あなたは、髪を洗う際「市販のシャンプー」を使用していますか?実は、通常の市販のシャンプーは「洗浄力が高すぎる」ため、刺激が強すぎて頭皮に良くありません。

洗浄力が高いと髪の毛がキレイになってくれるので、一見すると良さそうに思われがちですが、頭皮を保護するための皮脂まで洗浄してしまい、頭皮が乾燥して育毛を阻害し、結果的に薄毛のリスクが高まってしまうのです。

 

あなたは、若はげに悩む以前から市販のシャンプーを使い、そのため頭皮が乾燥してしまい、頭皮を清潔にしているはずなのにフケが出やすかったことはありませんか?

そして、頭皮が痒くて掻きむしったことはありませんか?それが必要な皮脂まで取り除いてしまっている証拠です。もちろん、皮脂が過剰に分泌されて、毛穴を埋めてしまっている状態も髪の毛の育毛や発毛にとって悪い環境。

 

また、若はげに悩まされていると「育毛シャンプーが良い。」と言うことも耳にしたことがあると思います。しかし、本当に効果があるの?普通のシャンプーと何が違うの?と思う方も多いでしょうね。

折角、市販のシャンプーよりも高い値段を出すからには、それなりの効果があって欲しいもの。そこで、今回は育毛シャンプーの効果とおすすめの理由、そして髪に優しい洗髪方法まで詳しくご紹介します。

 

 

本当に若はげに育毛シャンプーは効くのか?

 

若はげになる原因の一つに「劣悪な頭皮環境」が挙げられます。それは、主に「刺激の強い市販のシャンプー」を毎日使用していたり、「シャンプーのすすぎ残し」が原因で頭皮環境が悪化します。

ですから、通常の市販のシャンプーから、頭皮に優しい「アミノ酸系シャンプー」や「ノンシリコンシャンプー」に変えることだけで、頭皮環境をかなり改善ことが期待できます。

 

そして育毛シャンプーは、頭皮環境を整えるために作られた専用シャンプーということもあり、製品の多くは頭髪や頭皮に優しい「アミノ酸系シャンプー」。

アミノ酸系シャンプーは、頭皮に優しいというだけでなく、他にも「育毛や発毛」に効果を促すような有効成分も多く配合されており、当然無添加です。

 

正直な話、「育毛シャンプーを使用するだけで、若はげが改善するか?」と問われると、それだけでは、育毛や発毛効果は期待出来ません。

しかし、どんなに優れた育毛剤や発毛剤、サプリメントなどを使用したとしても「頭皮と言う土壌」つまり頭皮環境が良くならなければ、髪の毛は上手く育ちません。

 

ですから、頭皮環境を整えることは、若はげを改善したい方には必要不可欠であり、まず第一に改善するべきミッション。そこで頭皮環境を整えるのに適したのが「育毛シャンプー」と言う訳です。

 

最適な育毛シャンプーを選ぶ為のポイントとは?

 

ここまで育毛シャンプーを使うメリットをお話ししましたが、育毛シャンプーと呼ばれるシャンプーであれば、何でも良いという訳ではありません。

「育毛シャンプーなら何でも良いんでしょ」と思って、適当な商品を買ってしまうと、これまであなたが試してきた商品と同じように「全然効果がない」と言う感じてしまう可能性が高い。

 

そこで、ここではどんな効能のある育毛シャンプーを選べばいいのか?育毛シャンプーを選ぶポイントをご紹介していきます。

 

ポイント①アミノ酸系シャンプー

アミノ酸は、化学合成された成分ではなく、弱酸性なので人の肌に合った頭皮に優しい成分。不要な汚れのみを洗浄し、必要な皮脂は残し髪の油分を調整しつつもキレイに洗髪出来ます。

具体的には「ココイルアラニン」や「ココイルグルタミン酸」、「ピロクトンオラミン」などのアミノ酸系界面活性剤が含まれているものを選びましょう。ただし、「アミノ酸系シャンプー」と「アミノ酸配合シャンプー」とを間違えないように購入しましょう。

 

ポイント②無添加

香料や着色料、合成剤、防腐剤などは、液体の保護や色を楽しむために配合されているのですが、頭皮には全く良いことはありません。ですから「無添加」のものを選ぶようにしましょう。

基本的に人工的に作られた成分は、肌に合わないものが多いですから、「天然由来」と書かれている成分も良いですね。

 

ポイント③成分をしっかりチェック

「100種類の成分配合」のものと「10種類の成分配合」と書かれているものを見つけたら、どちらを購入しますか?当然、前者の100種類の成分が配合されているものを選びますよね。

しかし、「100種類の成分が配合されているけど、髪への有効成分は3種類配合されているシャンプー」と「10種類の成分の内、10種類全てが髪への有効成分配合のシャンプー」だとしたら、どちらを選ぶでしょうか?当然、後者ですよね。

 

実は、数ある育毛剤の中には、「○○がたくさん配合」と書かれていても、髪へのアプローチに必要な成分は数種類しか配合されていない製品も多いです。

折角なら、有効成分がたくさん配合されているものを使用したいもの。しっかり、成分をチェックしてから選びましょう。

 

ポイント④肌質に合ったものを選ぼう

人によって、普通肌、乾燥肌、脂性肌と様々な肌質があると思いますが、あなたの肌質にあったものを選択することで、より効果が期待出来ます。

 

ポイント⑤おすすめする成分

<頭皮にアプローチ成分>

  • アミノ酸(毛根の栄養)
  • 豆乳発酵液(男性ホルモンにアプローチ)
  • 加水分解ケラチン(傷んだ髪を補修)
  • オウゴンエキス(血行を促す)
  • クララエキス(血行を促す)

 

<頭皮のトラブル防止>

  • グリチルリチン酸2K(炎症やかゆみなどのトラブル防止)
  • フコダイン(フケやかゆみの防止)
  • ミコナゾール硝酸配合(抗真菌作用)
  • カミツレ花エキス(抗炎症作用)

 

<毛穴ケア>

  • センブリエキス
  • イソプロピルメチルフェノール(脂と臭い解消)
  • シクロデキストリン(脂と臭い解消)

 

<保湿効果>

  • 馬油
  • コラーゲン
  • プラセンタ
  • ヒアルロン酸
  • ホホバオイル
  • オレンジオイル

 

育毛シャンプーだけじゃダメ!洗髪方法も見直そう!!

あなたは、洗髪方法を間違えていませんか?髪を洗う時に、ゴシゴシと力を入れたり、爪を立てて洗った方がキレイになる気がしますが、実はその洗い方はダメ。

美容室や理髪店へ行った時に頭を洗ってもらうと、優しく揉み解すように洗ってもらえますね。そのように洗いましょう。

 

<手順>

  • 38度くらいのお湯で埃などを軽く洗い流す。
  • 500円玉くらいの量のシャンプーを直接髪に付けずに、手で泡立ててから付ける。
  • 頭皮を揉み解すように優しく手洗いする。
  • すすぎ残しのないようにお湯で流す。

 

まとめ

 

残念ながら、育毛シャンプーには直接的な発毛効果はありません。しかし、頭皮環境を改善するためには欠かせないアイテム。頭皮環境を改善することで、髪の毛の生えるサイクルが正常化し、栄養がしっかりと髪の毛に行き届きます。

これにより、はじめて髪が生える環境が整うわけです。生活習慣を見直すのは、仕事やプライベートが多忙な場合には難しいと思いますが、シャンプーを変えるだけならば、毎日する洗髪の時に使用するだけなので手軽で無理なく続けられますよね。

 

毎日使うものを変えるからこそ、継続でき、その効果も期待出来ます。抜け毛を増やさず、薄毛にならないためには、まず頭皮環境を改善することが大切です。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!