「男性ホルモンが多い人は、ハゲやすい」と聞いたことありますよね?実際にに男性ホルモンは、眉毛やまつ毛、そして髪の毛など“体毛の発育”に関係していると言われております。

 

ワカハゲ君
やっぱり男性ホルモンが多い人は若ハゲになるんですか?

 

男性ホルモンが多い人はハゲると言われるようになったのは、この事からきていると思われます。ただ、男性ホルモンが多いことが若ハゲに直結するのであれば、男性ホルモンが多く分泌される「思春期〜20歳代」の男性は、みんな若ハゲになっていることになりますよね。

 

しかし、実際はそんなことはありません。では男性ホルモンは若ハゲと全く無関係なのでしょうか?

今回は、この男性ホルモンと若ハゲの関係を徹底調査してみました。

 

 

若ハゲの原因?男性ホルモンの役割とは?

 

そもそも若ハゲの原因と考えられる「男性ホルモン」とは、一体何なのでしょう?男性ホルモンには、次の通り生きていくための様々な役割があります。

 

  • 髭や体毛などの成長
  • 筋肉量の増強
  • 男性器の発達・性欲
  • 精子形成
  • 筋肉や皮膚の元になるタンパク質の合成を促す

 

ワカハゲ君
 思っていたより、いろいろな役割があるんですね。

 

男性ホルモンとは、上記のように男らしい体を作り、男性としての役割を果たす上で非常に大切なホルモンです。ただ「べつに男らしくなくても」とか、「若ハゲになるくらいなら無い方がいい」と思う方もいますよね?

しかし、男性ホルモンは生きていく上で必ず必要なもの。男性ホルモンが低下すると、身体と心に大きな問題を引き起こす恐れが出てくるのです。

 

では、実際に男性ホルモンが低下する事によって、どの様な障害が生まれるのでしょうか。

 

男性ホルモン低下によって発生する問題

 

生え際や頭頂部などの若ハゲに苦悩する人の中には、若ハゲの進行を止めるために、男性ホルモンの分泌を極端に抑えようとすることがあります。

しかし、これは身体に支障をきたすため止めるべきです。男性ホルモンの低下によって発生する問題として、次に様な症状があります。

 

  • ED(勃起障害)
  • 記憶力の低下
  • 集中力の低下
  • 睡眠障害
  • 抑うつ・落胆・疲労感など

 

「男性ホルモンの低下すると、ED(勃起障害)になる」などと良く耳にしますが、その他にも男性ホルモンが低下すると心身に支障をきたす可能性があるのです。

 

ワカハゲ君
 男性ホルモンが少なくなると日々の生活に支障が出そうです

 

男性ホルモンは「生きる活力」「生気」など、生きていく為の気力を高める働きがあると言われています。男女に関わらず、多過ぎても、少な過ぎても問題。あくまで正常な範囲内を維持することが大切なのです。

 

男性ホルモンが若ハゲの原因に変わるメカニズム

 

ここまでご説明したことを踏まえ、いよいよ若ハゲと男性ホルモンの関係性をご説明いたします。男性ホルモンの一つである「テストステロン」と還元酵素である「5αリダクターゼ」というが結びつくと「ジヒドロテストステロン(DHT)」が生成されます。

このジヒドロテストステロン(DHT)は、脱毛に作用するホルモンで、「脱毛ホルモン」とも呼ばれているのです。毛根に存在するアンドロゲン受容体に受け取られることで、髪の成長を抑制したり、皮脂を過剰に分泌し毛髪の育成に悪影響を及ぼしたりします。

 

ワカハゲ君
 ジヒドロテストステロン(DHT)が発症してしまうと若ハゲになるんですね

 

男性ホルモンは、確かに若ハゲのきっかけになっていますが、男性ホルモン自体が若ハゲと直結する訳ではありません。ジヒドロテストステロンに変換されたり、受容体に結びつかなければ、若ハゲにはならないのです。

その他にも、ストレス、生活習慣、食生活、睡眠不足など、様々な要因でジヒドロテストステロンが増えることになりますので、男性ホルモンだけが若ハゲの原因ではありません。

 

では、既に若ハゲの症状が出てきてしまった人は、どの様に対処すれば良いのでしょうか。

 

では若ハゲを改善させるためには?

 

まだ初期症状の方にお勧めしたいのが育毛剤。薄毛が気になり始めた段階であれば、まずはセルフケアでの若ハゲ改善を目指しましょう。

 

育毛剤でセルフケア

育毛剤は、現在生えている髪の抜け毛防止、細い髪の毛や産毛を太くしっかりとした毛にすることを目的とした製品。成分的には医療用として使われるものはなく、ほとんどが医薬部外品に該当します。

ただ、一口に育毛剤と言っても、頭皮の炎症やふけ・かゆみを抑制するもの、過剰な皮脂分泌メカニズムに着目したもの、頭皮に栄養を与えるもの、血行促進させるもの、男性ホルモンに注目したものなど様々な商品があります。

 

商品によって配合されている成分は異なりますし、たくさん配合されていれば良いというものでもありません。あなたの肌や頭皮の状態に合ったものを選ぶということが大切になります。

 

こちらの記事に、オススメする育毛剤について詳しく書いていますので、興味があれば読んでみて下さい。

 

参考記事:『オススメ!男性用育毛剤ランキング!!最も若ハゲに効果的な商品とは?』

 

それでもダメならAGA専門クリニック

特に薄毛の進行が激しい場合は、AGA専門クリニック。クリニックでは内服薬としてプロペシアを処方しているところがほとんどです。

プロペシアは薄毛治療薬として厚生労働省に認可さてており、日本で使用できるものの中では最も一般的な対薄毛薬剤の一つ。

 

また、「ザガーロ」という若はげ治療薬も登場していますが、内服薬には副作用があり、その様なリスクが怖いという人は、AGAの専門家に相談してみましょう。

無料カウンセリングを行っているクリニックもありますので、自分が納得できるまで相談しましょう。

 

発毛実感率“99.4%”の実績!【AGAスキンクリニック】

まとめ

 

これまでご説明しました通り、男性ホルモンには以下の様な特徴があることが分かりました。

 

  • 男性ホルモンには、髭や体毛の成長、筋肉量の増強、性欲・男性器機能の発達、精子形成などの働きがある
  • 男性ホルモンの低下は、ED(勃起障害)、記憶力・集中力低下、抑うつ感など、心身の障害を引き起こす可能性がある。
  • 男性ホルモン(テストステロン)と5αリダクターゼが結びつくと、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる脱毛ホルモンが生成される。

 

若はげの進行が始まってしまったら、放置しておいても改善はしません。生活習慣や食生活等を見直しつつ、まずは育毛剤でのセルフケア。

それでもダメなら、最終手段のAGA専門クリニック等を実施していくと効果的です。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!