「若はげが辛い」「薄毛が死ぬほどつらい」と若はげのことを深刻にを悩み、人によってはそれによりノイローゼになっていると聞きます。特に20代などの若年層は周りの目を気にしており、コンプレックスの度合いが強い。

若はげの原因はAGAであることが多く、このAGAは進行性であるため、初期症状が見られた場合は徐々に症状は悪化してきます。ただ、進行性であるからと言って、諦めてはいけません。

 

若ハゲは初期段階からしっかりと対処をすることで、十分回復が見込めるのです。ですから薄毛を見て見ぬふりをせず、キチンと向かい合って対処していくことが大切です。

では、どのような対処法で若はげは回復できるのでしょうか。次から見ていきましょう。

 

 

若はげが死ぬ程辛い人に最適な対処法とは?

 

若はげが死ぬほど辛い人にとって「最善の薄毛回復法」とは一体どんな方法でしょうか。結論から申し上げますと、それは「AGA専門クリニックによる治療」の一択しかありません。

生活習慣の改善や育毛剤での回復を期待するのも良いのでしょうが、最も効果的で、かつ最も確実な回復方法を選択するのであれば、AGA専門クリニックの治療しかありません。

 

確かに相応の治療費はかかりますし、医療行為になりますので、可能性は低いとは言え副作用リスクもあります。ですが、死ぬほど若はげがつらい人にとっては、大きな問題ではありません。

AGA専門クリニックでは、初めに無料カウンセリングで今後の治療方針を相談できます。いくつかのクリニックでカウンセリングを受け、自分にあったクリニックを選ぶことが良いでしょう。

 

AGAクリニックによる治療法は複数ありますので、次からご説明していきます。

 

投薬治療

AGA治療で一般的に行われているのが、内服薬と外用液による投薬治療。髪を維持する場合は、AGAの進行を抑える効果がある「フィナステリド」「デュタステリド」といった内服薬を使い、AGAによって短くなってしまったヘアサイクルを正常な状態に戻すことでAGA進行を抑制します。

進行が比較的軽度のAGAであれば、ヘアサイクルを正常化することだけで健康的な髪を取り戻すことが期待できるでしょう。一方で主に外用薬として用いられることが多い成分として「ミノキシジル」があります。

 

AGAの症状が進行してしまっていると、進行を抑制する治療薬だけでは回復にかなりの時間を要してしまうこともあり、外用液「ミノキシジル」が処方されます。

ミノキシジルは頭皮に直接塗布することで発毛効果が期待できます。元々は高血圧患者向けの降圧剤として開発されましたが、発毛促進効果があることが分かり、AGA治療薬として開発されるようになりました。

 

ミノキシジルには、AGAによって早められた細胞のアポトーシスを防ぎ、成長期を延ばす効果があります。ミノキシジルで発毛を促しながら、フィナステリドやデュタステリドを併用することで、その効果を高めることができます。

メソセラピー

メソセラピーとは頭部の皮下に薬剤を注射する治療法。メソセラピーは有効成分を直接頭皮に届けるため、より高い発毛効果が実感できると言われていますが、外用薬や内服薬よりも効果があるという科学的根拠は乏しく、推奨される治療法ではないといわれています。

また、メソセラピーは薄毛治療以外にも、美容整形の脂肪分解などの治療にも用いられています。メソセラピーは頭皮に直接薬剤を注入しますので、その他の部分への影響が少なく、副作用の発症しにくい治療法と言えます。

 

HARG(ハーグ)療法

HARG療法は発毛機能を再生させることを目的とした再生医療。発毛を促す「成長因子」を含む有効成分を、直接頭皮に注入します。発毛機能が再生されることで薄毛の根本的な改善ができると言われており、治療を終えた後も効果が継続します。

しかし歴史の浅い治療法ということもあり、医学的根拠もまだ十分とはいえません。HARG療法はメソセラピーと混同されがちですが、まずHARG療法は日本医療毛髪再生研究会の認可を受けた病院でのみ受けられる治療。

 

そして、指定されたHARGカクテルを用いて治療を行います。一方、メソセラピーはクリニックによって注入成分が異なり、特定の許可が必要というわけではありません。さらに、HARG療法で用いるHARGカクテルには、150種類もの成長因子が含まれています。

メソセラピーで注入される育毛成分よりも、より多くの成長因子が注入されていると言えるでしょう。

 

植 毛

医学的治療の一つとして、「植毛」という外科手術によってもAGAを治療する方法もあります。植毛の種類は「自毛植毛」と「人工毛植毛」の2つ。

自毛植毛は簡単に言うと「自分のハゲていない部分からハゲている部分に毛を移す」という手術。AGAは前頭部の生え際と頭頂部(つむじ部分)にしか起こらないという特徴があります。側頭部と後頭部はAGAの影響を受けません。

 

側頭部や後頭部の毛根を薄毛部分に移植すると、AGAの影響を受けない毛を手に入れられるのです。ただし、自毛植毛は移植した部分の薄毛しか改善しないという問題があり、結局は薄毛の進行を抑えるために薬を飲む必要があるなどデメリットも存在します。

一方で人工毛植毛は、ナイロンなどの繊維で作られた人工毛を頭皮に植え付けます。ただし人工毛植毛は自毛植毛と違い拒絶反応などの懸念があるので注意が必要です。

 

実際にこの人工毛植毛は、アメリカでは法律で使用が禁止されております。また、日本国内においても男性型脱毛症の診療ガイドラインでDランクとされており、これは「行わないよう勧める」というレベルの治療法です。

 

日本では禁止されていない為、施術しているクリニックも存在しており、それにより被害者も出ていると聞きます。人口毛植毛はそのリスクを考えると、検討にも値しない施術方法といっても良いでしょう。

 



まとめ

 

今回は、若はげが死ぬ程辛いと思っている人の為の、若はげ回復法をご紹介しました。お伝えした通り、若はげ回復の手段としては「AGA専門クリニックによる治療」しかありません。

この問題に直面した時、人によっては「そんなこと気にするな」で終わらせてしまう方もいるでしょう。しかし、大多数の人は「若ハゲを治したい」「薄毛を回復させたい」と思っているはず。

 

AGA専門クリニックで治療をすることで若ハゲが回復することが期待できます。治療するのを躊躇していると、症状は徐々に進行してしまいますので、早めに無料カウンセリングを受けてみましょう。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!