最近、20代の若者に増えているのが若ハゲ。20代の若さで頭頂部が薄くなるなんて、自分でも信じられなかったのではないでしょうか?でも、それが現実…。

ただ、悩んでいても仕方がありません。早くその現実と受け入れて、早期に対策を講じましょう。若ハゲを改善するのに一番大切なことは「早期ケア」「早期治療」。

 

しっかりと対策をして、絶対に薄毛を治しましょう。今回は、20代で頭頂部の薄毛に悩むあなたに「頭頂部薄毛の原因」と「3つの若ハゲ改善法」をご紹介します。

 

 

なぜ20代で頭頂部が薄くなるのか、その原因とは?

 

まずは、20代で頭頂部が薄くなる原因から検証していきましょう。頭頂部が薄くなる原因として、男性の場合は「遺伝要因」も影響してきます。

薄毛になりやすい人は、AGAの原因物質である「5aリダクターゼ」の生産量が、平均値よりも上回っている人が「ジヒドロテストステロン(DHT)」を生成しやすい傾向にあります。

 

このジヒドロテストステロン(DHT)は、成長途中の短い毛を攻撃し成長をストップさせます。そして、太くたくましい毛髪になりきる前に抜け落ちてしまうので、薄毛になってしまいます。

つまり、若ハゲの原因に遺伝的要因もあるものの、その原因の多くは「AGA(男性型脱毛症)のヘアサイクルの乱れ」ということ。

 

20代はしっかりと薄毛のケアや治療をすれば改善しやすいのです。しかしその反面、30代や40代よりも薄毛の進行が早いので注意してください。

そして、20代男性の多くは、「まだ20代だし…なんとかなるでしょ!」と言う危機感のない安易な考えから、効果のない対策にお金をかけてしまう傾向が見られます。

 

そんな人のために、次の若ハゲを改善出来る3つの方法をご紹介します。

 

絶対に頭頂部薄毛を治す3つの若ハゲ改善法とは?

 

改善法①ミノキシジル配合の育毛・発毛剤を使用する

インターネットなどには、その働きや成分が異なる育毛剤や発毛剤がたくさん販売されています。しかし、残念ながら科学的根拠に基づいてAGA対策に使用出来るものは、ほんの一握り。

そのAGA対策に効果が期待できる発毛剤に含まれている成分は「ミノキシジル」です。ミノキシジルは、血管を拡張して発毛を促す効果があります。

 

そして、このミノキシジル配合の発毛剤をおすすめする理由は、「AGA専門クリニックでも内服薬」として処方されているからです。クリニックでも処方される成分だということは、効果もかなり期待できますよね。

ですから、育毛剤や発毛剤を使いたい方は「ミノキシジル」という成分が配合されたものを選ぶと良いでしょう。

 

そもそも育毛剤は基本的に「医薬部外品」の扱いになりますが、ミノキシジル配合の発毛剤は、医師による処方箋を必要とせずに購入できる医薬品である「第一類医薬品」扱いです。

このミノキシジル配合の発毛剤は、インターネットやドラッグストアでも簡単に購入出来ます。手軽に手に入れられるので、手始めに薄毛予防や対策をしたい方にはもって来いですね。

 

改善法②シャンプーで頭皮改善

頭頂部薄毛の方の多くは、頭皮環境が劣悪。頭皮環境を左右する大きな原因の一つとして、「市販のシャンプーの使用」と「シャンプーのすすぎ残し」が挙げられます。あなたも心当たりありませんか?

市販のシャンプーは、洗浄力が高く刺激が強いものがほとんど。ですから、市販のシャンプーを使っていて薄毛に悩んでいる人は、まず頭皮に優しい「アミノ酸系タイプ」か「ノンシリコンタイプ」のシャンプーに替えてみてください。

 

また、洗髪後に使用する「ヘアトニック」は、頭皮や髪の毛の状態を良くすることが出来ますが、薄毛の原因のジヒドロテストステロン(DHT)を抑制することまでは出来ません。

通称「育毛トニック」とも呼ばれていますが、実際に育毛や抜け毛を抑止する目的の製品ではないので注意が必要です!

 

ただ、ヘアトニックの成分には、保湿効果や血行促進、抗炎症作用、洗浄作用などの効果が期待できるため頭皮への負担も少なく、頭皮改善が出来ますよ。

 

改善法③サプリメントで体内改善!

頭頂部薄毛の原因には「生活習慣」や「食生活の乱れ」、「ストレス」も挙げられます。ですから、育毛剤などと並行して、サプリメントも摂取し、体内からも改善を促すと良いですね!

本来は、毎日の食事の中で栄養を摂取できると良いですが、必ずしも毎食摂取出来るわけではないですよね?そんな時にはサプリメントの助けを借りると、不足している栄養を楽に補うことが出来ます。

 

特に日頃から外食やコンビニ弁当などで食事を済ませてしまっている方にはとてもおすすめ。具体的に薄毛の改善には、髪の毛を構成する「アミノ酸」の摂取や、AGAの原因物質「5aリダクターゼ」の働きを阻害する「ノコギリヤシ」や「イソフラボン」を摂取すると良いです。

また、血行促進を促す「ビタミン」や「亜鉛」も補助として摂取すると、さらに効果も期待できます。ただ、これらのサプリメントを単体で摂取して補うのも良いですが、それなりにたくさん飲まなければなりませんし、コストもかかってしまいますよね。

 

そこでこれらの問題を解決してくれる「育毛サプリ」がおすすめ!育毛や発毛に特化したこれらの成分がしっかり配合されています。中には粗悪なものもありますから、しっかりと成分をチェックして購入してくださいね。

 

頭頂部薄毛を治すには、育毛サロンではなくAGA専門クリニックである理由

 

ご紹介した2つの改善法を続けても「AGAの進行が止まらない」と感じたら、クリニックでの薄毛治療も検討しましょう。実は「育毛サロン」では、AGAの進行は食い止められません。

それは育毛サロンで提供している頭皮ケアサービスは、薄毛の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の発生を抑える科学的根拠のある治療法ではないからです。

 

ただ、薄毛の方の中には「脂漏性脱毛症」の方もいます。この症状の方は皮脂が毛穴を塞いで薄毛になるので、育毛サロンでも十分に効果が期待できます。

しかし、育毛サロンは「とても高額」なので、それならば病院で治療を受けた方が費用の抑えられますし、安心感もあるでしょう。多くの薄毛原因であるAGAが発症してしまった場合、やはりAGA専門クリニックへ受診するのが最善と言えるでしょう。

 

専門医が生活習慣からしっかりとアドバイスをくれますし、必要であれば薬の処方もしてくれます。多少コストがかかっても「今すぐに治したい。」そう思っている人は、AGA専門クリニックでまずは無料診断を受けてみるのも良いですね。

 

「20代で頭頂部が薄い人の為の3つの若ハゲ改善法」のまとめ

 

若ハゲ改善法3つ参考になりまでしょうか?「育毛剤」や「シャンプー」、「サプリメント」などは今すぐにでも始められそうですよね。今の現状は、自分の薄毛の頭を鏡で覗く度に、ため息をついてしまうでしょう。

薄毛は、自分に自信が持てなくなり、本当にツライと思います。20代の若ハゲの進行度は早いですから、一日も早く薄毛対策や治療を始めましょう。

 

そうすれば大丈夫、20代は髪の成長が止まる年代ではないので、原因をはっきりさせ、その対策を取れば治るもの早いです!昔は原因不明とされ、なかなか治せなかった若ハゲですが、今は治る時代ですよ。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!