若ハゲは、国内で5人に1人の割合で悩んでおり、現代病の1つとされています。若ハゲの原因は色々ありますが、AGA「男性型脱毛症」が原因とされている事が多く、現在では治療薬や対処法も増えてきました。

ひと昔前と違って、ハゲは治る病と言えます。ですから、いま若ハゲに悩んでいる人でも、適切な改善方法を取り入れ、継続して対処していく事で、薄毛を克服することが出来るのです。

 

この記事では、若ハゲ克服の為、その原因と対処法を説明していきたいと思います。

 

 

【若ハゲ克服法①】整髪料、シャンプーによる原因

 

若ハゲで「整髪料を使っている」という人は、すぐに使用を控えてください。これらの行為は、若ハゲを進行させている可能性があり危険です。整髪料を使って、頭皮が乾燥すれば、頭皮に大量の雑菌が沸き、髪の毛の成長を阻害させます。

20代など若い人は、ワックスやハードスプレーを使用する機会が多いと思いますが、若ハゲ対策を考えているなら、ワックスの使用は控えた方が良いでしょう。

 

どうしてもワックスやハードスプレーなどを使うのであれば、使用後、なるべく早くシャンプーをして洗い流すことで、雑菌の繁殖を抑える事が出来ます。

 

またシャンプーをする際には、頭皮に優しいシャンプーを使う事で、シャンプーによる薄毛の原因を解消できるでしょう。

一般的に、ドラッグストアなどで市販されている多くのシャンプーには、頭皮を激しく痛める「高洗浄剤」が配合されており、頭皮を激しく洗う事で、頭皮が乾燥し、フケや抜け毛の原因を作ります。

 

市販シャンプーには、ワックスのような油分をしっかり落としてくれる洗浄力がありますが、頭皮に必要な脂分まで根こそぎ洗浄してしまうので、頭皮にとって悪影響。

例えるなら、高洗浄剤で頭皮を洗う行為は「紙やすりで頭皮を擦っている」行為と考えておけば良いでしょう。なので、一度に何度も使用する事も控えるべきです。

 

以上のことから、強い洗浄剤入りのシャンプーは、頭皮に潤いを与え、ケアが出来る育毛シャンプーをおススメします。

こちらの記事に、オススメの育毛シャンプーのことを書いていますので、興味があれば、読んでみて下さい。

参考記事:「おすすめ男性用育毛シャンプー3選!市販シャンプーでは薄毛が悪化する?」

 

【若ハゲ克服法②】生活スタイルの乱れによる原因

 

若ハゲは、生活スタイルが乱れる事でも発症します。例えば、髪の毛の成長には栄養や睡眠が不可欠なので、「生活が不規則な人」や「偏った食事をしている人」は、若ハゲになりやすい。

また「ストレスを感じる生活」を送っている人も若ハゲになりやすく、就職を機に若ハゲになってしまった人もいます。生活スタイルの乱れが原因で、若ハゲになっている人の特徴には、ハゲ以外にも白髪の症状が出ている場合も多く「ハゲ」と「白髪」が髪の毛に見られたら、早急に何かしらの対応する必要があります。

 

具体的な方法としては、血行不良改善と栄養補給を中心に行いましょう。その理由には、白髪は髪に十分に栄養が運ばれていない証でもあり、毛母細胞やメラノサイト細胞の活動が妨げられているから。

つまり、頭皮に十分な栄養を与え、頭皮の血行を良くすれば、若ハゲの症状を改善させる事が出来るのです。しかし、生活スタイルが乱れている人が、規則正しい生活を取り戻すのは非常に大変なこと。

 

なかでも、昼夜逆転の生活をしている人やダイエットをしている人は、特に難しいと思います。そのような場合は、頭皮の血行を良くしてくれる育毛剤やサプリメントを使用すると良いでしょう。

特に「ミノキシジル」など、頭皮の結構を促進する成分が配合されている育毛剤を選べば、効果が期待できます。また、サプリメントに関しては、ハゲ対策用の育毛サプリメントを使用すると良いでしょう。

 

数粒服用するだけで髪の毛に良い栄養を補給する事が出来るので、飲み忘れやカロリーの心配をしなくて済むので、非常に手軽に始めることができます。

世の中には、髪の毛に良い栄養素が含まれるサプリメントはたくさんありますが、それらを1粒ずつ飲んでいたらかなりの量になってしまいます。

 

例えば、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、ノコギリヤシ、イソフラボンなどは、髪の成長に良いと言われる栄養素になりますが、これらの成分を全部服用するとなると1度に10粒近くの量を飲まなければなりません。

忙しい人、面倒くさがりの人には、サプリメントを飲む事が負担になってしまうのではないでしょうか。したがって、1粒に髪の毛に良い成分が配合されている育毛サプリメントはそんな人にこそオススメなのです。

 

参考記事:「最強の育毛サプリメントとは?本当に効果のある薄毛専用サプリ5選!」

 

【若ハゲ克服法③】AGA「男性型脱毛症」が原因

 

若ハゲの原因として、AGAの存在を忘れてはいけません。AGAは、男性ホルモンが影響しており、遺伝も関係しているのです。

実は、薄毛の9割はAGAが原因とされており、AGAの特徴として、「はげ方」や「髪の質」を見ればAGAが原因かどうか大方判断できます。

 

具体的には、頭頂部や髪の生え際からハゲが進行していくのが、AGAのハゲ方の特徴。またAGAの人は、ヘアサイクルが乱れているので、抜けた髪の毛が細くて短いことも特徴の一つと言えます。

このような症状が見られている場合は、AGAが原因で若ハゲになっている可能性が高く、AGAの治療が早急に必要です。

 

具体的な方法としては、AGAに対応した育毛剤の使用と、AGAを加速させる様な行動の自粛すること。よくAGA専門クリニックに行く人も居ますが、AGAは自力でも治す事が可能なので、まずはセルフケアを試してみましょう。

最近では、AGA用の育毛剤も色々販売されていますが、中でも男性ホルモンの分泌を抑制させる効果がある育毛剤には、AGAの進行を改善させ抑える効果があります。

 

ただし、育毛剤を使用すれば何をしても良いという訳ではありません。過剰にアルコールを摂取している場合は少量に減らし、運動不足の場合は適度に運動する必要があります。

その証拠に、ハゲが多い国ランキング上位には、チェコ、スペイン、ドイツが上位におり、上位国はお酒とお肉の消費が多い国でもあります。

 

したがって、お酒の過剰摂取や運動不足は頭皮に悪影響を与えるので、育毛剤だけでなく生活習慣の改善も同時に行いましょう。

 

まとめ

 

若ハゲの克服は、AGA専門クリニックなどに行かなくても自力で行えます。ただし、自分がどの様な原因から若ハゲになっているのかを知る必要があり、適当に市販の育毛剤などを使うのは止めてください。

また、育毛剤やサプリメントに頼るだけではなく、生活スタイルを改善させる事で若ハゲを改善させるので、毎日の行動が若ハゲ克服の近道と言えるでしょう。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!