生え際がスカスカになると、鏡で見えてしまうだけに不安を感じますよね。髪の毛が細くなったり、抜け毛が増えることにより、地肌が透け、スカスカに見えてしまうのです。

日光や明るい蛍光灯の下でチェックし、地肌が透けるようになれば、それは薄毛の前兆である可能性が高い。そこで、今回は前髪が薄くなる原因、薄くなったと感じたときのおススメ回復法について詳しくお伝えます。

 

 

生え際が薄くなりやすい人の特徴

 

 

生え際が薄くなりやすい人の特徴はいろいろとあります。まず1つ目は、日常的で帽子やヘルメットをかぶっている人。頭皮の細菌は、湿気が多い場所を好みます。

そのため、帽子やヘルメットをかぶり、頭皮が高温多湿な状態になることによって細菌が増殖して薄毛の原因となってしまいます。

 

2つ目は、パソコンを使う仕事をしている人。現代では多くの人がパソコンを使っていると思いますが、ずっと同じ体勢で作業することにより、血行が悪くなり体中の血行が悪くなります。

それに伴い、頭皮の血行も悪くなりますので、毛包に栄養が行き渡らず、健康な髪が生える妨げになっていることも。定期的に休憩して、軽く体を伸ばしたりすることで負担を少なくするように意識しましょう。

 

3つ目は、喫煙をしている人。たばこのニコチンには、血管収縮作用があり、それにより毛細血管が収縮し、頭皮に栄養が行き渡らなくなってしまいます。

そのため、髪の毛にも栄養がいかず、細い毛になったり、髪の毛の成長が妨げられてしまいます。

 

4つ目は、ねこっ毛の人。髪質に関しては、遺伝もあるので、劇的に変えることは難しくなります。ねこっ毛の人は、元もと髪が細く柔らかいので、生え際から薄くなりやすい傾向にあります。

 

生え際がスカスカになる原因とは?

 

 

生え際がスカスカになる原因は様々です。まず、前頭部が薄くなる場合、AGAの可能性があります。AGAとは、男性型脱毛症のことをいいます。AGAの代表的な症状として、生え際がM字にハゲたり、おでこが広くなるといった症状が見受けられます。

男性ホルモンのテストステロンの作用によって、毛周期の成長期が短くなり、通常よりも早く退行期、休止期になってしまいます。そのため、髪が細いまま抜け落ち、生え際がスカスカに。

 

また、生活習慣の乱れや、誤ったヘアケア、ストレスなども生え際が薄毛になる一因と考えられます。偏った食生活や、洗浄力の強いシャンプーを使っている人は、頭皮の環境を悪化させます。

頭皮の皮脂を取ろうと、1日に何度もシャンプーをして皮脂を取り除くことは絶対にNGです。必要な皮脂まで取り除いてしまい、頭皮が補おうとさらに皮脂を分泌します。

 

結果的に、皮脂の大量分泌し、生え際がスカスカになる可能性が大。さらには、遺伝の可能性もあります。遺伝の場合は、必ずしも薄毛になるのではなく、薄毛になりやすい体質ということです。

祖父や父が薄毛でも、適切な対策をすれば、防ぐことができます。

 

生え際薄毛のおすすめ回復法

 

 

育毛剤を使用する

一番、効果を発揮してくれるのが、育毛剤を使用すること。育毛剤は、頭皮の環境を整え、男性ホルモンを抑制してくれる作用があります。

また、抜け毛や薄毛を予防し、発毛促進、頭皮の血行を促進する成分や、髪の毛の成長に必要な栄養が配合されています。さらに、頭皮の炎症やふけやかゆみを抑制させる作用もあります。

 

近年では、M字はげに特化した育毛剤も発売されています。使用することで、前頭部の薄毛に効果を発揮してくれます。

 

M字ハゲ専用育毛剤について、詳しく知りたい人はこちらの記事も参考にしてみて下さい。

『M字ハゲ専用育毛剤「プランテル」の効果とは?口コミや評判から検証!』

 

適度な運動をする

運動不足が続くと、血液を送り出す筋肉の働きが弱まるため、結果的に血液が行き渡らなくなってしまいます。また、頭皮は指先や足の先と同じく体の先端部なので、運動不足の血行不良の影響を受けやすいのです。

運動中の注意は、水分を取りすぎると身体が冷えてしまいます。また、取らなくても血液がドロドロになり、血行不良が起こります。水分については、多すぎても少なすぎてもダメ。必要な量を適切に摂取するようにしましょう。

 

頭皮マッサージを行う

頭皮マッサージは効果的です。マッサージすることで、頭皮が刺激され、血行促進につながります。さらに、育毛剤の成分が頭皮の奥まで浸透しやすくなります。

生え際がスカスカが気になっていても、前頭部だけでなく、頭を全体的にマッサージしましょう。やり方は、指の腹でやさしく揉み込むように、こめかみや前頭部、耳の後ろ、頭頂部、襟足を押します。

 

ツメを立てて強くマッサージをしてしまうと、頭皮を傷つけてしまう恐れがありますので、気を付けて下さい。

 

食生活の見直し

食生活は、薄毛の回復法には、とても重要。髪を成長させるためには、必要な栄養素を摂取する必要があります。生え際がスカスカになっている人は、栄養不足により髪が細くなっている可能性もあります。

髪を太くするには、髪の毛の主成分である「タンパク質」の摂取が大切。タンパク質は、肉や魚、大豆に多く含まれています。また、タンパク質を作るのに欠かせない「ビタミン」や「亜鉛」などが多く含まれる食べ物も摂取しましょう。

 

過度な飲酒を避け、バランスの良い食生活に見直しましょう。

 

まとめ

 

ご説明した通り、今回ご紹介した改善方法を実践すれば、生え際の薄毛進行を止められます。柔らかくなってしまった髪も、強い髪の毛に生まれ変わることが十分に可能です。

ただ、一番大切なのは、あなた自身で決めた改善法を継続することです。一時やるだけでは薄毛改善は望めません。ストレスが溜まらない程度に、できることから初めていきましょう。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!