「最近、髪が薄くなってきた?」そう思っているあなた、その薄毛の原因はAGA(エージーエー)かも知れません。薄毛や若ハゲで悩んでいる男性の大半は、AGA=男性型脱毛症であると言われているのです。

AGAの特徴は、一度発症すると徐々に進行していくこと。自然に回復していくことは無く、放っておくとドンドン症状は悪化していくきます。

 

そこで気になるのがAGAの進行スピード。果たして若ハゲは、どの程度の速さで進行していくのでしょうか?

 

 

若ハゲ(AGA)の進行スピードはどのくらい?

 

男性の薄毛の多く原因であるAGAは、「徐々に、そして確実に進行する」というのが特徴。ただ、どの段階でハゲと判断するかは人によって異なりますし、その人の生活習慣、食生活によってもAGAの進行スピードは変わってくるので、明確に「どのくらいの期間で薄くなる」と言い切ることは難しい。

一般的には、初期症状の段階から5~10年くらいでハッキリとしたハゲになるとされます。つまり20歳でAGAになった場合、25~30歳くらいになると明確なハゲになってしまうのです。

 

5~10年の期間があれば、改善策や治療について対策を講じるための時間としては十分あります。ただ、この期間はあくまでも「AGAを発症してから」ですから、気付かない人は発見が遅れ、予想以上に早く若ハゲになってしまう可能性もありますので、十分にご注意下さい。

一般的には徐々に進行していくといわれるAGA。ですが、そのスピードには個人差があり、場合によって急激に進むこともあります。

 

薄毛を気にしていなかった時から、ほんの半年~1年程度でスカスカ状態になっってしまった事例もあります。

 

ワカハゲ君
たった半年から1年でスカスカですか

 

AGAは、遺伝的な要素が大きく関与している症状で、特に薄毛遺伝子と呼ばれている男性ホルモン受容体遺伝子の遺伝的多型が発症を左右すると考えられています。

これは、DHTに対する感受性を決定する遺伝子で、母方の祖父から受け継ぐX染色体上にあります。また、Ⅱ型5αリダクターゼの活性力の高さもAGAの発症を左右するポイントで、こちらは両親の内のどちらかが持っていると受け継ぐという優性の遺伝子です。

 

おそらく、この2種類の薄毛遺伝子を両方持っている場合は、進行するスピードも速くなると思われます。

 

若ハゲ(AGA)の原因とは?

 

AGAによる薄毛が、生え際からつむじ部分にかけて集中するのは、この部分の毛根に、Ⅱ型5αリダクターゼという還元酵素が存在しているから。

この還元酵素が男性ホルモンのテストステロンを変換することにより、AGAの原因物質DHT(ジヒドロテストステロン)が生成されます。

 

このDHTは、テストステロンの10倍以上の作用を持つ強力な男性ホルモンで、男性生殖器の発育をサポートするというのが本来の役割です。

しかし、この物質が毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結合した場合、脱毛因子のTGF-β(トランスフォーミング増殖因子) などを誘導して毛母細胞の増殖が抑制されるので、毛周期における成長期が短くなってしまいます。

 

また、一方で皮脂腺を活性化する遺伝子が発現するので、頭皮の皮脂が過剰分泌な状態となります。これにより、毛根が塞がれた状態となり、細い毛しか生えなくなってしまいます。

 

ワカハゲ君
 育毛サイクルが短くなった上に、毛根が塞がれてしまうのですか。。。

 

つまり、軟毛化と短毛化が同時に進行するということ。DHTが生産されている限り、この状況が改善することはないので、最終的には毛根は機能しなくなり、生え際から後頭部までの髪は完全になくなってしまいます。

 

 

若ハゲ(AGA)進行スピードを抑える対策

 

残念ながら、生活習慣の改善や育毛シャンプー等だけでAGAの進行を止めることは難しいと言われてます。それはAGAが5αリダクターゼやDHTなどにより引き起こされているからです。

AGAに最も有効な対策は、AGA専門クリニックによる治療。クリニックでは、5αリダクターゼを阻害するAGA治療薬を用いた治療を受けられます。

 

もちろん、すべて若ハゲ原因がAGAというわけでもありませんし、「絶対に若ハゲが治る」というわけではありませんが、クリニック治療による効果は公的にも認められています。現在のところ、最も効果的な若ハゲ対策といえるでしょう。

ワカハゲ君
 これは期待できそうですね!

AGA専門クリニックでどのような治療を行うかというと、治療薬の処方が一般的。以前は薄毛の原因がまだ解明されておらず、効果のない育毛剤や育毛サロンに高いお金を払い、全く効果がないといった話もよく聞きました。

しかし、薄毛の原因はDHTであることが科学的に解明され、現在では薄毛を治療する飲み薬が販売されています。その薬とは、「フィナステリド(プロペシア)」と「ミノキシジル」

 

これらの薬を使った治療により、かなり高確率で薄毛は治療することが出来るのです。AGA治療薬として最も有名なフィナステリド(プロペシア)は、AGAの原因物質であるDHTの発生を抑制し、乱れた髪のサイクルを正常に戻してくれます。

数ヶ月~1年と短くなったヘアサイクルを正常な状態に戻すことで、少なくとも現状の状態から悪化することは防げます。費用も専門クリニックであれば1ヶ月分で10,000円以下と、育毛剤で支出する金額と大きな差はありません。

 

ワカハゲ君
 それくらいであれば大きな負担にはなりませんね

 

AGAがかなり進行してしまった場合は、ミノキシジルの使用も必要ですが、その場合は1ヶ月20,000円前後の費用となります。

もはや治療薬の効果を見込めない場合などは、AGAの影響を受けにくい側頭部や後頭部の髪の毛を採取して薄毛部分に移植する自毛植毛を受けることもできます。

 

まとめ

 

AGAは徐々に進行していきますが、一般的には初期症状の段階から5~10年で、完全にハゲてしまいます。そうならない為にも発症した段階から対策を実施しておくことが大勢。

対策方法として最も効果的なのが、AGA専門クリニックによる治療。そして、その中でも薄毛を治療する飲み薬として期待できる治療薬が「フィナステリド(プロペシア)」と「ミノキシジル」です。

 

AGA専門クリニックの中には、無料カウンセリングを実施している所もありますので、まずは気軽に相談し、十分に話を聞いた上で治療に着手してください。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!