頭のてんぺん付近にあるつむじからはげてくる「つむじハゲ」。別名「てっぺんハゲ」とも言われます。男性ホルモンの影響ではげる男性型脱毛症の典型と言われています。

この記事では「なぜ男性では頭のてっぺんがはげるのか?」、そして「つむじハゲを治すにはどうしたらよいか?」という事について、ご説明したいと思います。

 

 

なぜてっぺんがはげる男性が多いのか?

 

男のハゲ(男性型脱毛症)は大きく3つのタイプがあります。1つが左右の生え際から髪の毛が減っていくM字型(M字ハゲ)。2つめは額全体が少しずつ後退していくU字型(U字ハゲ)。

3つめが頭頂部から円状にハゲが広がっていくO字型(O字ハゲ)。つむじハゲは、O字ハゲに相当するハゲのタイプです。

 

こうした男性型脱毛症が起こる理由は、男性ホルモン「テストステロン」が関係しています。テストステロンは男性ホルモンという異名のとおり、骨や筋肉をたくましくしたり、闘争心を強くしたり、いわゆる男らしさを高めるホルモン。

テストステロンは胸やあごに作用すると胸毛やひげを濃くします。では、テストステロンが頭に作用すると髪の毛が濃くなるかというと、残念ながらそれは違います。

 

頭にテストステロンが作用すると、髪の毛が薄くなってしまうのです。

 

頭に男性ホルモンが働くとどうしてはげるのか?

 

 

胸やあごの毛乳頭細胞にテストステロンが結合すると、髪の毛の成長期が長くなり、育毛・増毛効果が出てきます。また、頭の毛乳頭細胞にテストストロンが結合すれば増毛・育毛は進みます。

ですが、ハゲてしまう人はテストステロンが頭頂部で「ジヒドロテストステロン」という別の物質に変わってしまうのです。そして、このジヒドロテストステロンが頭部の毛乳頭細胞に結合することで、毛母細胞が成長できなくなります。

 

すると髪の毛は細く、短くなり、最終的には皮膚の中から出られなくなり、ハゲが進んでしまいます。言い換えると、頭のてんぺんに、テストステロンをジヒドロテストステロンに変える細胞が多くある人は、つむじハゲが起こりやすくなるということなのです。

 

つむじハゲを治すにはどうしたらよいか?

 

ここからはつむじハゲを治すための方法をご説明します。

 

医療機関で処方される治療薬を飲む

髪を濃くするテストステロン、これを髪が成長しないジヒドロテストステロンに変えるのが「5α還元酵素」という体内にある酵素。これを働かせなくするお薬を飲むと、ハゲが改善することが知られています。

具体的には「プロペシア」、「サガーロ」などの医薬品が挙げられます。この薬は医療機関で処方され、普通には入手できません。また、薄毛治療は自由診療扱いとなるので、医療保険は使えません。

 

薬代と診療費で、1回あたり1万円程度はかかるものと見込んでおきましょう。

 

市販の育毛剤を塗布する

血管を広げて、血行をよくする「ミノキシジル」という成分が、ハゲの改善に有効であることが知られています。ミノキシジルが配合されている一般用医薬品(市販薬)として有名なのが次の商品。

  • 大正製薬 「リアップ(ミノキシジル1%配合)」
  • 大正製薬 「リアップX5(ミノキシジル5%配合)」
  • アンファー 「スカルプD メディカルミノキ5(ミノキシジル5%配合)」
  • ロート製薬の「リグロEX5(ミノキシジル5%配合)」

 

ミノキシジル以外の育毛剤では、「アデノシン」というヒトの体内にある成分が有効であることも知られています。アデノシンが配合されている一般用医薬品には次の商品があります。

  • 資生堂 「薬用アデノゲンEX」

 

この他にも、t-フラバノンという育毛有効成分の入った育毛剤として次の商品があります。

  • 花王 医薬部外品「サクセス 薬用育毛トニック」

 

さらに、サイトプリン・ペンタカンという成分の入った育毛剤も。

  • ライオン 医薬部外品「INNOVATE」

 

これらの育毛剤は薬局やインターネット通販や、ものによってはスーパーやコンビニなどで比較的手軽に入手できます。頭頂部が気になり始めた人は、一度試してみてはいかがでしょうか?

 

市販の育毛剤では物足りない人は、てっぺんハゲ専用の育毛剤もありますので、検討してみて下さい。

参考記事: 『育毛剤MSTT1の口コミと評判は?噂の頭頂部専用育毛剤の効果とは?』

 

毛穴・毛根を清潔に保つ

毛穴が皮脂で詰まったり、有害重金属が毛根の細胞に多く含まれていたりすると、髪の毛は生えにくくなります。ハゲの人は、そうでない人に比べると、毛根中のカドミウム、水銀、鉛、ヒ素などの有害重金属の蓄積量が多いことを近畿大学とリーブ21では確認しています。

毎日のスカルプケアをしっかり行って、清潔な頭皮環境を保つことがつむじハゲを治す大切な一歩になるのです。

 

バランスのよい食事、サプリメントの摂取

ファストフードやスナック菓子など、脂肪過多で栄養バランスの悪い食べ物を頻繁に摂っていれば、頭皮環境は悪化します。それにより、毛乳頭細胞や毛母細胞など、毛根部の細胞にも皮脂や有害重金属などが増えやすくなります。

逆にタンパク質、ビタミン、ミネラルは、髪の成長を促します。肉(できれば脂肪分は少なめで)、魚介類、大豆製品、乳製品、海藻類などにはこれらの成分が多く含まれているので、しっかり食べるようにしましょう。

 

より効率的に毛髪を促進するためのサプリメントも出ています。特におすすめなのが、「ノコギリヤシ」というヤシの葉から抽出されるサプリメント。

このノコギリヤシには、髪の毛が濃くなるテストステロンを、髪の毛が生えにくくなるジヒドロテストステロンに変えてしまう「5α還元酵素」の働きを抑える効果があることが確認されています。

 

「つむじハゲが治った!男性のてっぺんがはげる原因と改善策を解説!!」のまとめ

 

つむじハゲが目立ってくると、どうしても人の目線が気になってきますよね。出かけるときは、いつも帽子をかぶっていないと何だか気持ちが落ち着かないという人もいるのではないでしょうか。

今回の記事では、つむじハゲを治すための対策をいくつか紹介してきました。「てっぺんの髪が少し濃くなった気がする」この感覚を日々楽しみながら、育毛ライフを送っていきましょう。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!