「まだ10代なのにオデコが広がってきた。一体どうすれば・・・」

 

この様に、まだ未成年にもかかわらず薄毛に悩んでいる若者が増えています。中高年であれば、薄毛の割合も増えてきますし、何となく「仕方ない」と諦められますが、10代ですとまだまだ髪やオシャレが気になる年代。

そんな年頃で頭がハゲてきたら、それは一大事です。周りからは恰好のネタにされてしまいますし、自虐的なハゲネタを言う勇気もありませんよね。

 

また、女性の視線も気になるでしょうし、それを気にし過ぎるとコンプレックスに感じ、ストレスからますます髪が薄くなる可能性もあります。

10~20代で発症する薄毛のことを、一般的に「若年性脱毛症」と呼ばれますが、若年性脱毛症の発症原因は、様々なものが考えられます。まずは10代で薄毛になってしまう原因から考えてみましょう。

 

 

10代薄毛の原因とは?

 

成人男性であれば、薄毛の発生原因の大半はAGAと言われております。ただ、AGAが発症するのは思春期以降であり、10代の薄毛の発生原因がAGAである可能性は僅か数パーセント。

ですから、10代で薄毛になる原因は様々な要因が考えられるのです。次に挙げるのが、10代における薄毛発症原因として考えられるものです。

 

生活習慣

 

10代の人は体力が有り余っている為、少しくらい眠らなくても、問題ないと考えてしまいます。ですが、睡眠時間を削ることは、薄毛の大きな要因になってしまいます。

また、外食やコンビニ食が多くなることによる栄養バランスの乱れや、スマホやPCなどで画面を見続けることで、目を酷使することは、髪の毛の成長とって大きなダメージとなります。

 

ストレス

 

また、過度なストレスにより、薄毛に発展することがあります。10代の場合、受験勉強や学校・塾での人間関係などで、ストレスを感じる人は多いでしょう。

ストレスが蓄積することにより、自律神経が乱れ、血行不良を招きます。そうすると、全身の血行が悪化し、頭皮に髪に必要な栄養素が運べなくなり、その結果、髪が弱っていき、抜け落ちてしまうのです。

 

AGA(エージーエー)

 

AGAは、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが変化し、ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛促進ホルモンになることによって起こる脱毛症。

ジヒドロテストステロンは、毛根の内部で、脱毛促進因子を発生させます。本来、髪の毛は、5年6年と成長を続けるはずですが、その脱毛促進因子によって短い周期で抜け落ちてしまうのです。

 

このAGAは男性ホルモンが関係しており、思春期以降の男性であれば誰でも起こり得ます。10代後半の人が薄毛になった場合、AGAの可能性もあると考えた方が良いでしょう。

 

円形脱毛症の場合

10代の脱毛症で発症しやすいのが円形脱毛症。かつては、ストレスが原因により発症すると考えられていましたが、現在では細菌やウィルスが原因とされています。

その特徴は、「10円ハゲ」と言われている通り、髪の毛が集中的に抜け落ちるということです。側頭部や後頭部などの1か所の髪の毛が局所的に抜け落ちている場合、円形脱毛症の可能性が高いと考えられます。

 

この様な症状が発覚した場合は、見つかった段階で早期に皮膚科を受診し、治療を受けるのが良いでしょう。

 

10代で薄毛になった場合病院で治療できるのか?

 

発症原因がAGAの場合、最も信頼性のある確実な改善方法は、病院による治療、いわゆるAGA専門クリニックによる受診になります。最近ではCMでも翌目にしますが、10代であっても成人男性同様に受診できるのでしょうか?

結論から言うと、治療内容に制限があるものの診察を受けることは可能です。では、どのように制限があるのかをご説明していきましょう。

 

保護者の同意が必要

制限の一つは保護者の同意が必要であること。多くのクリニックで親の同行や同意書が必要になります。これは10代にとっては大きなハードルになるかと思います。

親にAGAクリニックの相談をするのは、やはり抵抗がありますよね?でも、病院での受診にはここは避けて通れないのです。

 

処方される薬剤の制限

AGAの発毛剤治療は、一般的にプロペシアというAGAの原因となっている5αリダクターゼを阻害する内服薬と、ミノキシジルという血管を拡張させ髪を生やす効果のある外用薬(内服薬で使う場合もあります)をそれぞれ使うか、もしくは併用する方法で対応します。

ただし、プロペシアは男性ホルモンを抑制する効果があり、未成年が使うと成長に影響が出てくる恐れがあることから、未成年によるプロペシアの使用は認められていません。

 

「10代の薄毛治療法をご紹介|未成年はAGA病院で診察できるの?」のまとめ

 

今回は10代の薄毛治療についてご紹介しましたが、10代の薄毛原因がAGAである可能性は、他の年齢層に比べると非常に低いと言えます。まずは生活改善やストレス発散、育毛剤の利用などセルフケアできる方法を試みても良いでしょう。

既に10代後半になり、薄毛原因がAGAである疑いがあるのであれば、病院に相談するべきです。ただし、10代ですと親の承諾が必要だったり、処方薬が限られていたりといくつかの制限があります。

 

何れにしろ薄毛を改善していくには、あなた自身が行動していく必要があります。今の現状を変えるには行動あるのみですから、まずは薄毛改善に向けて動き出しましょう。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!