「なんだか前髪が薄くなってきた・・・」「生え際が後退してきた・・・」

 

まだ20代にも関わらず、こんな風に悩んでいる男性は少なくありません。実は近年、若ハゲに悩む人の数が急増しているというのです。

前髪が薄くなっているのであれば、そのハゲの原因はAGAである可能性が高い。AGAは男性の薄毛原因の多くを占めており、その特徴の一つが生え際から薄くなっていくこと。

 

では、このAGAはなぜ発生するのでしょうか?その原因と対策をご説明していきましょう。

 

 

そもそもAGAとは?

 

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で、「男性型脱毛症」と呼ばれる脱毛症の一種。一般的に成人男性にみられる薄毛の症状で、薄毛に悩む男性の大半がこのAGAとも言われています。

またAGAは男性ホルモンが原因の進行性の疾患とされており、発症すると前頭部生え際と頭頂部周辺から徐々に薄毛が進行していくのが特徴。このAGAの発症には遺伝や生活習慣など様々な要因が関与するとされているのです。

 

AGAの発生原因やメカニズムは、未だに分からない部分が多い脱毛症です。AGA治療は薄毛の進行を抑え、現状から髪の量を増やしていく事を目的としているため、薄毛の改善した状態を維持し続けるには、対策を継続し続けることが必要です。

 

なぜ前髪が薄くなってくるの?

 

生え際には5αリダクターゼが多い

生え際には「5αリダクターゼ」という酵素が、他の頭皮の部位と比べ、とても多く分泌されています。この5αリダクターゼは、男性ホルモン「テストステロン」と結び付いて、「ジヒドロテストステロン(DHT)」を生成します。

ジヒドロテストステロンがヘアサイクルを乱すことによってAGAが発症してしまうのです。したがって、5αリダクターゼが多く分泌されている生え際は、抜け毛になりやすいという訳です。

 

なお、テストステロンは、ヒゲなどの体毛を濃くし、筋肉を増やす役割を持ちますが、年齢を重ねるにつれて減少します。その少なくなった男性ホルモンを補うため、毛母細胞中に存在する5αリダクターゼと結び付こうとします。

 

生え際の頭皮は硬くなりやすい

生え際は、皮膚が硬くなりやすい部分。ですから、血流も悪くなりやすく、血行が悪くなると髪に必要な栄養が十分に行きわたらず、それにより発毛しにくくなってしまうのです。

 

生え際は血管が少ない

血管には頭皮に栄養素を運ぶ血液が通っていますが、頭頂部や後頭部に比べ、生え際は元々血管が少ない場所。そのため、血管が少ない生え際というのは、血行が悪くなりやすく、栄養不足に陥りやすいのです。

 

前髪が薄くなってきた男がとるべき5つの対策

 

食事の改善

栄養バランスの良い食べ物を摂ることは髪の毛にとってとても重要なこと。なぜなら食事などで摂取した栄養によって髪の成長が行われるからです。

逆に言うと、食事による栄養摂取が不十分だと、髪が健やかに育ちにくくなってしまいます。食べ物の好き嫌いによる偏食や、過度なダイエットをしていると、栄養が髪に行き渡らなくなります。

 

前髪が薄くなった原因はそこにあるのかもしれません。まずはバランスのいい食事を摂取することを心掛けましょう。

 

ストレスの改善

日常生活や仕事などのストレスも、間接的に薄毛を引き起こしてしまう要因となります。ストレスが増えることで脳が緊張状態となってしまい、血管が収縮してしまい頭皮に十分な血液が行き届かなくなることで、栄養不足で毛髪の成長を妨げてしまうのです。

既にAGAによる薄毛が進行している場合、それがストレスになり、血行不良によってさらに進行を促進してしまう可能性があるので、きちんとストレスを解消する必要があります。

 

睡眠の改善

髪の修復・新陳代謝は、睡眠中に行われます。睡眠時間が足りないと、髪に十分な栄養が行き渡らないことになりかねません。目安として、6時間以上は寝ることをオススメします。

さらに、22時〜翌2時は成長ホルモンが多く分泌されることから、髪のゴールデンタイムと言われており、この間にしっかり睡眠時間をとる様意識しましょう。

 

成長ホルモンは、髪の毛のもととなるタンパク質の生成に深く関わっています。さらに重要なのは睡眠の質です。質の良い睡眠をとるには、規則正しい生活で体内リズムを整えることが大切。

できる限り毎日同じ時間に寝起きする習慣を身につけることが、薄毛改善に繋がります。ストレスも睡眠を妨げる要因ですので、できるだけリラックスした状態で眠れる様にしましょう。

 

運動不足の改善

運動不足が続いている状態は、筋力が低下して、筋肉が血液を送り出す力が弱まっています。それは筋肉は血液の循環を良くするためのポンプの役割を果たしてるから。

過度な運動をする必要はありませんが、定期的に軽い運動をすることをおすすめします。有酸素運動には血管の柔軟性を高めつつ、心肺を強めることで血液の循環を良くしてくれます。

 

そうすることで毛髪の成長に必要な栄養素を十分に行き届かせることができ、毛髪だけでなく頭皮の健康状態を改善することもできます。普段、運動不足になっている人は、ジョギング、ウォーキング等、手軽に始められるものから運動をする習慣を身につけると良いでしょう。

 

育毛剤を使う

より積極的に薄毛対策をするなら育毛剤があります。育毛剤を使うことは抵抗があるかも知れませんが、早期対策をするためには「恥ずかしい」なんて言ってられません。

それと育毛剤を使うときに気になるのはやはり値段ですが、育毛剤は一カ月分が数千円するのが一般的です。毎月の出費となると結構な出費となりますが、無駄な出費を抑え、育毛剤購入費用を捻出しましょう。

 

「20代で前髪が薄い男のやるべき薄毛対策はコレ!原因と対策を徹底調査!」のまとめ

 

前髪が薄くなってきた人向けの対策をご説明しましたが、症状からすれば原因はAGAである可能性が非常に高い。AGAは進行性という特徴がありますので、早期に対応していく必要があります。

現状に目を反らし、放置しておくと症状はドンドン悪化してしまいます。今から薄毛対策に取り組んでいきましょう!

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!