毎朝、鏡を見て「20代なのに、髪が薄くなってきたかも。。。」

お風呂上りに「抜け毛が増えてきたかも。。。」と悩んでいませんか?

 

ワカハゲ君
 実は少し前から頭頂部が気になっていて。。。 

 

でも、その様な悩みを持っているのはあなただけではありません。現在の日本では、何と20代の男性の3人に1人が薄毛を気にしていると言われています。

当然、年齢に関係なく髪が薄くなるのはショックですが、50代以上であれば既に結婚して人がほとんどで、仕事でもある程度のポストになっているかと思います。また、周りの同世代にも薄毛人口の割合が多くなってきており、多少諦めもつきます。

 

ですが20代となると、未婚の方も多いでしょうし、まだまだ髪型やファッションも楽しみたい年頃。見た目へのコンプレックスも抱くようになり、自信を失ってしまう人も多く、そのショックは計り知れません…。

 

しかし、諦めるのはまだ早い!

ハゲは若いほど治りやすく、早めに予防・対策していくことで改善できます!!

 

ハゲが進行しない為、20代でハゲる原因そしてその対策を一緒に学んでいきましょう!

 

 

なぜハゲるの?20代でハゲる原因を知ろう

 

なぜ20代でハゲてしまうのか?

一般的に頭髪が薄くなる時期は、40~50代頃が多いと言われています。ですが、人によっては20代からハゲ始めていきます。ここでは20代でハゲはじめる原因をお伝えします。

 

若ハゲと生活習慣の関係

20代ですと、体力も有り余ってますので、不規則な生活でも身体への影響は少ないかもしれません。ですが、髪に与える影響まで考えてませんよね?

例えば、偏食。20代の方ですと、手っ取り早くジャンクフードを食べる人も多いでしょうから、髪に必要な栄養が不足し、抜け毛の原因になっている可能性があります。

 

また、飲み会やカラオケでオールなどといった誘いも多い。そうなると睡眠不足に陥りがちです。髪の毛の成長は睡眠中にも行われており、特にゴールデンタイムと呼ばれている22時~翌2時の間は成長ホルモンが多く分泌されていると言われております。睡眠不足は髪の天敵と言えますね。

 

他にも、大学生や社会人になった環境変化による運動不足も原因に挙げられます。20代ですとまだ健康への意識も低いので、運動不足の影響は体重の増加くらいしか考えていないかもしれません。

ですが、運動不足に伴い血液の循環が悪くなると頭皮への栄養も届きにくくなります。

 

若ハゲは遺伝する?

「おじいちゃんもハゲているし、お父さんもハゲているから、自分も将来ハゲてしまう」と心配になっていませんか?

祖父や父親がハゲているからと言って必ず自分がハゲるとは限りませんが、科学的にも薄毛には遺伝と関係があることが証明されています。

 

特に薄毛の原因がAGA(※)の場合は、4人に1人が遺伝により薄毛になると考えられています。

 

ワカハゲ君
 やはり遺伝も関係あるんですね 

 

※AGA(男性型脱毛症)

AGAとは、AndroGenetic Alopeciaの略称で「男性型脱毛症」のことを言います。額の生え際や頭頂部の髪の毛がだんだん薄くなっていき、最終的には髪の毛が抜け落ちてしまうことで額が後退や頭頂部の地肌が見えるようになる症状です。
AGAが原因による薄毛は、進行性のため一旦発症してしまうと抜本的な対応をしていかないと症状は進行し、薄毛が目立つようになっていきます。

 

20代のスタイリング

10~20代は、服装と共に髪のオシャレにも気を使いますよね。女子ウケは良いかもしれませんが、当然髪や頭皮にダメージを与えた場合は、その影響から薄毛に繋がります。

パーマやカラーリングは髪のダメージ回復のため栄養素を使います。さらに頭皮を痛めてしまうと薄毛に直結しかねません。

 

ワックス等のスタイリング剤は、髪を引っ張って固めた場合、髪に負担がかかり抜け毛になりやすくなります。また、洗い残しがあると、もちろん毛穴が詰まりますし、スタイリング剤は粘着質のものですから、そのままにしておけば、空気中のホコリやゴミが吸着してしまいます。スタイリング剤の使用は必要最小限に留めておきましょう。

 

要注意!20代若ハゲの前兆とは?

 

髪が細くなってきた

髪が細くなってきたという事は、髪のサイクルが乱れてきた証拠であり、ハゲはじめてきたと考えられます。特に元々髪が細い訳ではなかったのに、急に細くなった場合は要注意です。

 

抜け毛が気になる様なった

普通の人でも1日に100本程度の抜け毛はあります。ただ、「気になる」ということは以前と比べて抜け毛の本数が増えたと考えられます。特に短い髪があった場合、成長途中の髪が抜けてしまったと考えられ、ハゲが進行している可能性が高い。

 

ワカハゲ君
そう言えば、最近お風呂の排水口が詰まりやすくなった様な。。。  

 

おでこが広くなってきた

生え際が後退し、おでこが広くなってきた場合は自分でも分かりやすい症状の一つです。自分で気付きやすい場所だけに早期に対処していきましょう。

 

つむじが薄くなってきた

自分ではなかなか気が付かない場所ですので、気付いたときや他の人から指摘されたときにはかなり進行している恐れがあります。

他の人から指摘されてしまうと結構ショックを受けますので、頭頂部は鏡を使って定期的にチェックすることをオススメします。

 

頭皮が透けてきた

風呂上りやプールに行った際など髪が濡れている場合には分かりやすくなります。前から見ているだけですと気付きにくいので、注意して観察する必要があります。髪全体の毛量が減っている、または髪が細くなっていることが原因と考えられます。

 

20代でハゲてきた時の対策

 

髪に必要な栄養を摂取する

毎日コンビニ食や外食ばかりで食生活が乱れがちになってませんか?

髪の原料となる「タンパク質」や、育成を促進させる「ミネラル」「ビタミン」が不足すると髪の成長を妨げてしまいます。1日3食、野菜を中心にバランス良く食事することを心掛けましょう。

 

あなた状況によって難しければ、毎日「ごま」や「納豆」を食べることで、これらの栄養素を比較的簡単に摂取することができます。

それでも無理な場合は、サプリメントによる摂取も一つの手です。サプリメントは手軽に髪に必要な栄養を摂取できる為、20代の人にもオススメです。

 

規則正しい生活

成長ホルモンを分泌させ、髪の成長を促すためには、睡眠時間をしっかりと確保することも大切です。良質な睡眠のためには、就寝前にスマホやPCを見ないこと。スマホやPCの画面から出るブルーライトは、眠気を誘うメラトニンの分泌を妨げると言われています。

また良質な睡眠のためには入浴も重要です。お風呂に入り、体が温まると寝つきが良くなります。一人暮らしで湯舟がない方も、シャワーの時間を長めにするなど身体を十分に温める様心掛けて下さい。

 

適切な洗髪方法

昨晩、お風呂に入ったにも関わらず、翌朝にシャワーを浴びるなど、1日に何度もシャンプーをする人がいます。しかし、市販のシャンプーは頭皮に悪影響を与える成分が入っているものもあり、必要以上のシャワーは抜け毛の進行を促してしまう恐れがあります。

シャンプーの成分を確認し、ラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸カリウム、ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸TEA等、抜け毛の原因になる成分が含まれている場合は、シャンプー剤の見直しも検討しましょう

 

また、しっかりと洗髪がされず、ワックスなどのスタイリング剤が頭皮についていると、頭皮環境が荒れて、毛穴の詰まり、炎症、フケの増加などが起こります。

スタイリング剤にはには合成界面活性剤が含まれており、タンパク質を柔らかくするので、普段から整髪料を多く使っていると髪の毛が弱くなり、抜け毛が増えます。シャンプー後のすすぎにも十分時間をかけて下さい。

 

育毛剤を使う

ハゲてきた際に真っ先に思いつく対処法は育毛剤ですよね。「まだ20代なのに育毛剤は早い!」と思うかもしれませんが、決して早いことはありませんよ。

 

本格的にハゲ対策をしたいのなら、育毛剤を実践してみて下さい!

 

ドラッグストアや通販などでも育毛剤はたくさん売られています。頭皮環境を改善したり、抜け毛を防ぐ成分が入っており、現状を維持する効果は期待できるでしょう。

実際に使った人の中には「ボリュームがアップした」「抜け毛は減った」という声も多くありますので、まずは育毛剤を試してみるとよいですね。

 

ワカハゲ君
 薄毛が気になったら、まず育毛剤を実践するのが良さそうですね  

 

参考記事:『オススメ!男性用育毛剤ランキング!!最も若ハゲに効果的な商品とは?』

 

AGAクリニックで治療を受ける

上記の対策をしても「改善が見られない」、「専門家に聞きたい」という場合は、AGAの専門クリニックで相談すべきです。

20代ですと、AGA専門クリニックへ通うのは抵抗があるかもしれませんが、若はげ治療にはAGA治療が一番早いです。

 

AGA治療薬として最も有名なフィナステリド(プロペシア)は、AGAの原因物質であるDHTの発生を抑制し、乱れたヘアサイクルを正常に戻してくれます。

数ヶ月~1年と短くなったヘアサイクルを2年~6年の正常な状態に戻すことで、少なくとも現状維持は出来るようになります。

 

専門クリニックであれば、費用も1ヶ月で10,000円以下と、育毛剤の費用と大きな差はありません。

 

AGAクリニックでは無料カウンセリングがある場合が多いので、不安な点などを聞いてから治療を開始していきましょう。

 

まとめ

 

ハゲは放置しているとますます進行していきますが、年齢が若いうちに早く対処するほど治りやすいという特徴もあります。若い方は回復能力が高く、新陳代謝が良いため、早いうちに対処をすることで育毛効果が高くなるからです。

 

将来後悔しない為にも、今のうちから若ハゲ対策に取り組み、自信に満ち溢れた毎日を送りましょう!

 

今日も若ハゲ対策にハゲみましょうね!

では、また次回!