まだ20代なのに、「最近抜け毛が気になる」「生え際が後退した気がする」など、薄毛に悩んでいませんか?薄毛は徐々に進行することが多く、このままその状態を放っておくと、間違いなく「若ハゲ」になってしまいます。

そこで、今回は髪の毛が抜けやすくなる原因と、対策方法についてご紹介します。

 

 

髪の毛が抜けやすくなる原因は?

 

一般的に抜け毛の原因には、AGA(男性型脱毛症)という病気や、加齢、頭皮環境の悪化などがあります。その中でも、20代という若年層で、抜け毛が始まる原因は次の3点が考えられます。

 

  • AGA
  • 遺伝
  • 頭皮環境の悪化

 

AGAや遺伝が原因なら専門クリニックでの治療が必要となります。ですが、頭皮環境の悪化による抜け毛の場合、専門クリニックでの治療以外にも対策方法はいくらでもあるのです。

この頭皮環境が原因で、薄毛の症状が悪化するケースは次の事が考えられます。

 

  • ストレス
  • 食生活の乱れ
  • シャンプーやリンスのすすぎ残し
  • シャンプー、リンス、整髪料などが肌に合っていない

 

そもそも髪の毛には、生えてから抜けるまでに3段階の「ヘアサイクル」というものがあり、その「ヘアサイクル」が正常であれば、毛が抜けるスピードと生えるスピードは殆ど変らず、毛量が少なくなることはありません。

ですが、ストレスや食生活の乱れによって頭皮環境が悪化すると、髪がしっかりと育つ「成長期」が短くなったり、栄養分が髪の毛に届かなかったりして、細く弱い髪の毛になり、髪がすぐに抜け落ちてしまうのです。

 

なぜ、ストレスや食生活の乱れによって頭皮環境が悪化するのか?

 

髪の毛の成長過程である「成長期」は、髪が頭皮からしっかりと栄養を受け取り、太くコシのある強い髪に育つ期間。この「成長期」が短くなったり、栄養を蓄えられなかったりすると、弱くコシのない抜けやすい髪の毛になってしまいます。

また、ストレスや生活習慣の乱れは、ホルモンバランスを乱したり、血行を悪くしたりします。特に、ストレスによって喫煙量や飲酒量が増えると、さらに血行が悪くなります。血行が悪くなると、血液によって運ばれる栄養素が頭皮にまで届かず、髪の成長に必要な栄養が行き渡りません。

 

さらに、食生活が乱れると、頭皮が乾燥肌や脂性肌になりやすくなります。20代の男性の多くは、脂っこい食事を好む傾向にありますし、一人暮らしの男性のほとんどは、コンビニ弁当・ファストフード・ラーメンといった、脂っこい食事になってしまいがち。

野菜の摂取量も足りないため、栄養が偏ってしまいます。その結果、髪の毛を育てるために必要な栄養素が足りなくなったり、脂性によって毛穴が詰まったりして、髪の毛が正常に育たず、抜けやすくなるのです。

 

シャンプーが肌に合っていないってどういうこと?

 

シャンプーの種類には、主に次の3種類があります。

 

  • 石油系洗浄成分
  • アミノ酸系洗浄成分
  • せっけん

 

石油系洗浄成分は界面活性剤とも言われ、この3つの中で一番洗浄力が強く、特に男性用として売られている安価なシャンプーによく含まれています。

洗浄力が強いということは、それだけ頭皮に負担を与えているということでもあり、敏感肌の方や肌の弱い方が使うと、肌荒れを起こす可能性も。

 

頭皮の汚れは落とせても、それにより肌荒れを引き起こせば、肌環境は悪くなり、髪の毛が抜けるだけでなく、頭皮が乾燥しやすく、フケの原因にもなります。

また、頭皮が乾燥すると、その乾燥を防ごうとして毛穴から皮脂が過剰に分泌し、結果として脂性の肌になり、ベタついた頭皮になってしまうのです。

 

安価なシャンプーには界面活性剤だけでなく、添加物や化学成分が多く含まれています。それらも、頭皮環境を悪化させる要因となります注意しましょう。

 

頭皮環境を整えることから、薄毛対策は始まる

 

荒れた土地に作物が育たないのと同じで、環境が悪い頭皮には健康な髪の毛は生えませんし、育つことはできません。まずは、頭皮環境を整えることから始めましょう。

正常な頭皮環境とは、主に次の様な状態を指します。

 

  • 血行が良い
  • 頭皮が柔らかい
  • 肌の乾燥が無い
  • 余分な皮脂が毛穴に詰まっていない

 

また、この様な頭皮環境に整えていくためには、次の様な対策をとる必要があります。

 

ストレスの発散方法を見つける

飲酒、喫煙、夜更かし以外のストレス発散方法を見つけることが、健康な日常の第一歩です。

 

食生活の見直し

栄養バランスの良い食事を心がけ、暴飲・暴食を失くすことで、健康な体になり、結果として健康的な髪の毛を手に入れることが出来ます。

 

生活習慣の見直し

夜遅くまでスマホを見ていたり、深夜番組を見ていたり、ゲームに夢中になったりせず、しっかりと睡眠をとるようにしましょう。生活習慣を整えるだけで、ストレスも軽減することが出来ます。

また、睡眠不足が血行不良やホルモンバランスの乱れを引き起こしますので、十分な睡眠が、健康な髪づくりの第一歩と考えましょう。

 

シャンプーなど、ヘアケア品の見直し

シャンプーやリンスなどの成分表を確認し、頭皮にやさしい成分を使っているものを選ぶようにしましょう。おススメは、アミノ酸系シャンプー。天然由来の成分が入って、尚かつ無添加のものなら、肌を刺激することはありません。

頭皮を守るために必要な油分まで取り去ることがありませんので、柔らかい頭皮を作り出すことが出来ます。

 

正しいシャンプー方法を知る

シャンプーの原液は、たとえ自然由来のものであっても、刺激が強く頭皮を痛めてしまうもの。手間かもしれませんが、しっかりと泡立てることで、頭皮への刺激を抑え、毛穴の奥の汚れを落としてくれます。

 

育毛剤や発毛剤を使う

頭皮環境を整え、髪の毛が生えてくるのを待つのも良いのですが、発毛を促してくれる「発毛剤」や、健やかな髪の毛を育ててくれる「育毛剤」を使用することで、より早く健康的な髪の毛が生えてくるようになります。

 

シャンプーの方法で肌環境が変わる

 

使用するシャンプーなどは、多少高くても自然由来の成分が入ったものを使うようにしましょう。また、意外と知られていないのが、次の正しいシャンプー方法。

 

  1. ブラッシングをして、髪の絡まりをほぐしておく
  2. お湯で頭皮を濡らし、毛穴を開いておく
  3. シャンプーを手に取り、少しずつお湯を足しながらしっかりと泡立てる
  4. 泡を生え際に少しずつつけ、頭皮マッサージをするように頭頂部に向って泡を広げていく
  5. シャンプー時間は1分程度
  6. すすぎは、シャンプー時間の倍の時間をかけて、しっかりと行う

 

特に、頭皮マッサージは血行を促しますので、発毛・育毛のためにしっかりと行いましょう。逆に、絶対してはいけないのが、ゴシゴシとこするように洗うという行為。

爪を立てるようにして頭皮をこすると、生えかけた産毛を根こそぎ取り除いてしまったり、肌を傷つけたりします。折角生えてきた毛を、育てる前に取ってしまうのでは、頭皮が薄くなるのは当然。頭皮を揉む様に洗ってください。

 

頭皮もお肌です

最近の若い男性は美容に対しての意識が高く、洗顔方法やスキンケアに意識が高い人が多くいます。ですが、お肌のお手入れがしっかりできても、頭皮のお手入れが出来ていない方人は未だに多いようです。

頭皮も顔と同じお肌です。その為、頭皮もお肌同様に、毛穴を開き泡洗浄によって毛穴の奥の汚れを取り除きましょう。但し、お肌を保護するために必要な油分は、少し残さなければなりません。

 

その為には、洗浄力が強すぎるシャンプーの使用や、朝晩2回のシャンプーは絶対に禁止。皮脂によるベタつきは、正しいシャンプー方法と洗浄力が強すぎず、肌に潤いを与えてくれる自然由来のシャンプーを使えば、改善できます。

 

頭皮環境を整えた後に、育毛剤を使う

 

薄毛に悩み始めると、多くの方が育毛剤や発毛剤を試してみたくなります。それでも効果が出てこない要因は、頭皮環境である可能性が高い。

荒れた土地では肥料が何の効果も発揮できないのと同じで、頭皮環境も毛穴の汚れをしっかり落とし、育毛剤の養分が頭皮に浸透しやすい環境を作らなければ、効果がありません。

 

ここで気を付けてほしいのが、育毛剤の成分。肌に刺激が強い薬液が入っていると、折角整えた頭皮環境が悪化し、その育毛剤の効果が発揮されなくなってしまいます。

お肌にやさしい、自然由来の育毛成分が入っているものを選ぶようにしましょう。

 

「若ハゲ予防に育毛剤は効果ある?薄毛防止におすすめの対策をご紹介!」のまとめ

 

20代の若ハゲは、予防はもちろん、いくらでも改善することが出来ます!まずは生活環境や食生活を見直して、正しいシャンプー方法を覚えましょう。その上で頭皮に優しいヘアケア品を使用し、健康的な髪の毛が生える環境を作る。環境が整えば、育毛剤もしっかりとその効果を発揮してくれるでしょう。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!