頭頂部が薄くなる「てっぺんはげ」。頭頂部の髪の密度が薄くなっている感じがしたので、手鏡で鏡に映してチェックしてみると、地肌がしっかり透けて見えていて愕然とした……こんな経験はありませんか?

てっぺんはげは、比較的ゆっくり進行する薄毛の症状ですが、頭頂部がハゲてきている場合、その原因はAGAである可能性が高い。

 

そこで、この記事ではAGAの改善方法を紹介していきたいと思います。

 

 

てっぺんはげとAGA関係性

 

若いうちにてっぺんはげが発症する場合は、AGAの可能性が極めて高いと言えます。AGAは、Androgenetic Alopeciaの略称で日本語では「男性型脱毛症」のこと。その名の通り、男性が起こるハゲのことです。

簡単に言うと、AGAとは、本来毛を濃くしてくれるはずの男性ホルモンが体の中で変質してしまい、髪の毛の成長を止めるホルモン「ジヒドロテストステロン」に変わってしまうために起こります。

 

すなわち、睾丸で作られる男性ホルモン「テストステロン」が、体内の酵素(5α還元酵素と言います)の作用によって、ジヒドロテストステロンという別のホルモンに変わってしまうのです。

このジヒドロテストステロンは、ふだん髪の毛の成長を進めてくれるのですが、AGAが発症すると毛乳頭細胞に作用し、毛乳頭細胞が萎縮してしまう事で、逆に髪の毛が成長できなくなってしまうのです。

 

そして、髪の毛は細くなってしまい、生え変わりの周期も短くなっていき、やがて毛根から髪の毛が出てこなくなってしまうという訳です。

 



 

AGAによるてっぺんはげを改善するには?

 

では、AGAによる脱毛の進行を止めて、てっぺんはげの髪の毛を取り戻すためには、どのような方法をすれば良いでしょうか。

AGAを防ぐための方法の一つは、テストステロンをジヒドロテストステロンに変えさせないこと。そのためにはテストステロンをジヒドロテストステロンに変える働きをもつ「5α還元酵素」を働かせないようにするというアプローチがあります。

 

以下の通り、いくつかの方法を紹介します。

 

育毛サプリメント

育毛ケアで今人気ナンバーワンのサプリメント成分が「ノコギリヤシ」。アメリカ南東部の海岸に生息するヤシの木でノコギリのような形の葉を持っています。

この葉のエキスがサプリの有効成分です。育毛効果をフィナステリドという医薬品と、ノコギリヤシで比べたヒト試験では、フィナステリドには劣るものの、頭頂部の発毛を促進する効果があったことが実証されています。

 

その理由として「5α還元酵素の働きを抑える作用があるため」と考えられています。インターネット上でも様々な育毛サプリメントがあり、ノコギリヤシが配合されています。

まずは気軽に試してみるとよいでしょう。

 

関連記事:「最強の育毛サプリメントとは?本当に効果のある薄毛専用サプリ5選!」

 

AGAクリニックで処方される医薬品

AGA専門クリニックでは、フィナステリドという成分が配合された「プロペシア」や、デュタステリドという成分が配合されている「ザガーロ」などの医薬品が処方されます。

これらの医薬品は、5α還元酵素を抑える働きがあることが、厚労省からも認められています。ただし、これらの医薬品には医療保険が効きません。

 

プロペシアは1ヶ月分7,000円、ザガーロは10,000円くらいするのが一般的ですが、これを全額自己負担する必要があります。

ここから更に診察料がつきますので、1回受診するのに最低1万円くらいはかかるものと認識しておきましょう。

 



 

育毛剤

AGAが進行している人の毛根は、奥にある毛乳頭が弱っています。これはジヒドロテストステロンによる影響ですが、血行をよくする育毛剤を使うことで、ジヒドロテストステロンの影響を少なくし、毛乳頭を回復させるのです。

AGAクリニックでも処方されるほど効果が高いのが「ミノキシジル」という成分を使った育毛剤。ミノキシジルはもともと内服して心臓の血管を広げる高血圧治療薬でしたが、塗っても非常に強い血管拡張効果があり、毛乳頭や毛母細胞に元気を与えて、発毛を促すことから世界中で使われている医薬品。

 

今では薬局やドラッグストアでも濃度の高い5%ミノキシジル育毛剤を入手できますし、インターネットでも薬剤師を介して入手することができます。

ただし、ミノキシジルは刺激が強い医薬品なので、稀にかゆみが出ることがありますし、血圧に異常がある人や心臓に持病のある人は、注意して使う必要があります。

 

副作用が気になる人は、ミノキシジル以外にもAGAに効果のある育毛剤があるので、そちらがオススメです。ミノキシジルと同等かそれ以上の効果があり、さらに天然由来の成分で出来ているので、副作用の心配がありません。

こちらの記事で育毛剤を詳しく書いてますので、興味がある人は読んでみて下さい。

 

参考記事:「オススメ!男性用育毛剤ランキング!!最も若ハゲに効果的な商品とは?」

 

育毛シャンプー

市販されているシャンプーは、通常、髪の豊かな人をより美しく見せるものであり、頭皮の汚れをきれいさっぱり落とすものです。

この市販のシャンプーには、シリコーンという髪をコーティングして、艶やかに見せるコート剤の入っているものがあります。

 

シリコーンは、髪の少ない人が使うと髪がぺったりしてしまいますし、毛穴に入り込むことで毛根の成長にマイナスの影響を与える可能性が懸念されます。

また市販のシャンプーには、洗浄剤(界面活性剤)にラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムを配合しているものがほとんど。

 

これらの洗浄剤は、頭皮の油脂を根こそぎ洗い落としてしまい、その高い洗浄効果のために、かえって頭皮を荒らし、髪の毛の成長に必要な脂分や湿り気を頭皮から奪ってしまうのです。

てっぺんはげが進行している頭皮には、頭皮への刺激がマイルドなアミノ酸系の洗浄剤を使用した育毛シャンプーがよいでしょう。

 

また甘草エキス(グリチルリシン酸ジカリウム)やセンブリエキスなど浸透性の高い薬用成分を配合したものもよいですね。

育毛シャンプーを使って洗髪した後には、頭皮のマッサージを入念に行うことを忘れないでください。

 

関連記事:「おすすめ男性用育毛シャンプー3選!市販シャンプーでは薄毛が悪化する?」

 

食生活を見直す

栄養バランスのよい食生活を実践し、頭皮の毛細血管に髪の毛がよく育つ栄養分をしっかり届けましょう。オススメの食べ物は髪の主成分であるケラチンタンパクの元になる良質な「タンパク質」。

これらは青魚、肉、卵、豆類、乳製品、海藻などに含まれています。また、「亜鉛」や「ビタミンD」、「ビタミンB」などは、ケラチンタンパクを合成する成分として使われることが知られています。

 

これらは毎日の食事から栄養を摂ることが基本ですが、効率よく摂取したい場合はサプリメントがお勧めです。

 

まとめ

 

若い人が発症AGAでは、比較的早くてっぺんはげが進行するケースが見られます。ただし、若いだけに毛根の毛乳頭や毛母細胞はまだ元気です。

ジヒドロテストステロンの存在は厄介ですが、今回ご紹介した対策を実施し、何とかその勢いを食い止めて、太くて元気な髪の毛を少しずつ取り戻していきましょう。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!