により、20代からでも若ハゲが進行してくる可能性はあります。乱れた生活リズム、食生活、運動不足、ストレス、睡眠不足、過度な飲酒、喫煙、AGA等により弱年齢化することがります。

 

ワカハゲ君
 どれにも心当たりがあります

 

この中でも原因として、最も注意する必要があるのがAGA。このAGAとは一体どんな症状なのでしょうか?

 

 

若ハゲが徐々に進行してくる原因

 

AGA(エージーエー)とは、AndroGenetic Alopeciaの略で、日本語で言うと「男性型脱毛症」のことを意味します。成人男性に良く見られる薄毛の症状です。

思春期以降に発症する額の生え際やつむじ部分の髪のどちらか一方、または両方同時に薄くなっていきます。

 

AGA(エージーエー)は、なんと日本全国で1,260万人いるとされており、4,200万人いる成人男性(20~69歳)のうち3分の1が、あなたと同じ様にAGAで悩んでいるのです。

 

ワカハゲ君
 そんなに多くの人が悩んでいるのですね。

 

遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因とされ、しっかりと対策を施さないと 抜け毛がどんどん進行し、薄毛が徐々に進行していきます。そのためAGAは初期段階からのしっかりとケアしていく事が必須なのです。

AGAは、抜け毛・薄毛がゆっくりと進行することが特徴。ただし、20代若者については「進行速度が比較的早い」とも言われています

 

理由としては、不摂生(不規則な生活、睡眠不足、栄養不足等)により、髪が産毛の段階で抜けてしまう事が多いのです。

この様に、AGAと「その他の要因」が重なることで進行速度が速まり、若ハゲが深刻化が加速していくのです。一度AGAによって髪が抜け始めてしまったら、自然に治るのを期待するのは止めましょう。

 

若ハゲ進行が止まる方法

 

徐々に薄毛が進行してきた場合は、その原因はAGAである可能性が高いです。AGAが発症してしまったら、自然回復は不可能。となると、あなたがAGA対策を実践していくしかありません。

以下の様な対策をすることで、AGA進行が止まることが期待できます。

 

若ハゲ進行が止まる方法「食生活を見直す」

 

食事は髪に栄養を届ける為、髪にとっては非常に重要なもの。髪の主成分であるタンパク質、そのタンパク質を髪に変える亜鉛、ビタミン類、これらのどれか一つでも不足してしまうと健康な髪の成長に影響します。

若い方は外食・コンビニ食が中心の方も多いでしょうから、バランスの取れた食事が取れていない可能性があります。外食やコンビニ食は脂の多いものが多く、皮脂の過剰分泌に繋がります。

 

それにより毛穴がつまり、髪の成長を妨げ、若ハゲになってしまうのです。また、髪の成長には栄養の摂取が不可欠。髪の成長に必要な栄養素は「タンパク質」「亜鉛」「ビタミン類」の三種ですので、食事の際は、含まれている栄養素を確認し、バランスの取れた食事を心掛けましょう。

 

若ハゲ進行が止まる方法「十分な睡眠時間を確保する」

 

髪は睡眠中に最もよく伸びるため、睡眠不足は若ハゲに直結します。髪に必要な成長ホルモンには、地肌の新陳代謝を促進し、再生や修復をする役割があります。

ただ、この成長ホルモンは常に分泌されている訳ではありません。睡眠中、しかも深い睡眠であるレム睡眠時以外は、ほとんど成長ホルモンが分泌されないと言われているのです。

 

また、この成長ホルモンが多量に分泌されるのは、睡眠後の最初のレム睡眠時であること。つまり、ただ睡眠を取るだけではなく、質の良い眠りを取ることがとても重要です。

質の良い眠りが取れるベストな時間は、ゴールデンタイムと呼ばれる夜22時から翌朝2時まで仕事に遊びに忙しい年頃かと思いますが、髪のためには夜22時までに就寝することを心掛けましょう。

 

睡眠時間がしっかり取れないと、若ハゲの一つの原因でもあるストレスを蓄積する要因にも繋がります。したがって、睡眠不足が続いたり、眠りが浅かったりすると、それだけ頭皮や毛根のダメージが回復せず、若ハゲになってしまうのです。

 

若ハゲ進行が止まる方法「育毛剤を使用する」

 

育毛剤は、自宅で出来る若ハゲの予防法として、最も一般的なヘアケアアイテム。育毛効果はもちろん、血行を促進させる効果や炎症を抑える効果があり、頭皮環境を整えることで、より健康的な髪が育ちます。

若ハゲ予防や発毛促進効果も期待できるので、ここまで挙げてきた様な生活改善策に比べると、より効果が期待できます。

 

ただし、育毛剤を使う上で勘違いしてはいけないのは、育毛剤だけでは髪は生えないということ。育毛剤は、毛を育てるもので、髪を生やすものではありません。

育毛剤というのは、細くなった髪やハリやコシが無くなった髪に栄養を与えるためのもの。つまり、毛根があることが前提で作られているのです。

 

若ハゲ初期症状の人は、まだ毛根が残っている状態かと思いますので、育毛剤の効果が十分期待できます。

 

参考記事:『オススメ!男性用育毛剤ランキング|最も若ハゲに効果的な商品とは?』

 

ワカハゲ君
 生活改善の育毛方法より積極的な解決法ですね

 

若ハゲ進行が止まる方法「AGAクリニックに相談する」

 

既に進行してしまった若ハゲを治したい、もしくは根本的に若ハゲを治す治療をしたい。そのような方は、AGAクリニックに相談するのが良いでしょう。

AGAは、一般の総合病院(皮膚科)、大学病院、美容外科など様々な医療機関で治療の相談ができます。そんな中でAGA専門クリニックでは、通常の病院では行わない検査・治療法を実施し、若ハゲ治すためにその人に合った治療法を提案してくれます。

 

投薬治療、メソセラピー、HARG、自毛植毛などその対策方法は非常に豊富。たとえAGA専門クリニックでも若ハゲを治すことは簡単なことではありませんが、若ハゲの原因を知り、早期発見・早期治療をすることで、若ハゲを治すことは十分に可能です。

 

まとめ

 

ご説明した通り、若ハゲが徐々に進行してきた場合、その症状から原因はAGAである可能性が非常に高いです。若ハゲが止まるための方法として、以下の改善策がオススメです。

 

  • 食生活を見直す
  • 十分な睡眠時間を確保する
  • 育毛剤を使用する
  • AGAクリニックに相談する

 

AGAは進行性ですから、当然早ければ早いほど良い結果が期待できます。早速、若ハゲ対策を実践していきましょう。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!