AGA(男性型脱毛症)は、男性の脱毛症の90%を占めると言われており、活性化した男性ホルモンが毛根を攻撃するために薄毛になる症状を言います。

特に生え際や頭頂部辺りは、男性ホルモンの影響が強く出る場所なので、「Mハゲ」や「つむじハゲ」になりやすい。そして、AGAの一番怖い所は「20代の若い男性」でも発症し、また「進行性」でもある所。

 

ですから今の薄毛を改善しなければ、どんどん禿げていく一方ということ。そんな薄毛が気になる方のために、今回の記事では禿げる原因になる「男性ホルモン」の実態について迫ります。

 

 

禿げる原因は男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」にあった

 

男性ホルモンは、本来、筋肉質で内臓脂肪の少ない身体作りや男性機能の充実させる働きがあります。そして、精神面では集中力・闘争心を高め、やる気の向上という働きを持っており、「男らしい健康的な身体と精神の安定を保つ役割」を持つ。

また、男性ホルモンが多く分泌される人は、ヒゲや胸毛など、ありとあらゆる体毛が濃くなる傾向があります。そして、女性で体毛が濃い人も、男性ホルモンが色濃く出ているからです。

 

ならば、何故「男性ホルモンが原因で禿げる」と言われるのでしょうか?一言に「男性ホルモン」と言っても、いくつか種類があり、その中で男性ホルモンの多くを占めるのは、男らしい筋肉質な身体を作るホルモン「テストステロン」。

このテストステロンが、毛根の毛乳頭細胞に存在する還元酵素「5aリダクターゼ」と結びついてしまうと、「ジヒドロテストステロン(DHT)」と言うホルモンになります。

 

実は、このジヒドロテストステロンが禿げる原因。ジヒドロテストステロンは、髪のヘアサイクルを乱し、毛が十分に成長しきらない内に髪の毛を抜けさせてしまう働きを持っていて、それ故に薄毛になってしまいます。

もちろん加齢によって、テストステロンが減少することも禿げる原因になります。さらに「頭皮環境が劣悪」だったり、「血行不良」、「栄養不足」、「喫煙」や「ストレス」などの理由でも薄毛の原因になり得るのです。

 

男性ホルモンが多い人の特徴とは?

 

<男性ホルモンが多い人の特徴>

  • 筋肉質
  • ひげや体毛が濃い
  • 闘争心があり、リーダー気質
  • 性欲が強い

 

男性ホルモンのテストステロンそのものは、禿げる直接の原因ではありません。しかし、元々AGAになりやすい体質の人は、テストステロンが5aリダクターゼと結合し、ジヒドロテストステロンに変換されて、薄毛が進行する可能性が高いのです。

ですから、例えばAGAになりやすい体質の人が「筋トレ」をすることで、テストステロンの量が増えれば、総じて禿げる可能性も。こちらは明確な医学的根拠はまだないものの、過去の研究で「去勢された男性に男性ホルモンを投与した所、薄毛が進行したという報告」もあるくらいなので、因果関係があると考えるのが自然でしょう。

 

また、性欲が強く、頻繁にマスターベーションをしている男性も一説ではそれが禿げる原因になっていると言われます。髪には「タンパク質」と「亜鉛」が大切な栄養素です。

それらが不足すると、抜け毛や薄毛の原因になってしまいますが、マスターベーションをし射精をすることで、栄養素が大量に消費されてしまいます。精子の主成分は「タンパク質」と「亜鉛」だからです。

 

しかも、「生殖本能」と「髪の毛」のどちらが種を存続させるのに重要であるか?と問われると生殖本能の方が重要だと身体が判断し、本来は髪の毛に割り振られるはずだった栄養素も生殖本能の方に回されてしまうのです。

さらに亜鉛が足りないと、ジヒドロテストステロンが生成されやすくなってしまいます。これらからも、AGAの予防や改善するのに必要なのは、「ジヒドロテストステロン(DHT)」の働きを抑制する方法。

 

具体的には「育毛剤」や「発毛剤」、「育毛サプリメント」、「AGA治療薬の服用」などの方法がありますので、これらを上手く取り入れる必要があるでしょう。

 

女性が禿げないのは何故?

 

女性も薄毛に悩まされない訳ではありませんし、年齢を重ねることで禿げていく人もいます。しかしそうは言っても、明らかに「男性より禿げている人の比率が少ない」と感じませんか?

これまで「男性ホルモン」が薄毛の原因の一因であると説明してきましたが、実は女性ホルモンが「薄毛を進行しない鍵」でもあります。

 

女性ホルモンは「エストロゲン」と呼ばれる成分から構成されていますが、このエストロゲンが男性ホルモンの「ジビドロテストステロン(DTH)」の分泌を抑制することが出来ます。

つまり、女性ホルモンには、「髪の成長を促し、抜け毛を抑える働き」があります。その女性ホルモン「エストロゲン」は、「イソフラボン(大豆)」によく含まれています。

 

また、「プラセンタ」や「プエラリア」もエストロゲンの分泌を促すので、これらの栄養素を含む食事やサプリメントを積極的に摂取するのもおすすめです。

 

まとめ

 

男性ホルモンが禿げる原因になり、女性ホルモンが禿げるのを抑制してくれるとは驚きでしたね。しかし、気を付けなければならないのは、禿げる原因は「男性ホルモン」だけではないこと。

生活習慣の乱れや喫煙の有無、頭皮環境、ストレスなどの男性ホルモン以外の原因でも禿げます。そして、男性ホルモンの改善をするにしても、当然時間がかかります。ですから、薄毛を改善するには根気強く継続することが大切。

 

「男性ホルモン」は健康を維持する上で大切な役割を果たします。髪の毛だけではなく、身体全体の健康を考えながら、薄毛改善に取り組みましょう。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!