「髪が薄くなってきた、早く改善しなくては・・・」

 

実は、あなたの周りにもこの様に思っている人は数多く存在します。薄毛の問題は年々深刻化してきており、今や3人に1人は薄毛に悩んでいるとも言われております。

薄毛を改善する方法と言えば、育毛剤やAGAクリニック等が思いつきますが、その効果を高めるためにも、まずは今の生活環境を見直す必要があります。

 

あなたは日々の生活において、髪を意識した生活を送れていますか?忙しい現代社会に身おいていると、髪のことを考えて生活していくのは難しいと思います。

ですが、いよいよ髪が薄くなってきた状況とあれば、今の生活を育毛に適した環境に変えていかなくてはなりません。生活改善するべきことは、たくさんあるかと思いますが、その中でもまず見直すべきは食べ物。

 

食べ物は、髪を成長される栄養素を摂取する根源となりますので、様々な薄毛を改善する方法の中でも最も基本的なものとなります。

では薄毛を改善したい人には、どんな食べ物がおすすめなのでしょうか。

 

薄毛を改善したい人におすすめの食べ物とは?

 

薄毛を改善するのに適した食べ物は、基本的に健康に良いとされる食べ物をイメージすると良いでしょう。基本的には和食を中心に栄養バランスの良い三食を心掛けることです。

その中でも特に意識したい食べ物は、以下の通りです。

 

玄 米

 

ポロポロしていて美味しくない、ひと昔前はそんな印象だった玄米ですが、発芽玄米や酵素玄米など、食感が良くて美味しい玄米がスーパーなどでも売られる様になり、今や健康食品として認知されています。

玄米に含まれるビタミンEは血流をサラサラに、またビタミンB群は細胞の新陳代謝を促します。更に、玄米に多く含まれる亜鉛は、ホルモンの生成にも役立ちます。この亜鉛が不足すると抜け毛が増え、薄毛に繋がるのです。

 

この様に、玄米はビタミンとミネラル、そして食物繊維も豊富であり、髪の育成に必要な栄養素が詰まった食材。普段の食事を白米から玄米に変更するだけでも、薄毛対策になりますから、すぐに取り入れられますよね。

 

大 豆

 

豆腐や納豆、醤油に味噌など大豆を使った食品は身近にたくさん存在します。栄養豊富で高たんぱく低カロリーなど健康やダイエットには欠かせない食べ物とされていますが、ネット上では「大豆で髪の毛が生える」という記事もあったりします。

ですが、実際のところはどうなのでしょうか?大豆にはイソフラボンが含まれ、女性ホルモンが減ってしまった際の働きを補ってくれます。この女性ホルモンは、AGAの原因とされる男性ホルモンであるDHTを抑制してくれます。

 

この作用は女性だけでなく男性にも効果があり、イソフラボンが女性ホルモンと同様の役割をし、男性の育毛効果を高めるのです。さらに食物繊維も豊富なので、腸内環境を整えるのにも有効と言えます。

 

ゴマ

 

ゴマは、ビタミンB群をはじめとしたビタミン類・タンパク質・鉄分ミネラル・食物繊維が豊富な食べ物。髪が生えるのに必要は栄養素が豊富なゴマには、セサミンも含まれています。

このセサミンは抗酸化物質のひとつで肝機能を高めてくれる食べ物です。ゴマを摂る際には消化吸収をよくするため「すりごま」にするのがおすすめです。

 

ほうれん草など緑黄色野菜のゴマ和えを作り置きしたり、きんぴらやドレッシングに加える調理法もあり、アレンジの仕方は盛りだくさん。ただし、ゴマは油分が多いので摂り過ぎないよう注意しましょう。

 

きのこ類

 

きのこ類に含まれるβグルガンは若ハゲに非常に効果的な成分。AGAの原因となる5a-リダクターゼという酵素の働きを抑制するのに効果的。この他にも、キノコには免疫力を高め、血液をサラサラにする効果があります。

また、水溶性の食物繊維が豊富に含まれており、腸内のカスや細菌の死骸を取ってくれるので、便通に役立ちます。腸内環境が悪化すると薄毛に繋がる恐れがありますので、この働きも重要。

 

更に、きのこ類に含まれる天然成分であるフィトケミカルにも強力な抗酸化作用があり、頭皮や髪はもちろん、身体全体を健康に保ってくれる優秀な食材だと言えるでしょう。

 

海藻類

 

髪を増やす食材として「わかめ」は良く知られていますが、他の海藻類も薄毛対策には効果的な食べ物です。海藻類には髪の健康に必要な、鉄、銅、亜鉛などのミネラルが非常に豊富。

更に、腸内細菌に必要な水溶性食物繊維も多く含まれているのです。海藻類を多く食べ、腸内環境を整えれば、活発になった腸内細菌が活性酸素を消去してくれます。

 

この活性酸素は、老化の原因物質の一つで、薄毛等の老化現状を引き起す。頭皮の大敵である活性酸素を消去することで、頭皮環境を正常に整えてくれるのです。

 

緑黄色野菜

 

緑黄色野菜は、髪が生えるために必要な栄養が多く含まれる食べ物。髪が生える効果があるとされるビタミンA・B2・B6、頭皮の新陳代謝を促し、頭皮環境を良くする働きのあるルテインをはじめ、ビタミン類・鉄分ミネラル・食物繊維が豊富です。

緑黄色野菜は比較的に簡単に料理に取り入れることができます。スープ入れて煮込んでしまえばカサも減り、たくさん摂ることができます。野菜が苦手という方には気軽に緑黄色野菜の栄養素が摂取できるサプリメントがおすすめです。

 

青 魚

 

イワシやサバ、サンマなどの青魚は、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。細胞膜の材料になる脂肪酸の1つであるオメガ3脂肪酸は、細胞膜を柔軟にする働きがあります。

これによって、血管を広げ炎症を抑制し、血行が良くなり、毛母細胞に栄養が行き渡ることで育毛効果が高まります。青魚には健康向上だけでなく、育毛環境をサポートする栄養素も豊富に含まれていることは分かりますが、調理に手間がかかるという所がデメリットです。

 

その場合は、缶詰などを利用し、自分でも意識しながら青魚を摂取していきましょう。残念ながら、近頃の日本では青魚を摂取する機会が減っていますよね。この理由の一つは欧米型食生活への変化です。

もしかすると、これが日本人の薄毛人口が増えたひとつの理由になっているのかも知れません。

 

「薄毛改善におすすめの7つの食べ物とは?自力で治すには食事から!」のまとめ

 

今回は、薄毛を改善したい人におすすめする7つの食べ物をご紹介しましたが、これだけを食べれば良いという訳ではありません。

食事は栄養バランスが重要。今回ご紹介した食べ物を中心に、栄養バランス良いの食事を心掛けましょう。また、一人暮らしや自炊が苦手な人、仕事が忙しくて食事まで気が回らなく、食事の管理が難しい場合もあるでしょう。

 

その場合は、サプリメントがオススメ。時間もかからず手軽に欲しい栄養素を摂取できます。ただ、勘違いしてはいけないことは、食べ物だけでは薄毛改善は難しいということ。

髪に食べ物を摂取することは、育毛するための環境を整えるにすぎません。やはり根本的な解決には、育毛剤やAGA専門クリニックによる治療を同時に行う必要があります。

 

育毛の為の食事方法を取り入れつつ、同時に根本的な解決方法も検討していきましょう。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!