「まだ20代なのに、ハゲてきた!早く治さないと。。。」

 

このように思っている若者は、アンケート結果でかなり多くいることが分かっています。若ハゲになってしまう最大の原因は「AGA(エージーエー)」。20代で若ハゲになっている人の大半は、AGA発症による薄毛と言っても過言ではありません。

ですから、ハゲてきた時に、原因として真っ先に疑うべきはAGAなのです。では、AGAが発症した場合、どの様にすれば元のフサフサの状態に回復できるのでしょうか。

 

ワカハゲ君
若ハゲの原因はAGAだったんですね。。。

 

「食生活を見直す」「適度な運動をする」「育毛シャンプーを使う」等で髪が改善してくるケースもありますが、あくまで生活習慣の見直しは、髪を生やすための頭皮環境を良くすることが目的。

直接的な育毛効果は期待できないのです。そうなると、最も効果が期待できる若ハゲの改善方法は、AGA専門クリニックによる治療。その中でも一般的な治療方法として「プロペシア」という治療薬を使った方法があります。

 

今回は、20代若ハゲの為の「クリニックによるAGA治療法」や「プロペシアを使った治療方法」について、その効果などをご紹介していきます。

 

 

若ハゲ発症したら、早急にAGAクリニックによる治療を受ける

 

20代で早期にAGAを解決したいのなら、早めにAGA専門クリニックで治療を受けるべきです。AGAは進行性の脱毛症。放置しておくと徐々に、そして確実に症状が悪化してしまいます。

つまりAGAの場合、擦り傷の様に自然治癒することはないということ。ですから早急に若ハゲの対策を取る必要があるのです。

 

現在ではAGA専門クリニックが多数あり、専門医がその人の症状に合わせた治療法を提案してくれます。20代のAGA治療であれば、最も一般的な治療法である内服薬を使用するか、もしくは外用の発毛薬との併用する治療方法になるケースが多いです。

そのクリニックによって、治療方法などが違ってきますので、まずは無料相談などを受診してみるのが良いでしょう。

 

AGAで最も一般的な治療法は「プロペシア」

 

AGAは、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が原因とされています。このDHTは、男性ホルモンのテストステロンが、酵素の5αリダクターゼと結びつくことで生成されます。

このDHTがアンドロゲン受容体に入ることで、毛乳頭が脱毛の指示を出しAGAを発症するのです。そこでAGA専門クリニックで診察を受ける訳ですが、通常は内服薬を使って治療をしていきます。

 

ワカハゲ君
男性ホルモンのメカニズムが関係してくるので、やはり専門医に診てもらうのが安心ですね

 

その中でも最も知名度があり、一般的な薬剤が「プロペシア」。プロペシアは「フィナステリド」を主成分とするAGA治療薬で、円形の錠剤で、ピンク色をしています。日本においては、フィナステリド錠(ファイザー)やザガーロと同じく、厚生労働省の認可を受けています。

また、日本皮膚科学会によって策定された「男性型脱毛症診療ガイドライン」において、男性患者に対して、推奨度Aランク(※行うよう強く勧められる治療)に指定されています。

 

公的機関で推奨されている通り、若ハゲ対策としてオススメできる治療方法と言えます。ではプロペシアを使った場合、具体的にどの様な効果が期待できるのでしょうか?

 

プロペシアを使ったAGA治療効果とは?

 

プロペシアのAGA治療効果は科学的にも認められており、臨床試験の結果では、プロペシア1mgを1年間投与することにより58%、さらに2年間では68%、3年間では78%もの人に改善効果あったそうです。

また同時に、1年間の投与で40%の現状維持効果があり、2年間では31%、3年間では20%の現状維持効果が認められました。

 

プロペシアを利用していくことによって、改善効果が期待できますが、これは薬を利用している間に限ります。薬の服用を止めてしまえば、5αリアクターゼを阻害する効果はどんどん薄れ、元の状態に戻ってしまいます。

ですから、プロペシアの効果は決して永続的ではないということをしっかり理解し、長期的な利用が必要になるからこそ、自分自身で最終地点を考えておく必要性が出てきます。

 

ワカハゲ君
自分の将来を考えた若ハゲ改善計画が必要ですね

 

どの程度の時期まで、どの程度の年齢まで髪の毛を維持できれば良いのかと考えておく必要があります。プロペシアの効果は、一定期間で弱まってしまうこともあります。

これは耐性と呼ばれているもので、薬剤を長期的に服用していれば、誰も起こり得るもの。ですから、薬の内容や、服用方法等について医師に納得のいくまで相談していきましょう。

 

また、プロペシアは女性に対する試験においては、脱毛症に対する効果がみられず、女性へのプロペシアの処方は認められていません。

主に男の胎児の外性器に悪影響を与える可能性が高いため、女性は服用してはいけません。妊娠中・授乳中の女性については特に注意し、経皮吸収もするため薬に触れることも気を付けましょう。

 

AGA治療薬「プロペシア」の副作用

 

20代でプロペシアを使用するにあたって、副作用は気に留めておく必要があります。プロペシアには眠気、頭痛、腹痛などのほか、大きな副作用として男性機能障害があります。

20代には結婚など人生の大きな転機が訪れる人が多くあり、妊活を行うこともあるでしょうから、その時期に副作用によって男性機能の障害が起こる場合がありますので、使用には注意しておくべきでしょう。

 

「20代で発症したAGAの治療効果とは? プロペシアで若ハゲは治る!」のまとめ

 

ご説明した通り、20代でAGAが発症した場合の改善方法としては、AGA専門クリックによる診察が第一歩。その中でも「プロペシア」は最も一般的な治療方法として知れ渡っています。

AGAは進行性ということが特徴の一つですから、薄毛の症状が見られる人は、すぐにでも診察を受けるべきです。まずは無料カウンセリングであなたの状況やどの様に治療していきたいのかを相談してみましょう。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!