「最近、鏡を見るのが辛い。」「へアスタイルが決まらない。」「お風呂の排水溝のつまりが早い気がする。」など、若くして抜け毛や薄毛に悩んでいるあなた、現状どのような対策を取っていますか?

育毛剤?育毛サプリメント?それとも、家族や親せきを見て「遺伝の影響だ」と諦めてしまっていませんか?若ハゲに悩んでいるなら、少しでも早く対策を取らないと、本当に手遅れになってしまいます

 

そこで、今回の記事では若ハゲ対策に有効な方法をご紹介します。

 

 

若ハゲの原因は栄養バランスの乱れとストレス

 

そもそも、若いうちからハゲるのは、遺伝だけが原因なのでしょうか?確かに、ハゲる要因となっている循環酵素「5α-リダクターゼ」の分泌量が、遺伝によって変わることは知られています。

ですが、「5α-リダクターゼ」が分泌されても、男性ホルモン「テストステロン」と結合しなければ、脱毛ホルモンと呼ばれている「ジビドロテストステロン(DHT)」は出来ませんし、「DHT」が作られたとしても、スポーツなどによって発散させることが出来ますので、適度な運動をしていれば薄毛対策になります。

 

つまり、若ハゲは遺伝だけが原因とは言えないのです。

 

若ハゲ対策は頭皮環境が基本

 

若くして髪が薄くなり始めている場合、仕事によるストレス、ネット動画やネットゲーム等による夜更かしが原因かもしれません。ストレスや夜更かしは自律神経を乱し、血行不良を引き起こします。

食事によって摂取した栄養素は、血液によって体中に運ばれていきますが、血行が悪くなると体中にしっかりと栄養素が行き渡らなくなってしまい、その結果、頭皮や髪の毛の栄養不足となって、抜け毛が増えてしまいます。

 

頭皮に血液が行き渡らないという状態は、頭皮環境を悪化させる原因ともなり、頭皮が乾燥して炎症を起こし、フケが増えたり、皮脂が過剰に分泌してベタついてしまう。

そのベタつきが原因で、かゆくなったり臭くなったりするのです。

 

頭皮環境を改善しなければ髪は育たない

また、頭皮の堅さも若ハゲ原因の1つです。頭皮が硬いと、血管も硬くなり、血液が流れにくくなってしまいます。芸人さんが指で頭皮を動かしながら「これ、カツラだから」と言いって笑いを取っていますよね。

あのように、頭皮が全体的に動くほど柔らかければ、髪の毛が生えやすい頭皮環境と言えます。ですが、指で動かしても、頭皮が硬く、全体に動く感じが無ければ、頭皮環境はあまり良いとはいえず、髪の毛が生えにくい頭皮と言えます。

 

畑を思い浮かべてもらえば、よく解るのではないでしょうか?クワなどを使って耕した、土が柔らかくなっている畑と、全く手入れをせず土が硬くなっている畑では、どちらがよく作物が育つでしょうか?

言うまでもなく、耕された畑ですよね?頭皮も同じで、柔らかくなれば血行もよくなり、髪の毛は育ちやすくなるのです。

 

髪を育てるには栄養も必要

先程も説明した通り、頭皮に栄養が行き渡らなければ、髪の毛は育ちません。いくら頭皮を柔らかくして、血行を良くしても、そこに流れてくる栄養素が、髪の毛や頭皮に悪い影響を与える栄養素であれば、意味がありません。

若い男性の場合、特に一人暮らしなどで栄養バランスのとれた食事を摂っていないと、髪や頭皮に必要な栄養素が足りず、結果として抜け毛や薄毛に悩まされてしまいます。

 

特に、コンビニ弁当やファストフード中心の食生活を送っていたり、脂っこいものばかりを食べていたりすると、頭皮環境を整えるために必要な栄養素が足りず、皮脂分泌が増えてしまう可能性が高いです。

あなたは、健康な頭皮のために必要な栄養素をしっかりと取っていますか?

 

若ハゲ対策には頭皮マッサージ

 

前項で説明した通り、頭皮環境を整えること、頭皮の血行を促すことが、薄毛対策として有効な手段だと言えます。では、どうすれば血行が良くなるのでしょうか?

答えは簡単です。頭皮マッサージを行うのです。例えば、パソコンや事務仕事などによって、肩こりになったとき、硬くなった肩を揉み解すことで、血行を促し肩こりを解消しますよね?

 

頭皮も同じなのです。マッサージをすることで血行が良くなり、頭皮も柔らかくなります。

 

いつ、どうやって頭皮マッサージをするのか?

頭皮マッサージと言っても、いつ、どの様に行えば良いのか分かりませんよね?一番確実な方法は、シャンプー時に行うマッサージです。

そもそも、薄毛に悩んでいる多くの方は、頭皮環境が荒れた状態で、フケやかゆみなどを伴っていることが多いので、爪を立ててゴシゴシと髪や頭皮を洗う方法は、反って頭皮を痛めつけてしまいます。

 

しかも、生えかけてきた目に見えるか見えないか程度の産毛を、爪を立ててゴシゴシと洗うことで、無意識のうちに取り除いてしまっているのです。

そう、抜け毛が多いのに次の髪の毛が生えてこないのは、そのシャンプー方法にも問題があるのです。

 

正しいシャンプー方法は頭皮マッサージにもなる

頭皮を痛めつけることなく、また生えかけてきた産毛を取り除くことなく、頭皮を揉む様にシャンプーすれば、頭皮マッサージにもなるのです。まず、しっかりマッサージをしたいなら、予洗いが重要。

使用しているシャンプーが、天然由来の優しい成分で出来ているならそれほど問題はありませんが、ドラッグストアやコンビニなどで適当に買ったシャンプーの場合、洗浄力が強すぎるため、荒れた頭皮を更に悪化させてしまう可能性があります。

 

その為、ぬるま湯での予洗いをしっかり行った後、シャンプーを付けて洗う時間を1分程度とすれば、頭皮への刺激を最小限に抑えることが出来るのです。

そして、予洗いの時に、頭皮を揉みこむ様に丁寧に頭皮を洗うのです。1日のほこりや整髪料、余分な皮脂、汗などはこの予洗いで殆ど落とすことが出来ます。

 

概ね3分程度の余洗いをした後、シャンプーをします。シャンプーも手で泡立ててから、生え際に付け、頭頂部に向って頭皮をマッサージしながら洗っていきましょう。

予洗いをしっかりしているので、いつもよりしっかりと泡立ってくれるはず。毛穴の奥の汚れはこの泡とマッサージで取り除くことが出来ます。

 

最後に、泡が無くなるまでしっかりとすすぎます。すすぎ時間はシャンプーの2倍は必要です。つまり、2分以上かけてしっかりとすすぎましょう。

これを毎日続けることで、頭皮はだんだん柔らかくなってき、血行もよくなっていきます。

 

育毛剤による栄養補給も必要

 

しっかりと畑を耕しても、土に栄養が無ければ作物は育ちません。頭皮も同じで、毎日のシャンプー時にマッサージをして血行を良くしても、頭皮環境を整えるための栄養素や髪の毛を育てるための栄養素が足りなければ、健康的でボリュームのある髪の毛は育ちません。

手軽に栄養補給をしてあげるなら、やはり育毛剤の一択でしょう。多くの育毛剤には、抜け毛の原因となる男性ホルモンの抑制効果がある成分や、「5α-リダクターゼ」を阻害する成分などが入っています。

 

それにプラスして、頭皮環境を整えるため、抗炎症作用のある成分、頭皮の潤いを保つための成分などが配合され、それらが頭皮の角質層に浸透して、頭皮の乾燥を改善し、尚且つ皮脂分泌も抑制してくれるのです。

更に、髪の毛を育てるために必要な栄養素も配合されており、その栄養素が毛穴にある毛根に染み渡り、そこから髪の毛に吸い取られていきます。

 

この育毛剤によって、頭皮や髪の毛に必要な栄養素を補うと同時に、この時にも頭皮マッサージを行いながら育毛剤を頭皮に染み渡らせることで、その栄養素をしっかりと毛穴の奥にまで届けることが出来るのです。

こちらの記事に育毛剤について、詳しく書いてますので、興味があれば読んでみて下さい。

参考記事:「オススメ!男性用育毛剤ランキング!!最も若ハゲに効果的な商品とは?」

 

まとめ

 

頭皮マッサージは、頭皮を柔らかくし血行を促してくれるので、頭皮環境が改善され髪の毛が育ちやすい環境を作り出すことが出来ます。ですから、若ハゲ対策には効果的な方法と言えます。

ですが、育毛に必要な栄養素などを摂取するには、食事だけではどうしても足りません。そこで、育毛剤を使って頭皮マッサージをすることで、頭皮と髪の毛に必要な栄養素を頭皮に染み渡らせることが出来ます。

 

これにより、より高い効果が期待できるでしょう。いま現在、若ハゲに悩んでいるのなら、育毛剤を使った頭皮マッサージで、以前の様なボリュームのある髪の毛を取り戻しましょう。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!