「最近、剃り込み部分が後退してきている。どうにかしないと」この様にM字ハゲを心配している人は、あなただけではありません。M字ハゲはAGAの代表的な症状の一つであり、発症している人が増加しているのです。

薄毛が気になると、その対策方法をいろいろと調べますよね?その中で「プロペシア」という言葉を見たことがあるのではないでしょうか。

 

「プロペシア」はAGA治療薬の一つではありますが、薄毛が進行して手遅れになる前に治療を始めたいとは思いつつも、含まれている成分はなに?効果はあるの?副作用はないの?と色々不安になってしまいますよね。

そこで、M字にハゲてしまってどうにかしたい!というあなたのために、ここでプロペシアについて詳しく解説します。

 

 

プロペシアってどんな治療薬?

 

プロペシアは、抜け毛予防の有効成分「フェナステリド」を主成分としたAGA治療薬。元々は、アメリカで前立腺肥大の治療薬として開発されましたが、薬を使った患者から「髪が生えてきた」と寄せられたことでAGA治療薬として再開発されました。

すでに、世界では60カ国以上で薄毛治療として使われており、日本でも、2005年12月から発売されています。そもそもAGAが発症する原因は、男性ホルモンであるテストステロンが、発毛抑制作用を持つDHTというホルモンに変化することで引き起こされます。

 

早ければ20代前半から、M字ハゲや頭頂部ハゲなどのAGAの特徴的症状が出始めます。プロペシアは、AGAの原因であるDHTの産生を抑えることによって治療する内服薬です。

また、プロペシアの成分のフィナステリドは、日本皮膚科学会によって策定された「男性型脱毛症診療ガイドライン」において、男性のAGA患者に対して、「行うよう強く勧められる治療」に指定されています。

 

AGA治療薬として厚生労働省からも認定されており、「安全な薬である」と言えます。

 

プロペシアはどこで購入するのか?

 

 

プロペシアは医薬品となりますので、医療機関から処方を受ける必要があります。当然、ドラッグストアはもちろん、Amazonや楽天などのインターネットでは販売されていません。

AGA専門クリニックなどで医師に処方してもらう必要があるため、医師の管理のもと服用方法等を説明してもらえるます。少し手間ではあるものの安心感が得られることは患者にとってメリットと言えます。

 

また、内服薬なので、一日に決まった時間に服用するだけで、手間がかからず手軽に続けられます。ただし、プロペシアは健康保険適用外の自由診療となる為、治療費はすべて実費となります。

そのため、プロペシアの治療費は、診察料込みで毎月10,000円~30,000円程となり高額になることも。そのため金額を抑えたい場合は、個人輸入を代行してくれるサービスもあります。

 

パソコンやスマートフォンなどのインターネット環境さえあれば、個人輸入サイトから誰でも簡単に入手できるようになりました。

ただ、何かの製品自体にトラブルがあった場合や、発送のトラブルがあった場合も、自己責任となってしまいますので、注意して購入する必要があります。

 

プロペシアはM字ハゲに効果があるのか?

 

 

AGAは進行性ですので、放っておくと徐々に薄毛が進行していきます。それを抑えてくれるのがプロペシア。ご説明した通り、プロペシアは、DHTの生成を阻害し、AGAの進行を抑制するとされています。

プロペシアの臨床実験では、1年間の服用で58%、2年間で68%、3年間で78%の人の改善効果が認められており、この結果からも、プロペシアは、AGAが原因のM字ハゲに効果は絶大と言えるでしょう。

 

しかし、頭皮の状態が炎症したりして荒れていると、プロペシアを服用しても効果が発揮できません。育毛シャンプーなど頭皮に優しいシャンプーを使用して、頭皮環境を整えてから服用しましょう。

 

プロペシアに副作用はあるのか?

 

 

プロペシアは医薬品であるため、副作用のリスクは避けられません。勃起不全、ED、多毛症など男性機能に関する副作用が指摘されています。また、肝機能障害も挙げられています。

しかし、副作用が発症する確率は1%~5%未満と少数で、頻繁に発生しているわけではありません。臨床試験の結果を見ても、実際にEDになる可能性は非常に低いため、必要以上に気にしすぎる必要はないと言えます。

 

そもそも、プロペシアが日本で発売が開始されるときに、副作用の部分がクローズアップされすぎたことが、世間のプロペシア副作用における印象を大きくしてしまった要因と考えられます。

可能性が無いわけでは無いので、副作用の症状が出たら、一度服用を止め、プロペシアを処方された医師に相談しましょう。

 

育毛剤等の外用薬と併用して大丈夫か?

 

「プロペシア服用中に育毛剤と併用しても大丈夫か」という質問よく聞かれますが、結論からいうと、育毛剤との併用は問題ありません。

プロペシアの服用と育毛剤は、成分が異なるため、どちらも発毛を事が目的ではあるものの治療の効能は全く異なります。例えば、ミノキシジルが配合されている発毛剤などは、毛細血管の血流を促進し、毛母細胞を活性化させる効果がありますが、お互いの治療効果を損なうことはありません。

 

むしろ、プロペシアとミノキシジル外用薬の併用治療は、積極的な発毛を目的にしたAGA治療として、今やスタンダードな選択肢になりつつあります。

2つの治療方法を併用することで、さらに発毛効果を実感できます。

 

まとめ

 

M字にハゲてしまった場合の対策として、プロペシアはとても有効で、試してみる価値が充分にある治療薬です。育毛剤を試したけど、効果がなかった方は、次の段階としてプロペシアを試してみることをおすすめします。

現在薄毛は薬で治療する時代。医師とは言え、他人に薄毛の相談をするのは抵抗があるかもしれませんが、まずは、AGA専門クリニックで診察を受けてみましょう。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!