まだ10歳代、20歳代なのに、洗髪後に髪の毛がごっそり抜けたり、頭頂部の地肌が人より透けてみえたり、額の広さが目立ってきたり。もし、あなたがこのような状況だったら「若ハゲ」を意識せざるを得なくなりますよね?

人の視線も特に上から自分の頭を見られたりすると、つい気になってしまいます。どうしても容貌上のコンプレックスになりやすい「若ハゲ」。

 

ここではハゲがどうして起こるのか、また若ハゲにならないためにどう対策していくか、この点についてご説明していきましょう。

 

 

そもそもなぜ人はハゲるのか?

 

「ハゲ」は医学的に言うと「脱毛症」と言います。この脱毛症は大きく分けて「男性型脱毛症」と「女性型脱毛症」の2種類。男性型脱毛症は、20歳代後半から30歳代にかけて始まり、40歳代以後に本格的に始まります。

日本皮膚科学会が出している「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」では、男性では20代で10%、30代20%、40代30%、50代以降では40数%の人が男性型脱毛症になると報告しています。

 

ワカハゲ君
年齢が上がるにつれて薄毛の割合も増えてるんですね

 

一方、女性型脱毛症は、40~50歳代の更年期ごろから多く見られ、頭頂部が薄くなっていく傾向にあります。ただ、男性ほど多くの人が発症する訳ではありません。

では、なぜハゲるのか?男性型脱毛症について言えば、男性ホルモン「テストステロン」の影響によって起こります。男性ホルモンは一般的に骨や筋肉を発達させて、ヒゲや胸毛を濃くする働きがあります。

 

ですが髪の毛は濃くしてくれるのでなく、逆に薄くする方向に働くのです。言い換えると、テストステロンは胸やあごの細胞に働いく場合は毛を濃くしますが、頭の細胞に働く場合は髪の毛を薄くしてしまうのです。

ではなぜそうなるのか?まずテストステロンは5α還元酵素と呼ばれる酵素と反応すると、ジヒドロテストステロンという物質に形を変えます。

 

このジヒドロテストステロンは胸やあご、頭の毛乳頭細胞に結合します。胸やあごの毛乳頭細胞に、ジヒドロテストステロンが結合すると細胞成長因子が働き出し、毛の成長期が長くなります。これによって増毛効果が出てきます。

ところが、ジヒドロテストステロンが頭の毛乳頭細胞に結合すると、毛母細胞の増殖が抑えられてしまい、毛の成長期が短くなってしまうのです。

 

その結果、毛髪が柔らかく、細く、短くなり、最終的には皮膚の上に出てこなくなってしまいます。こうしていつの間にか「ハゲ」が進行していくと考えられています。

 

コンプレックスになりやすい「若ハゲ」

 

ハゲは病気ではありません。ハゲは男性ホルモンが盛んに分泌されている証、活力の証とも言えます。第一線で活躍しているスポーツ選手で若ハゲの選手をちらほらと見かけます(特にウエイトリフティングや砲丸投げなどのパワー系の種目でハゲの人が目立ちます)。

とはいえ、若いうちから始まるハゲはやはり気になるもの。大抵の人が「ハゲたくない」と思っていることでしょう。若いときは特に容貌に対する意識が高く、「こうなりたい」という理想の自分から遠ざかり、「こうなりたくない」という姿に自分が近づくと大きな不安に苛(さいな)まれます。

 

「彼女ができないのはハゲのせいではないか?」

「若ハゲのせいで結婚できなかったらどうしよう」

「年齢より明らかに上に見られてしまう」

「ハゲているから服が似合わない」など

 

いろいろと気になり出し、自分の頭を見るたびにガッカリしてしまいます。

 

若ハゲは予防できるか?

 

若ハゲは遺伝性があり、ハゲの多い家系の人はどうしてもハゲやすくなります。それでも、ハゲにくくする、進行を遅らせる方法はいろいろとあります。

若ハゲを防ぐ対策はいろいろありますが、ここではまず点、若ハゲ予防するための対策についてご説明したいと思います。

 

医療機関の受診

皮膚科などで男性型脱毛症の治療を行うときは、「フィナステリド」や「デュタステリド」という成分名の飲み薬がよく使われます(有名な商品としては「プロペシア」や「サガーロ」などがあります)。

これはテストステロンから頭髪の成長を止めてしまうジヒドロテストステロンに変換する5α還元酵素を働かせなくする薬、つまりテストステロンからジヒドロテストステロンを作らせないようにする薬です。

 

ワカハゲ君
薄毛治療の薬はいろいろとあるんですね

 

この薬を飲むことで頭髪の成長期を延ばしていく効果が期待できます。ただし、この薬は男性ホルモンであるテストステロンに影響を与えるものであるためか、性機能障害の危険度が少し上昇する傾向があると言われます。

このような治療を受ける場合、医療機関によって多少値段の違いがありますが、1回あたり1万円前後かかると考えてよいでしょう。なお、薄毛治療は自由診療扱いとなるため医療保険は使えず、全額自己負担となりますので、注意しましょう。

 

どれくらい続ければよいかは、個人差があるので何とも言えませんが、現時点において若ハゲ対策をするには最も有効な具体策の一つと言えるでしょう。

 

生活習慣の見直し

ここまで男性型脱毛症について見てきましたが、ハゲの原因は男性ホルモン由来の毛母細胞委縮だけではありません。トレス、毛穴の汚れなどによる脂漏性脱毛などもハゲの原因として考えられます。これは男性型脱毛症だけでなく女性型脱毛症にもあてはまります。

有害ミネラルが男女問わず脱毛症に影響するという研究報告もあります。2013年に近畿大学薬学部とリーブ21が3000名以上の男女の毛髪を分析しました。

 

その結果、脱毛者は非脱毛者に比べて、毛髪中に、カドミウム、水銀、鉛、ヒ素、アルミニウムなどの有害ミネラルの蓄積量が多い傾向にあったことを報告しています。

清潔な頭皮環境、規則正しい生活習慣、栄養バランスの良い食生活、良質な睡眠などで毛髪が育ちやすい環境を整備すること、これもハゲの進行を食い止める重要な対策の一つです。

 

若ハゲ予防にはまず生活習慣から!禿げないための予防法まとめ

 

現時点で髪のボリュームが気になる人、自分の家系にハゲの多い人は、生活改善をし「これでハゲるなら仕方ない」と思えるような頭皮環境を自ら作っていきましょう。

まずは自分の生活スタイルを見直し、予防とセルフケアに努めるのが「若ハゲ」防止の最善策ではないでしょうか。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!