「若ハゲが徐々に進行してきた。。。」

「このまま若ハゲが止まらなかったらどうしよう。。。」

 

この様に不安に感じているのは、決してあなただけではありません。薄毛の問題は、年々低年齢化していると言われております。現在、日本では成人男性の男性の実に3人に1人が、薄毛に不安を感じているのです。

ではこの若ハゲはどんな理由で発症してしまうのでしょうか。実は若ハゲ発症は、以下の通り様々な要因があるのです。

 

  • AGA(男性型脱毛症)
  • 不規則な生活習慣
  • 環境変化等よるストレス
  • 喫煙
  • 泥酔になるほど過度な飲酒
  • 髪に悪影響なスタイリング方法
  • 誤った洗髪方法

 

ワカハゲ君
 こんなにいろいろな原因が考えられるんですね

 

この中でも若ハゲが発症する原因の80%は、AGAであると言われております。

 

 

若ハゲ進行の原因はAGA

 

AGAは思春期以降になると誰でも発症する可能性があり、男性ホルモンの影響で薄毛が進行してしまう症状です。男性ホルモンのテストステロンが変化し、ジヒドロテストステロンという脱毛促進ホルモンになることによって発症する脱毛。

 

ワカハゲ君
 だ、脱毛促進ホルモン!?

 

このジヒドロテストステロンは、毛根の内部に入り込んでしまうと、脱毛促進因子を発生させます。何事もなければ、5~6年成長を続けるはずの髪が、その脱毛促進因子によって、早期に抜け毛になってしまうのです。

特徴としては、剃り込み部分が後退するM字ハゲや、つむじ部分から全体的に広がるO字ハゲという薄毛の進行パターンがあるということ。

 

この2種類のどちらか、もしくは両方に該当する抜け方をしていれば、AGAの可能性が高いと考えて下さい。またAGAは進行性の疾患とされており、発症すると徐々に薄毛が進行していくのが特徴。

擦り傷と同じ様に、「放っておいたら自然に治る」と考えていたら、後々大変な事態になりかねません。

 

若ハゲ進行はどうすれば止まる?

 

若ハゲの進行を止めるには、生活習慣の改善が基本です。しかし、それはあくまで育毛するための頭皮環境づくり。AGAが発症してしまったら、生活習慣の改善だけで髪が生えてくることはまずあり得ません。

若ハゲを止めるためには生活習慣だけでなく、以下の3つの様な積極的な対策が必要不可欠です。あなたのハゲの進行状況や、症状に合わせて、積極的な若ハゲ対策を実践してみて下さい。

 

ワカハゲ君
 生活習慣の改善だけでは、若ハゲの進行は止まらないのですね

 

育毛シャンプーで頭皮環境を正常化

「育毛シャンプーを使っても若ハゲの進行が止まらない」といったネット上の口コミを見かけることがありますが、これは育毛シャンプーの性質を正しく理解していない言えます。

育毛シャンプーにおける「育毛効果」とは、育毛剤などに期待されるような効果とは全く違うのです。

 

そもそも育毛シャンプーは、頭皮環境を改善し抜け毛を防ぐということが目的。

 

育毛剤等に使われる「育毛」や「発毛」という言葉にイメージされる効果とは異なりすが、頭皮環境の改善は毛髪の生えやすさや育毛剤などの効き目にも関わってくるので非常に重要。

では、たくさんの種類がある育毛シャンプーの中でどの様な商品を選べば良いかというと、以下の2つがポイントとなります。

 

  1. 「BHT」「ジブチツヒドロキシトルエン」など頭皮に刺激が強い添加物が使われていない。
  2. 程良い洗浄力がある「アミノ酸系」「ベタイン系」成分が入っている。

 

商品を購入する際には、この2つのポイントを確認して下さい。ネット上の口コミなどを参考にするのも良いですね。あとはオイリー肌、乾燥肌等もありますので、それぞれの肌質にあった育毛シャンプーを選びましょう。

 

ワカハゲ君
 人それぞれ合う育毛シャンプーが違うんですね

 

症状に合った育毛剤を使う

薄毛や若ハゲが改善できた人の多くは、育毛シャンプーで頭皮環境を改善しつつ、育毛剤などのヘアケア商品を使用している方が多いです。育毛剤は以下の効果により若ハゲ進行を止めることが期待できます。

 

血行を促進させる

若ハゲの原因の一つが血行不良。これを改善するために、育毛剤には血行促進効果があるとされる成分が含まれています。

血行を促進させることで、髪に十分な栄養素や酸素を送ることができるようになれば、若ハゲの改善につながります。

 

髪に栄養補給をさせる

育毛剤の役割の一つとして栄養補給があります。髪を生やすには栄養が欠かせません。栄養が足りなくなってしまうと、それによって、髪の成長も止まってしまいます。

若ハゲになっている方は、自分の髪の毛を作るための栄養が足りていない場合があります。

 

脱毛ホルモンDHTを抑制する

DHT(ジヒドロテストステロン)は、若ハゲの根本的な原因物質の一つ。DHTが脱毛作用を働くことで男性型脱毛症は進行していくと言えます。

男性型脱毛症を改善したいのであれば、DHTの発生を抑える必要があります。逆に言えば、これを抑制できれば、薄毛の進行を止めたり、薄毛の改善ができるとも言えます。

 

これらの効果が期待できる育毛剤ですが、余計な皮脂・汚れがある状態では、せっかくの有効成分の浸透が十分に行われません。育毛シャンプーを使い、丁寧に洗髪をして、頭皮の汚れを落としてから使用するようにしましょう。

 

ワカハゲ君
 育毛シャンプーと育毛剤で相乗効果が期待できますね。

 

参考記事:「オススメ!男性用育毛剤ランキング|最も若ハゲに効果的な商品とは?」

 

AGA専門クリニックによる治療

生活習慣の改善や育毛シャンプー・育毛剤で若ハゲが改善されなかった場合、最終的な手段となるのが、AGA専門クリニックによる治療。専門クリニックでは、5αリダクターゼを阻害するAGA治療薬を用いた治療が一般的です。

もちろん、全ての若ハゲを治せるわけではありませんが、治療の効果は厚生労働省にも認められています。若ハゲ対策の最後の砦といえるでしょう。

 

クリニックによるAGA治療を検討されている方は、無料カウンセリングもありますので、受診してみてはいかがでしょうか。

さらに若ハゲがかなり進行していてAGA治療薬の効果が見込めない場合などは、AGAの影響を受けにくい側頭部や後頭部の髪の毛を採取して薄毛部分に移植する自毛植毛を受けることもできます。

 

まとめ

 

ご説明した通り、若ハゲが進行する原因はAGAにあります。AGAは進行性ですから、放っておくと徐々に症状は悪化していきます。そうならない為にも、初期症状の段階から早めに対策を取る必要があります。

今回ご紹介した3選を早期に実行し、若ハゲの進行を食い止めましょう!

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!