あなたは、いま「若はげ」で悩んでいませんか?早い人は、20代のうちから薄毛が始まります。日本皮膚科学会が発行する「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」によると、20代の男性のうち約10%がAGA(androgenetic alopecia:男性型脱毛症)を発症しているとのこと。

「そういえば最近抜け毛が多い」、「頭頂部や前頭部の髪がまばらになってきた」、「以前の写真より髪が少ない」などAGAの兆候を感じている20代は少なくないはず。

 

自分の抜け毛が増えていくのを「遺伝だからしょうがない」などど、手をこまねき見過ごしていていはいけません。あるいは「まずいよ、やばいよ」と、焦ってばかりいても対策をしなければ意味がありません。

でも安心して下さい。あなたの悩みを解決する薄毛改善方法は様々なものがあるので、ここで紹介していきたいと思います。

 

 

若はげの主な原因「AGA」について理解しよう!

 

AGAは男性が発症する脱毛症のひとつ。抗がん剤の影響などで若はげになることもありますが、大半の原因はこのAGAです。

AGAは、頭皮の老化などではなく、本来、毛を濃くする働きのある男性ホルモンが変質して、髪を生えさせなくする働きを持ってしまうことで起こる脱毛症なのです。

 

AGAの人はヒゲや胸毛、すね毛などを濃くする作用をもつテストステロンが、頭頂部や前頭部で5α還元酵素という酵素の作用を受けて、ジヒドロテストテロンという別のホルモンになってしまうのです。

そして、このホルモンが作用することで、頭頂部や前頭部にある毛母細胞や、毛乳頭細胞などの髪の毛を作る細胞の働きが弱まってしまい、髪の成長期が短くなることで今までの太い髪が細くなり、やがて産毛になってしまう。

 

そして、このまま毛母細胞や毛乳頭細胞の萎縮が進み、これらの細胞が死んでしまえば、髪の毛は生えてこなくなります。

だからこそ、「AGAかな?」と思った今こそ、適切なケアをするべきなのです。

 

セルフケアで若はげを改善するには?

 

自分がAGAによる若はげであると感じたら、まずセルフケアでの改善を検討してみましょう。自分でできる改善法について紹介していきます。

 

セルフケア1 頭皮を清潔にする

まずは基本である頭皮環境の改善を行いましょう。あならの使っているシャンプーはドラッグストア等で販売されている市販ものではありませんか?自分の使っているシャンプーを見直すことは、頭皮環境を改善する第一歩。

髪をコーティングして、艶やかに美しく見せるシリコーンや強い洗浄力をもつラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムなどの洗浄剤(これらは石油系界面活性剤と呼ばれます)を配合したものは、髪が多く毛根が元気な人には良いのですが、若はげの進行している人の毛髪や頭皮には負担が大きくて適していません。

 

シャンプーの洗浄剤には、頭皮と毛根に優しいアミノ酸系界面活性剤を採用しているものがベター。さらには抜け毛予防効果のあるピロクトンオラミン、肌荒れ防止効果のあるグリチルリチン酸ジカリウム、ジェフェンヒドラミンHCIなどを配合しているシャンプーを使うと、頭皮の環境をより好適に保ちやすくなります。

洗髪している時、入念にマッサージすることも忘れないでください。これにより確実に頭皮の血行が促進されます。下記の記事でオススメするシャンプーについて詳しく書いてありますので、興味があればクリックしてみて下さい。

 

「おすすめ男性用育毛シャンプー3選!市販シャンプーでは薄毛が悪化する?」

 

セルフケア2 育毛剤を使う

頭皮の環境を整えたら育毛剤で発毛・育毛を促進します。今はとても優れた育毛剤が開発・販売されています。その中でも高い効果が期待できるのが、有名なミノキシジル。

ミノキシジルは血管を押し広げる力に優れています。もともと血圧の治療薬に使われていた薬ですが頭皮に塗ると頭皮の下の血管が広がり、血行がよくなり、毛根に栄養が運ばれやすくなります。

 

ただし、ミノキシジルは血管に強く作用し、血圧に異常がある人、心臓・腎臓に持病を抱えた方は注意して使う必要があることが知られています。

最近ではミノキシジルに比べて副作用の可能性が低く、ミノキシジルと同等か、それ以上に効果が期待できる育毛剤も販売されています。下記の記事でそんな育毛剤を詳しく書いてありますので、興味があればクリックしてみて下さい。

 

「オススメ!男性用育毛剤ランキング!!最も若ハゲに効果的な商品とは?」

 

セルフケア3 よい食事・運動・睡眠で髪が育ちやすい環境づくりを!

頭皮は身体の一部です。身体の代謝が悪ければ頭皮の血行も悪くなり、毛根に栄養が届きません。また、栄養状態が悪ければ毛髪のもととなるケラチンタンパクを毛根はうまく生み出せなくなります。

よい発毛には身体の外側からだけでなく内側のケアが大事なのです。頭皮内側のケアとしては以下のような対策が有効です。

 

バランスのよい食事

髪の毛を作るビタミン、ミネラル、そしてタンパク質をバランスよく摂るようにしましょう。海藻類、大豆、魚、肉、乳製品などを積極的に摂りましょう。

 

適度な運動

適度な運動は、すべての万能薬。血行・代謝を促し、身体の老廃物を汗とともに排出してくれます。頭皮の血行にももちろん好影響を与えます。

 

質の良い睡眠

質の良い睡眠も適度な運動と並ぶ万能薬。頭皮の血行・代謝をよりよい状態に保ちやすくなります。

 

サプリメントで補強を

さらに頭皮内側からの発毛・育毛を促したい人にはサプリメントがお勧めです。ヒト試験でも発毛効果が立証されているノコギリヤシ、亜鉛、ビタミンDなどがよいでしょう。

ただし、亜鉛やビタミンDは過剰摂取による副作用の報告例があります。1日10粒摂るといった極端な摂取は避けるようにしましょう。

 

育毛サプリメントに興味がある人は、こちらの記事に詳しく書いてありますので、クリックしてみて下さい。

「抜け毛予防に効く栄養素とは?薄毛改善にはサプリがおすすめ!」

 

セルフケアでダメなら医療機関の受診を検討しましょう

 

これらのセルフケアでも若はげが着実に進むようならAGAクリニックなどの医療機関を受診するのがよいでしょう。医療機関では「プロペシア」や「ザガーロ」のような薬局では入手できない飲み薬を処方してくれます。

またLEDやレーザー照射などの光治療をしてくれるところもあります。こうした治療により発毛が進むことは期待できますが、費用は少なくとも1回1万円程度はかかること、いつまで続ければよいかわからないことを覚えておきましょう。

 

まとめ

 

20代は結婚、仕事などの人生の重大イベントが本格化する時期。この時期での若はげコンプレックスによる精神的なマイナス効果は軽視できません。

開き直るのでもなく、かといって焦るのでもなく、はげの進んでいる現実を冷静に受け止め、まずはこれ以上の進行を食い止める努力を地道に行っていきましょう。

 

今、元気がなくても、元気を取り戻しやすいのが20代の毛根です。毛根が作る発毛サイクルが長くなってくれば、太くて黒い髪の毛がきちんと戻ってくるはずです。地道に継続して育毛に取り組んでいきましょう。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!