最近、抜け毛が多くなってきた。前髪をかき上げると、確実に生え際が後退している。こんな状況だと、毎日鏡を見るのも憂鬱ですし、どうやってこの薄くなった生え際を隠そうかと、悪戦苦闘してしまいますよね。

このM字ハゲ、あなたはどうやって対策をしますか?ドラッグストアなどで市販されている養毛剤?それとも、インターネットで評価の高いコメントの育毛剤?

 

本気でM字ハゲを回復したいなら、断然育毛剤です。この記事では、M字ハゲに育毛剤がオススメな理由をご説明します。

 

 

なぜM字ハゲには養毛剤ではなく、育毛剤なのか?

 

一般的に「養毛剤」と銘打っている商品の中には「医薬品」と書かれているものがあります。使用されている成分も、育毛効果が高く、病院などでAGAの処方箋として出される薬にも使用されている「ミノキシジル」という成分。

「それなら、育毛剤よりも養毛剤の方が、効果が高いのでは?」確かに、こう考えるのは当然で、実際に利用した方の中にも、薄毛が改善したという方もいます。

 

ですが、「ミノキシジル」には「副作用」が付いて回り、また、市販されている「養毛剤」の多くの商品に化学物質が含まれています。

それ伴い、まれに頭皮がかぶれてしまったり、赤くなってかゆみが出てしまったりと、頭皮環境を悪化させてしまうことがあるのです。

 

頭皮環境の悪化はM字ハゲの原因

健康な髪の毛は、健康な頭皮で育つもの。ですが、頭皮環境が荒れてしまうと、髪の毛を育てるための土壌が荒れているということでもあります。

なので、髪の毛が健康に育たなくなってしまい、結果として細く弱く、抜けやすい髪の毛となってしまうのです。しかも、弱った髪の毛は簡単に抜け落ちてしまい、その後なかなか次の髪の毛が生えてこないという状態になるため、薄毛が進行してしまいます。

 

いくら、「ミノキシジル」が薄毛対策に効果を発揮できる成分であっても、「ミノキシジル」やそれ以外に配合されている成分が、頭皮環境を悪化させている原因となっている以上、使えば使うほど、育毛効果や養毛効果を発揮するどころか、薄毛を進行させてしまうのです。

処方薬なら、副作用が無い?

養毛剤が頭皮を悪化させる原因となるなら、「ミノキシジル」が配合されている処方薬なら問題が無いのでは?と考えるのは、無理もありません。

ですが、残念ながら「ミノキシジル」は服用するタイプ方が、副作用が多いのです。「ミノキシジル」は元々高血圧のための薬として開発されたものなのですが、副作用として体毛が濃くなるといった「多毛症」の症状が出たことで、育毛剤としての研究が進んだという歴史があります。

 

「ミノキシジル」には、血管を拡張するという作用があるため、育毛治療のために服用することで、低血圧になったり、浮腫み易くなったり、息切れや動機が起こったりと、血管拡張に伴って、様々な症状が出てしまうのです。

しかも、「多毛症」という副作用もあり、薄くなったM字部分だけでなく、体毛も濃くなってしまう恐れがあります。

 

「ミノキシジル」を使っていないなら副作用は無い?

 

最近では、「医薬品」ではなく「サプリメント」として「ミノキシジル」以外の育毛効果のある成分を使った服用薬も販売されています。

これらの多くは、AGA原因の1つとされている「5α-リダクターゼ」を阻害する成分や、男性ホルモンを抑制するイソフラボンなどが配合されており、尚且つ、頭皮環境を整えるためのビタミン群、育毛成分なども配合されています。

 

ですから、服用し続けることによって、薄毛を改善できると、一部ネットでも評判になっております。ですが、残念ながらこの育毛サプリメントでは、効果が出るまでに時間がかかりすぎるというデメリット

サプリメントは、あくまでも「補助食品」ですので、「医薬品」のような即効性が無く、また効果が表れるかどうかは、その人の食生活や生活習慣によって、大きく違ってくるのです。

 

関連記事:「最強の育毛サプリメントとは?本当に効果のある薄毛専用サプリ5選!」

 

薄毛原因のひとつ「食生活」を改善できるか

薄毛原因の1つとも言われている、栄養バランスが乱れた食生活を続けていると、いくらサプリメントで頭皮や育毛に良いと言われている成分を摂取したとしても、その成分が血管の中を駆け巡って頭皮に辿り着くまでに、他の部分に吸い取られてしまう可能性もあります。

結果として、サプリメントに含まれる成分の効果が、中々発揮されないということに。もし、サプリメントで頭皮環境を改善し、M字ハゲを治療したいと望むなら、食生活を見直す必要があるのです。

 

野菜中心の食事に変更し、髪の毛に良いと言われている海藻類を食べ、また、イソフラボンが豊富に含まれている大豆製品を積極的に摂取するようにしましょう。

つまり、これまであなたの食生活の中心だった、脂っこい唐揚げ、焼肉、ラーメン、コンビニ弁当などを封印する必要があるのです。

 

また、同時にビタミンCを消費してしまう喫煙を止め、過剰な飲酒をやめる必要もあります。サプリメントはあくまでも「補助食品」ですので、これらの成分を壊さないように、頭皮に届けるように、これまでの食生活を見直さなければ、意味がないのです。

 

育毛剤でM字ハゲは回復する

 

インターネットなどで話題となっている育毛剤は、その多くが「育毛ローション」となっています。また、「医薬部外品」とは書かれていますが、「医薬品」と書かれているものはまずありません。

「それなら、効果はないのでは?」と思われた方、実は育毛剤にはミノキシジル」に変わる育毛成分が含まれたものが殆どで、またそれらの成分には自然由来のものがおおく、副作用が無いのです。

 

しかも、インターネットで話題となっている育毛剤には、ドラッグストアなどで購入できる養毛剤などのように、お肌に悪影響のある成分は一切含まれておらず、有効成分の殆どが植物由来の成分や海洋成分など、自然由来成分で出来ているのです。

 

荒れた頭皮も和漢成分で改善

薄毛に悩む人の多くは、頭皮環境が荒れていることが多く、中には炎症を起こしていることもあります。その為、多くの育毛剤には甘草やドクダミなど、炎症を抑える効果のある成分が含まれているのです。

更に、頭皮が荒れているということは、乾燥している可能性もあり、その頭皮の乾燥を改善するために、ヒアルロン酸やトレハロースと言った、女性用化粧品などにも配合されている潤い成分まで含まれています。

 

これら潤い成分によって、頭皮の乾燥が改善され、フケや皮脂に悩まされることも、かゆみに悩まされることもなくなるのです。

 

頭皮環境が整えば髪の毛が増える?

育毛剤は、あくまでも今ある髪の毛を育てることが目的で、死んだ毛母細胞をよみがえらせる効果はありません。どの育毛剤の紹介ページを見ても、以下のようなことは効果として記載されていますが、「養毛」については明記されていないのです。

 

  • AGA原因の阻害、抑制
  • 頭皮環境の改善
  • 健康的でコシのある髪の毛の育成
  • ヘアサイクルの正常化

 

AGA原因の抑制とヘアサイクルの正常化によって、抜け毛を減少させることが出来ます。更に、今ある髪の毛を、健康的でコシのある太い髪の毛に育てることが出来ますので、毛量が増えたように感じることも。

ただ、実際に薄くなったM字部分に髪の毛が新しく生えてくるかと問われると、半々としかお応えできません。先程もご説明した通り、毛母細胞が完全に死滅しているなら、そこから新しい髪の毛が生えてくることはありません。

 

ですが、弱っているだけなら、頭皮環境の改善と育毛剤に含まれている栄養成分によって、毛母細胞が賦活化し、新しい髪の毛が生えてくる可能性もあります。

 

一時的に抜け毛が増えるという副作用はあるかも

「インターネットで評価の高い育毛剤には、副作用はない」と説明をしてきました。ですが、一時的に抜け毛が増えるという「初期脱毛」という副作用が起こる可能性があります。

実は、ネットの口コミで悪い評価を下している方の多くが、この「初期脱毛」の事を知らず、「育毛剤を使ったら反って抜け毛が増えた」と酷評しているのです。

 

「初期脱毛」という症状は、育毛剤だけでなく、養毛剤などでも起こる副作用なのですが、これは育毛剤に含まれている成分によって、抜けかけている弱った髪の毛が、一気に抜け落ちる症状のことで、抜け毛を促進させるものではない。

髪の毛が生えている毛穴には、まだ弱ってはいるものの毛母細胞が存在し、新しい髪の毛を作り出そうとしています。

 

育毛剤の成分によって、その活動が刺激され新しい髪の毛を生やすために、今いる、抜けかけの弱い髪の毛を手放しているだけなのです。

その為、1か月程度で抜け毛が落ち着き、2か月目に入ると目に見えて抜け毛が減少します。この「初期脱毛」という症状が出るということを理解していないと、どの様な「育毛剤」を使っても直ぐに諦めてしまい、結果としてM字ハゲは回復しないまま進行するのをただ黙って見ているだけとなってしまうのです。

 

参考記事:「オススメ!男性用育毛剤ランキング!!最も若ハゲに効果的な商品とは?」

 

まとめ

 

育毛剤ならサプリメントのように、その栄養素を体のほかの部分に摂られることが無く、全て頭皮と毛髪に届けることが出来ます。

M字ハゲを改善させたいなら、副作用の心配が無く、尚且つ頭皮や髪の毛に直接栄養分を届けることが出来る「育毛剤」が一番効果を期待できるのです。

 

「育毛剤」の効果を最大限に引き出したいなら、頭皮に付けた時にしっかりとマッサージをして、揉み込みましょう。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!