最近、鏡を見て「前髪がスカスカになった」と感じていませんか?それは前髪が薄くなっている証拠であり、そのまま放置すれば、まるで「すだれ」のように薄くなってしまいます。

特に20台前半から「すだれ化」する方が多く、そのまま何かしらの対処をしなければ、髪の毛全体が薄くなってしまうでしょう。

 

今回の記事では、前髪のすだれ化対策について、原因と対処法を3つ紹介したいと思います。

 

 

【前髪すだれ化対策】AGAの進行を抑える

 

前髪がスカスカになってしまって、まるで「すだれ」のような状態になっている場合、AGA(男性型脱毛症)が進行している可能性が高いです。

この症状で、そのまま何の対処もせずに放置しておくと、AGAが進行して、髪の毛全体が薄くなっていく事でしょう。

 

このAGAの進行を抑える具体的な方法として、育毛剤や内服薬を服用することで進行を抑える事が出来ます。ただし、育毛剤にも様々な製品があるので、AGAに効果がある育毛剤を選ばなければなりません。

AGAは、男性ホルモンが影響しており、男性ホルモンの分泌を抑える効果がある育毛剤を使用しましょう。

 

また内服薬でも男性ホルモンの分泌を抑える事が出来ますが、医師の処方箋が必要になるので、対処までに少々手間がかかってしまいます。

したがって、今すぐ手軽にすだれ対策を行いたいのであれば、AGA用の育毛剤を使う方法が良いでしょう。

 

なお、育毛剤については、こちらの記事に詳しく書いてありますので、興味があれば見てみて下さい。

参考記事:「オススメ!男性用育毛剤ランキング!!最も若ハゲに効果的な商品とは?」

 

【前髪すだれ化対策】皮脂の過剰分泌を抑える

 

前髪が「濡れたような状態」になっている場合は、皮脂が過剰分泌されている事が原因。この皮脂が過剰分泌される原因には、「生活習慣の乱れ」「頭皮の汚れ」「揚げ物の食べ過ぎ」「シャンプーが合っていない」などが考えられます。

また、脂っぽい髪に加えてフケや痒みがある場合には、「脂漏性皮膚炎」になっている可能性もあります。頭皮の病気は薄毛の原因となるので、早急に対処が必要。

 

具体的な対処法としては、規則正しい生活を送り、揚げ物ばかりを食べるのでは無く、3食栄養バランスの取れた食事にしましょう。

そして、シャンプーをする際には、高洗浄剤配合シャンプーではなく、アミノ酸配合のシャンプーを使ってください。これだけでも脂っぽい髪の毛から改善する事が出来ます。

 

なぜなら、脂性の髪の毛の原因は、食べ物から吸収した油分が中性脂肪となって、頭皮のベタつきを作っているからです。

もし、栄養バランスの取れた食事を食べる事が難しい方は、サプリメントを併用する事で、栄養バランスを整える事が出来るので、「食」に気を使った生活を心がけてください。

 

一方、脂っこい食事を取っていなくても髪の毛が脂性になるケースもあります。それはシャンプーに原因があります。

現在、「ラウリル硫酸ナトリウム」「ラウレス硫酸ナトリウム」が配合されているシャンプーを使用している場合には、自ら薄毛の原因を作っている可能性があるので、使用を直ちに止めてください。

 

これらの成分には、強い洗浄効果があるのですが、頭皮を乾燥させてしまうデメリットがあります。すると、本能的に乾燥から頭皮を守ろうと、体から皮脂を過剰分泌させてしまい、自らベトベトな頭皮環境を作っているワケです。

したがって、洗浄力が弱いアミノ酸配合のシャンプーや育毛シャンプーに変更すれば、頭皮の乾燥を和らげる事が出来るのです。

 

なお、育毛剤については、こちらの記事に詳しく書いてありますので、興味があれば見てみて下さい。

参考記事:「おすすめ男性用育毛シャンプー3選!市販シャンプーでは薄毛が悪化する?」

 

【前髪すだれ化対策】前髪の負担を軽減

 

前髪のすだれ化現象は、性別、年齢に関係無く起きる症状ですが、20代前半から「すだれ化」している方は、前髪に過度な負担をかけている事が原因。

例えば、ヘアワックスを使う際に、ヘアワックスが頭皮に染み込む事で毛穴を塞いでしまうので、薄毛や抜け毛の原因となります。

 

また、ヘアワックスに含まれる「カチオン界面活性剤」は、髪のたんぱく質を壊してしまう作用があるので、たんぱく質で形成されている髪の毛には悪影響しかありません。

他にも、ワックスを付けて「前髪を後ろに引っ張る行為」は、頭皮に負担を与え薄毛や抜け毛の原因となります。

 

具体的に説明すると、髪の毛を後ろに引っ張る事で頭皮の血行が悪くなり、髪の成長に必要な栄養が届きにくい環境を作ってしまっているワケです。

また、頻繁にワックスを使って髪の毛を引っ張っていると、「牽引性脱毛症」になってしまい、前髪の生え際がどんどん後退していく症状が現れるでしょう。

 

なお、ワックスを使っても薄毛になりづらい方法としては、ワックスを出来るだけ頭皮に付けないように使い、出来る限り早く洗い流す事を心がけてください。

また髪の毛に付ける際には、なるべく髪の毛を引っ張らずに、優しく付ける事も重要です。

 

まとめ

 

前髪が「すだれ」のような状態になっている場合は、薄毛がかなり進行している状態なので、早急に対処してください。

ほとんどのケースが、男性ホルモンが影響するAGAが原因ですが、AGA以外にも生活態度が原因で、「すだれ化」をさせている行動も考えられるので、育毛剤、サプリメントなどを活用するほか、生活習慣の見直し等も行い、「髪に良い」生活を送りましょう。