つむじ(頭頂部)薄毛は中高年の人だけでなく、20代の若者でも発症する場合があります。薄毛になると、どうしても周りの人の髪と自分の髪を見比べてしまう癖がついてしまいます。

周りの同じ世代の人と見比べて「なんで自分だけ・・・」と落ち込んでいたりしませんか?ただ、そもそも20代は細胞の衰えもまだ表面化せず、本来は薄毛になるような状況にはなりません。

 

ワカハゲ君
確かに、20代であれば体力も有り余ってますしね

 

髪の成長に必要な成長ホルモンが少なくなるのは、20代中盤からと言われておりますが、成長ホルモンの低下が薄毛の原因であれば、皆揃って薄毛になるはずです。

では何が原因になっているかと言うと、AGAの原因の大半は、AGAであると言われております。AGAは男性ホルモンにより、毛細細胞が委縮して成長サイクルが短くなってしまう男性特有の薄毛症状。

 

AGAは遺伝により発症すると言われており、思春期を過ぎた男性であれば、誰でも発症しうる可能性があります。つむじ(頭頂部)部分で薄毛になるのは、AGAの特徴の一つでもあります。

20代でハゲてきた場合はまずAGAを疑うべきでしょう。では、AGAによるつむじ(頭頂部)ハゲになってしまった場合、果たして治るのでしょうか。結論から申し上げますと、20代のつむじ(頭頂部)ハゲは治ります。

 

では、つむじ(頭頂部)ハゲを治す方法について、次からご説明していきましょう。

 

20代のつむじ(頭頂部)ハゲを治す方法とは?

 

まず、考えられる要因として、生活習慣の乱れに起因するものが挙げられます。またその原因がAGAであっても、効率よく育毛するためには生活習慣も見直していくべきでしょう。

では、どのような生活をすれば、つむじ(頭頂部)ハゲの予防・改善が期待できるのでしょうか。

 

まずは生活習慣を改善する

バランスの良い食生活

バランスの良い食生活食は、髪や身体の健康を保つうえではとても重要なもの。髪を構成する成分のほとんどは「たんぱく質」なので、肉類はもちろん豆腐や納豆など植物性の食材も、バランス良く摂取するのが望ましいと言われています。

他にも「亜鉛」や「ビタミンB」、「ビタミンE」などの成分は、髪の成長をサポートしてくれるので積極的に摂取するようにしましょう。

 

過度はアルコール摂取をしない

過度な飲酒を控えるアルコールを分解する際に消費される成分は、髪を構成するたんぱく質の成分と同じ、アミノ酸の一種。

そのためアルコールを過剰摂取すると、アルコールを分解する方にアミノ酸が多く消費され、髪へ届くアミノ酸が不足してしまう恐れがあります。

 

少しの飲酒にはリラックス作用や血行促進作用、ストレス発散等のメリットがありますが、量を飲むと逆効果になりかねませんので、お酒の量はほどほどにしましょう。

 

ワカハゲ君
泥酔になるほどの飲酒はもっての他ですね

 

タバコは吸わない

タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させて血行不良を招く原因になるといわれています。ニコチンには活性酸素を発生させる作用があり、育毛に必要なコラーゲンを生成するビタミンCを奪ってしまう場合があります。

しかし、禁煙することがストレスに繋がると逆効果になりかねませんので、禁煙が難しければ徐々に本数を減らしながら、禁煙につなげてゆく方が育毛に良いといえます。

 

ストレスを溜めない

人は強いストレスを受けると、ホルモンバランスの乱れや血流障害を起こすことがあります。ストレスが直接的に薄毛に繋がることはありませんが、育毛を妨げて薄毛を助長する可能性があります。

適度な運動や睡眠の質の向上など、生活習慣を見直してストレスを溜めないように心掛けましょう。また、ゆっくりお風呂に入ったり、適度に運動したり、趣味の時間を作るなども、ストレス解消には有効です。

 

ワカハゲ君
適度な運動は、ストレス発散にも、運動不足解消にもつながりますので、一石二鳥ですね

 

シャンプーを見直す

多くの市販のシャンプーは、石油系・高級アルコール系などの洗浄力が強い界面活性剤が配合されています。洗浄力が強すぎると頭皮を保護するために必要な皮脂まで洗い落としてしまい、乾燥などの悪影響を招く恐れがあります。

特に、乾燥肌や敏感肌の人は注意が必要。洗浄力が優しい界面活性剤を使ったシャンプーの一つに「アミノ酸シャンプー」がありますので、頭皮環境が気になる方にはおすすめです。

 

参考記事:『おすすめ男性用育毛シャンプー3選!市販シャンプーでは薄毛が悪化する?』

 

本格的にAGAを治すには専門クリニック

 

残念ながら、生活習慣の改善だけでAGAの進行を止めることは難しいと言われてます。それはAGAが5αリダクターゼやDHTなどにより引き起こされているからです。

そうなるとAGAに最も有効な対策は、AGA専門クリニックによる治療。AGA専門クリニックでは、5αリダクターゼを阻害するAGA治療薬を用いた治療を受けられます。

 

クリニック治療による効果は公的にも認められていますし、現在のところ、最も効果的な若ハゲ対策といえるでしょう。AGA専門クリニックでどのような治療を行うかというと、治療薬の処方が一般的。

以前は薄毛の原因がまだ解明されておらず、効果のない育毛剤や育毛サロンに高いお金を払い、全く効果がないといった話もよく聞きました。

 

しかし、薄毛の原因はDHTであることが科学的に解明され、現在では薄毛を治療する飲み薬が販売されています。その薬とは、「フィナステリド(プロペシア)」と「ミノキシジル」。

これらの薬を使った治療により、かなり高確率で薄毛は治療することが出来るのです。AGA治療薬として最も有名なフィナステリド(プロペシア)は、AGAの原因物質であるDHTの発生を抑制し、乱れた髪のサイクルを正常に戻してくれます。

 

数ヶ月~1年と短くなったヘアサイクルを正常な状態に戻すことができれば、少なくとも現状の症状から進行することは防げます。

費用も専門クリニックであれば1ヶ月分で10,000円以下のところが多くと、育毛剤で支出する金額と大きな差はありません。

 



まとめ

 

「20代の薄毛は治る!AGAによるつむじ(頭頂部)ハゲを治すには?」についてご説明しましたが、いかがでしたでしょうか?つむじ(頭頂部)ハゲの原因の大半はAGA。

このAGAを治すためには、まず頭皮の悪化に繋がるような生活習慣を改善する。そして、本格的にAGAを治すのであれば、やはり専門クリニックによる診察を受けるべきです。

 

20代の若者であれば、回復力が高い為、AGAを治すことも可能です。ただ、AGAは進行性という特徴もあります。そのため早期に治療着手することがAGA対策の基本でもあります。

早期にAGA対策に取り組み、コンプレックスのない生活を送りましょうね。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!