「頭のトップのボリュームが減った気がする…」「髪型が上手くきまらない…」と気付いた時には既に頭頂部(つむじ)が薄くなっているといったケースが増えてきていると聞きます。

普段鏡を見ても分からない場所だけに、「まさか自分が薄毛になるとは、信じられない」といった気持ちになるのも分かります。しかし、頭頂部(つむじ)ハゲを放っておいていると、ますます薄毛は進行していきます。

 

頭頂部がハゲる原因を理解し、深刻化する前に早期に予防策を実行する必要があります。

 

 

頭頂部(つむじ)がハゲる原因

 

頭頂部(つむじ)が薄くなる原因として、一番疑わしいのはやはりAGA(エージーエー)。AGAとは、成人男性特有の進行性脱毛症で、その特徴の一つに頭頂部の薄毛があります。

また遺伝や男性ホルモンの影響が主な原因だと言われています。思春期以降の男性に多く見られ、なんと日本人の成人男性3人に1人がAGAで悩んでいるという調査結果も出ています。

 

では、なぜ頭頂部ハゲの原因としてAGAが真っ先に出てくるのでしょうか?

 

ワカハゲ君
AGAはつむじ部分と関係があるのでしょうか?

 

AGAは男性ホルモンであるテストステロンが、毛根にある5αリダクターゼという還元酵素と反応し、強力な脱毛作用のあるジヒドロテストステロンに変化し、薄毛が進行します。

この毛根にある5αリダクターゼは、頭頂部と前頭部生え際に多く分布しており、その為、頭頂部の薄毛であればAGAが原因である可能性が高いのです。

 

では、実際にAGAの予防策として、どの様な対策を実施していけば良いのでしょうか?

 

頭頂部(つむじ)ハゲ予防法を伝授!

 

バランスの取れた食事の摂取

一人暮らしの男性は、外食、コンビニ飯等に頼りがちです。この「偏食」も若ハゲの原因になります。また無理なダイエットも必要な栄養素を摂取できなくなる可能性があるので、薄毛の原因になり得ます。

髪にとって必要な栄養を意識的に摂取することも大切です。必ず摂取したい髪の栄養素としては、「タンパク質」「亜鉛」「ビタミン類」の3種類

 

魚、穀類、豆、海産物、野菜、果物等をバランスよく食べれば基本的に問題ありません。

 

質の良い睡眠

髪は寝ている間に成長ホルモンが多く分泌されます。睡眠が十分でないと、この成長ホルモンが分泌されず、髪がきちんと成長しきれないまま抜け毛になってしまう恐れがあります。

睡眠する時間帯として、特に22時~翌2時は「睡眠のゴールデンタイム」と呼ばれ、特に成長ホルモンの分泌量が多い

 

一日の睡眠時間としては、6~7時間程度は確保したいものです。また、眠りの質を高めるためには、寝る前のスマホやタブレットの使用は控えましょう。

PCやスマートフォン、タブレットの画面から出るブルーライトは、眠気を誘うホルモンの分泌を妨げると言われています。使わざるを得ない状況であれば、ブルーライト対応眼鏡を使う等の工夫をしましょう。

 

さらに、寝る2~3時間前の入浴は、加温効果で寝つきが良くなると言われています。シャワーだけで入浴しない方もいるでしょうが、出来る限り浴槽にゆっくり浸かって疲れを取る様に心掛けましょう。

 

ワカハゲ君
仕事や遊びで夢中になり、つい睡眠を疎かにしてしまってます

 

定期的な運動

生活環境が変わった際に急に運動をしなくなることで運動不足になってしまうことがあります。運動不足になると、頭皮の血流が悪くなり、髪にとって必要な栄養が、頭皮に運ばれにくくなってしまうのです。
運動といっても激しい運動ではなく、ウォーキングや軽いジョギングなどが良いとされております。適度な運動はストレス発散にも繋がり、これも薄毛対策になると言えるでしょう。

 

頭皮に合ったシャンプーを使う

若ハゲの原因の一つとして挙げられるのが、自分の頭皮に合わないシャンプーを使うこと。特に、洗浄力が強く頭皮への刺激も強すぎるシャンプーによって、頭皮に必要な油分まで除去してしまい、髪を乾燥させ過ぎてしまう場合は要注意。

10代の方に使っていただきたいシャンプーは、頭皮にやさしいとされるアミノ酸系シャンプー。人間の肌と同じ弱酸性のアミノ酸を洗浄成分としたシャンプーで、洗浄力が適度なものです。

 

参考記事:『おすすめ男性用育毛シャンプー3選!市販シャンプーでは薄毛が悪化する?』

 

丁寧な洗髪方法

自分の頭皮に合ったシャンプーを使っても、洗髪方法が間違っていると、髪・頭皮を傷つけ、抜け毛を引き起こしてしまいます。以下の流れの通り、汚れをしっかり落とせる洗い方を心掛けましょう。
  • ぬるいお湯でよく素洗いをする
  • 手の平でシャンプーをよく泡立てる
  • 泡立てたシャンプーで頭皮に揉みこむ
  • 入念にしっかりとすすぐ
意識したいのは、髪ではなく頭皮をちゃんと洗うこと。頭皮を傷つけない様、指の腹で優しく洗います。その際に絶対に爪を立ててはいけませんよ。すすぎは、
シャンプーの泡で浮かした汚れや脂分を落としきるため、十分時間をかけて流しましょう。
ワカハゲ君
シャンプー後、あまり時間をかけて洗い流していませんでした

育毛剤で頭皮ケア

より積極的な予防策に育毛剤の使用があります。育毛剤と聞くと、既にハゲが悪化した人が使うイメージがありますが、そんなことはありません。育毛剤は、予防としても使えるヘアケアアイテムなのです。

「国から効果を認められた製品を使って安全な若ハゲ対策がしたい」という人には、この育毛剤を使った対策をしてみましょう。

 

それと育毛剤を使うときに気になるのはやはり値段ですが、育毛剤は一カ月分が数千円するのが一般的です。なお、頭頂部専用育毛剤のことを下記で詳しくご説明していますので、興味があればクリックして読んでみてください。

 

参考記事:『育毛剤MSTT1の口コミと評判は?噂の頭頂部専用育毛剤の効果とは?』

 

まとめ

 

ご説明しました通り、頭頂部(つむじ)ハゲが発症した場合、原因はAGAである可能性が高い。AGAは生活環境により、発症時期や進行スピードが変わってきます。

頭頂部(つむじ)ハゲ予防策としては、まずは毎日の生活環境を見直すこと。そしてより積極的な対策を講じるのであれば、育毛剤にもチャレンジしてみて下さい。

 

ハゲ予防策としては、早期対応が基本です。ハゲの兆候が見られる様であれば早めに対策していきましょう。

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!