薄毛は40~50代以降のいわゆる中年の悩みとして知られていますが、早くから症状が出る人だと20代から発症します。「20代なのに若ハゲ対策なんて早すぎるっ!」と思われるかも知れませんが、若ハゲ対策に「早すぎる」という言葉はありません。出来る限り早いタイミングで、対策を取ることがとても大切。

 

まず、覚えていておいていただきたいのが、そのまま何もせず放置しても若ハゲが改善することはないということ。年齢を重ねて薄毛が重症化した時に「あの時に対策しておけば。。。」と思っても、その時には既に手遅れになっていることでしょう。

このままでは中年になった頃、生え際の後退や頭頂部の薄毛がさらに進行していって、完全にハゲてしまいます。

 

そうならない為にも、若ハゲ対策は初期症状を自覚したタイミングから早期に着手する必要があります!

 

ワカハゲ君
 若ハゲの自覚症状はあるのですが、何も対策できてません。。。

 

若ハゲ対策するために、まずは日常生活の中で見直すべきことがあるはず。そこで、ここでは日常生活で気を付けるべき若ハゲ対策をご紹介させていただきます。

 

 

若ハゲの進行を止めるための3つの対策

 

若ハゲの原因の多くは、AGA(男性型脱毛症)にあると言われてます。AGAは様々な対策がありますが、実際に「髪が生えた」、「薄毛が解消したと」いう人が増えているのです。

正しい予防・改善法で対策を行えば、あなたの若ハゲは解消され、その悩みはなくなります。

 

フサフサとした健康的な髪を維持、改善するために、まずは次の3つの対策を実践してみましょう!

 

髪に必要なアミノ酸を摂取する

髪の成長にはアミノ酸が必要であり、その中でも牛乳や肉などに多く含まれている「含硫アミノ酸」は非常に重要。また、髪を作るホルモンの産生は栄養の状況によって変わってきます。

身体の健康のためだけでなく、髪の健康のためにもこれらの栄養を摂取し、バランスの取れた食事が大切。栄養バランスの良い食事を摂取すれば、頭皮の血行を促進させることができ、ひいては若ハゲの解消へと繋るのです。

 

以下の3つの栄養素も若ハゲ対策に必要な栄養素ですので、積極的に取り入れてみましょう。

 

  • 髪の材料となる「たんぱく質」
  • 血行促進効果がある「ビタミン」
  • 亜鉛・銅などの「ミネラル類」

 

良質なたんぱく質を摂取するには、卵や大豆がオススメ。卵は生でも過熱しても大丈夫です。大豆は、豆腐や納豆等の加工食品でも取り入れることが可能。

他にも小魚、海藻などのミネラルが多く含まれる食材や、ビタミンが豊富な緑黄色野菜も摂取した方が良いでしょう。

 

頭皮マッサージをする

若ハゲの大きな原因の一つとして、頭皮の血液循環が悪くなっていることが挙げられます。頭皮には血流が多いですので、環境を整え血液の流れを良くするのは、髪にとって非常に重要なこと。

それによって元気な髪が生えてくるので、毎日少しづつでも実施していると変化が出てくるはずです。頭皮マッサージをした際に頭皮を指で前後に動かせますか?硬くて動かない方は、血行が悪くなっている可能性があります。

 

また、生まれつき頭蓋骨が張っていると、皮膚が突っ張って血液の循環が悪くなる場合もあります。この他にも、ストレッチ等で首や肩のこりをほぐしたり、生活リズムを規則正しくするもの効果的。

 

頭皮や心身がリラックスすることで、血行が良くなります。

 

頭皮の炎症を抑える

若ハゲの人は頭皮に軽い炎症を起こしている人が多いようです。頭皮環境が悪く、酸素の補給が不十分のため炎症が起こり、若ハゲに発展してしまいます。

ですので、自分に合ったシャンプーを選び、常に頭皮を清潔にしておくのはとても大切なことです。頭皮の状態は人それぞれですので、シャンプーを選定するときは、自分の頭皮の状態に合わせるのがポイント。

 

皮脂を適度に取り除くもの、さらに洗髪した後の頭皮を指で触った際に「やわらかい」と感じるシャンプーが良いでしょう。

自分の合ったシャンプーが見つかったら、毎日軽めに洗うことです。あまり力強く洗ってしまうと、頭皮を傷つけてしまう恐れがあるので気を付けて下さいね。

 

日常生活を改善した上で育毛対策を

 

ご紹介した3つの生活改善を実施しつつ、次のステップとしてより育毛効果のある対策法を少しづつ取り入れましょう。髪の生え変わり周期は3~6カ月なので、その期間は使い続け効果を試していく必要があります。

最もポピュラーな育毛対策として育毛剤の使用があります。育毛剤を使うことで、以下の効果を期待することができます。

 

  • 現在生えている毛が太くなる
  • 頭皮が目立たなくなる
  • 男性ホルモン(DHT)の働きを抑える

 

育毛剤に含まれている男性ホルモン抑制成分の働きで、乱れたヘアサイクルが正常化されます。その結果、抜け毛が減り、抜けにくい太い毛が増えてくるのです。

若ハゲの予防、改善に効果的な育毛剤が数多く販売されてますので、まずは自分の状態に合った製品を選びましょう。それを6カ月程使っていれば、効果が表れてくるはずです。

 

参考記事:『オススメ!男性用育毛剤ランキング!!最も若ハゲに効果的な商品とは?』

 

「若ハゲの進行を止める3つの対策」のまとめ

 

若ハゲになってしまうと初めて気付いたときは、ショックが大きいですよね。初期段階でのヘアスタイルが楽しめないことに始まり、人目が気になって気持ちが消極的になるし、常にネガティブな気分になってしまいます。

若ハゲを隠そうと帽子をかぶったり、 ぎこちない髪型になってしまったり。

 

若ハゲ対策として、まずは日常生活の中で見直せることがあるはず!

 

若ハゲは一旦症状が発症してしまうと、徐々に進行していきます。自分から対策を始めない限り、その進行が止まることはありません。 若ハゲの悩みは、改善しない限り今後もあなたに付いて回ります。

楽しいはずの若者時代を、若ハゲのせいで台無しにされる前に、 しっかりと対策をしていきましょう。この記事で挙げた3つのポイントを早くから実施し、それを継続していく。

 

積極的な対応を実践していきたい人は、日常生活を改善しつつ、さらに育毛剤などの育毛対策を取り入れましょう!

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう、また次回!