まだ、10代なのに、つむじが薄い!と不安になっている人。実はとても多いんです。つむじは自分では確認しづらい場所なので、なかなか自分では気付きません。

そのため、友人や家族に指摘されて初めて気付く人も!人から指摘されると余計に気になりますよね。そこで、つむじが薄い10代の為に、その悩みを解決する方法をご紹介します。



 

本当につむじが薄くなっている?

 

 

まず、本当につむじが薄くなっているのか、きちんと確認しましょう。短髪なら頭皮が透けて見えるのは当たり前。太陽や家の蛍光灯の下など明るい場所で、つむじ付近が薄くなっているか確認してみましょう。

つむじ周りの頭皮が透けてしまったから、もう薄毛が進行しているんだと判断するのは早い。男性は髪型によって頭皮が透けてしまう場合があります。

 

短髪にする際には、散髪店で髪をたくさんすいています。そのため、頭皮が見えるのは普通のことなのです。また短髪の場合は、スタイリング剤等で髪を立たせるので、長髪よりも頭皮が見えやすくなります。

 

つむじが薄いのは遺伝と関係している?

 

 

男性ホルモンのDHTに変化させる酵素がどこに存在して、どのくらい活発に働くかは、両親からの遺伝により決まっていることが研究により分かっています。

つまり、薄毛を引き起こす原因は、遺伝的要素も含まれているということ。残念ながら、遺伝で受け継いだ髪の太さや髪質は、その後に劇的に変化する可能性は少ないと考えられています。

 

薄毛になるのではなく、なりやすい体質ということです。しかし、遺伝ではなく、ストレスや生活習慣など、後天的な要因で髪の毛が細く弱くなっている場合は適切な対策をすることで、つむじの薄い状態を回避することが可能です。

 

何でつむじが薄くなるの? 

 

10代でつむじが薄くなってしまう原因は、偏った食生活や、ストレス、睡眠不足、過度なダイエットなどで、頭皮の環境が悪化して、薄くなっている場合が多い。

また、頭皮に合わないシャンプーを使っていることにより、炎症を起こしてしまっている場合もあります。外でスポーツをしている人は、夏場の強い紫外線によって、頭皮が日焼けをしたり、乾燥することにより、抜け毛が増えます。

 

帽子を被っていても、蒸れてしまうことで頭皮の環境が悪化します。そのため、秋にかけては紫外線が弱くなっているのにも関わらず、夏場の頭皮のダメージが蓄積されて、抜け毛が増えてしまう現象が起こりやすくなります。

しかし、環境による薄毛だけではなくAGAが原因の可能性も。M字に薄くなることや、つむじから薄くなってしまうのは、AGAの代表的な症状です。

 

思春期を過ぎた10代後半から発症することもあり、多くの男性を悩ませるAGAですが、急に禿げるわけではありません。AGAが原因の薄毛は、数年かけてゆっくりゆっくり進みます。

ゆっくり進みますが、AGAを発症すると、ヘアサイクルは短縮されて、髪の毛の脱毛スピードは以前よりも一段とと速くなってしまいます。

  

つむじが薄い人の対策

 

育毛剤を使う

最も効果が期待できる若はげ対策は、育毛剤を使うこと。10代から育毛剤は早いんじゃないかと思われがちですが、そんなことはありません。

以前と比べ、つむじが薄くなってきているのなら試す価値はあります。育毛剤には、男性ホルモンを抑える効果のものと頭皮の血行をよくするタイプがあります。

 

AGAの人には、男性ホルモンを抑える育毛剤、生活習慣の乱れによって、つむじが薄くなってしまった人には、頭皮の血行をよくするタイプがおすすめです。

どちらの育毛剤も、塗布してからマッサージするとより効果的です。なお、頭頂部専用育毛剤のことを下記で詳しくご説明していますので、興味があればクリックして読んでみてください。

「育毛剤MSTT1の口コミと評判は?噂の頭頂部専用育毛剤の効果とは?」

 

紫外線対策

10代は、グラウンドで部活をしたり、アウトドアで海などに行くことも多いかと思います。そんな時、顔や身体には日焼け止めを塗っていても、頭皮を気にしていないのではないでしょうか。

そのため、知らず知らずのうちにつむじ部分の頭皮が日焼けして、炎症が起き、つむじの髪が薄くなっているのかも。そこで、対策としては、夏場は紫外線対策の、「ヘア用の日焼け止め」を使いましょう。

 

スプレー式の物が売られていますので、ベタ付きもなく、付けていても気になりません。頭皮や髪の毛にスプレーするだけの簡単な対策です。

 

シャンプーを見直す

10代の頭皮は、皮脂の分泌も盛んな為、頭皮や髪がベタベタしていることがあります。10代はよくニキビができますが、これも皮脂の分泌が盛んな為です。

皮脂が落としきれていないと抜け毛の原因に。そのため、シャンプーをよくして、頭皮を清潔に保つことが必要です。インターネットで購入できる、薬用シャンプーがおすすめです。

 

薬用シャンプーには、抗菌や抗真菌作用があり、かゆみや頭皮の炎症を抑えてくれる作用があります。洗いあがりもスッキリします。普通のシャンプーを使っている人には、薬用シャンプーに変えてみるのも良いでしょう。

 

生活習慣を見直す

10代は、進学や環境の変化が起こりやすい年代。そのため、ストレスを感じたり、睡眠不足や偏った食生活になりがちです。

睡眠をきちんと7~8時間確保することや、脂っぽい外食ばかりではなく、バランスの良い食生活をすることにより、頭皮の環境がよくなり、つむじの薄毛も改善します。

 

「つむじが薄い!?これは生まれつき?10代男子の悩みを解決!」のまとめ

 

 

10代でつむじが薄くなると、そのまま若はげになってしまうのではないかと心配になりますよね。その心配がかえってストレスになることもあります。できることから対策をし、つむじが薄い悩みを解決しましょう。

若はげ対策を継続していくことが効果アップに繋がりますので、薄毛対策をしつつ健康的な生活を送りましょう。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!