「シャンプー後に手に付いている髪の本数が増えた・・・。」

「浴室の排水溝が詰まるのが早くなった・・・。」

「部屋でコロコロを使ったら抜け毛がたくさん付いた・・・。」

 

あなたが体感として「抜け毛が増えた」と感じていると言うことは、かなり抜け毛が進行している証拠。普通、20代くらいの男性であれば、髪のヘアサイクルが2~6年かけて髪の毛が伸びて成長が止まり、下から新しい髪の毛が生えてくると同時に、成長が止まった髪の毛が抜け落ちます。

しかし、ヘアサイクルが乱れると、本来数年かけて伸びるはずだった髪の毛が数ヶ月で抜けて落ちてしまうことがあります。

 

あなたが、抜け毛を気になり出したと言うことは、あなたが思っている以上にマズい状況なのかもしれません!!

 

しかし、20代男性であれば、早期に抜け毛対策をすることで、将来ハゲるリスクを抑えることができます。「ちょっと薄毛になってきている」と感じているあなたも大丈夫。

善は急げ!是非、今日から「抜け毛対策」を行ってください。今回は、抜け毛が止まらない理由とすぐに始められるおすすめの改善方法について詳しくご紹介します。

 

 

まずは抜け毛が止まらない理由を知ろう

 

抜け毛を制すためには、まずはその敵を知ることが重要。20代男性の抜け毛原因のひとつには「生活習慣」が挙げられます。

生活習慣が乱れると、ヘアサイクルも乱れますし、何より頭皮が「栄養不足」になり、髪の毛が丈夫に育たず、抜けやすくなってしまうのです。

 

あなたも生活習慣が乱れていませんか?次のような生活習慣が一つでも当てはまる様であれば、それが抜け毛が止まらない原因かもしれません。

 

<抜け毛チェックリスト>

  • バランスの良い食生活が出来ているか?タンパク質は足りているか?
  • 睡眠時間が十分摂れているか?夜更かししていないか?
  • 喫煙・飲酒の習慣はないか?
  • ストレスを溜め込んでいないか?
  • シャンプーはあなたの頭皮にあったものを使用しているか?
  • ワックスを付けたまま寝たり、シャンプーのすすぎ残しをしていないか?
  • 適度な運動を行っているか?

 

20代男性におすすめする改善法

 

改善法①食生活を見直す

健康的な生活を送る上で、「食生活の見直し」はとても重要ですが、抜け毛予防や改善にも食事は、とても重要なポイント。

バランスの良い食事をするのは何より大切ですが、ここでは髪の毛に重要な栄養素「タンパク質」「ミネラル」「ビタミン類」に注目しましょう。

 

また、脂質が多い食事は、血行不良を引き起こす原因になるので、ファーストフード系やスナック菓子などの摂り過ぎには気を付けましょう。

でも、毎日忙しいとバランスの良い食事を毎日するのは難しいですよね?髪に必要な栄養素が足りない場合は「サプリメント」から摂取するのもおすすめ。

 

タンパク質

タンパク質は、身体のあらゆるところを生成するために必要な栄養素。つまり、髪の毛を生成するためにもこのタンパク質が重要です。

特にタンパク質を摂取する上で、おすすめしたい食品は、大豆や鶏肉、イワシ、卵、乳製品です。タンパク質と言えば、プロテインも筋肉を作る上で有名ですよね。

 

ミネラル

ミネラルの中でも特に亜鉛に注目しましょう。亜鉛が足りないと髪の毛を生成出来ない程、亜鉛は大切な栄養素。

また、AGAの原因である5aリダクターゼを抑制する働きもあると言われ、抜け毛予防になくてはならない栄養素でもあります。特に亜鉛を摂取する上でおすすめしたい食品は、「生牡蠣」「煮干し」「レバー」です。

 

ビタミン類

ビタミン類を摂取すると、血行を促進させることが出来るので、タンパク質やミネラルなどの栄養素を頭皮まで送り届けることが出来ます。

また、亜鉛を効率よく吸収するには、「ビタミンC」との組み合わせがベスト。ビタミン類は、体内ではほとんど作り出すことが出来ない栄養素なので、外から積極的に摂取したいですね。

 

ビタミン類と言っても、髪の毛に必要な栄養素として特に注目したいのは「ビタミンC」の他、「ビタミンB2」「ビタミンB6」。

ビタミン類を摂取する上で、特におすすめしたい食品は「レバー」「大豆」「緑黄色野菜」「バナナ」「サバ」「イチゴ」「柑橘類」などです。

 

関連記事:「最強の育毛サプリメントとは?本当に効果のある薄毛専用サプリ5選!」

 

改善法②睡眠不足の解消

健康を考えても、成人男性であれば最低でも6時間以上の睡眠時間を確保したい所です。特に成長ホルモンを多く分泌する22時~翌2時の「ゴールデンタイム」と呼ばれる時間は、確実に就寝していたいですね。

ただ、睡眠不足の解消は、ただ長時間寝れば良いと言う訳ではありません。ここで言う睡眠とは「良質な睡眠」のこと。

 

実は成長ホルモンは、新しい髪の毛の成長だけではなく、昼間に受けた頭皮や頭髪のダメージも修復してくれます。そのため、就寝前にカフェインを摂取したり、ブルーライトを発するスマホなどの使用を控えましょう。

他にも睡眠の質を上げるために、明るさや温度、湿度、枕なども整えておくと良いですね。

 

改善法③喫煙、過剰飲酒を控える

実は、喫煙や過剰飲酒の習慣も脱げ毛の原因になりかねません。喫煙も過剰飲酒も血行不良を引き起こすので、生え際付近など、特に血行が悪い部分には致命的になります。

また折角、食生活を見直しても、煙草や過剰飲酒をすることで、髪に大切な「アミノ酸(シスチン)」や「亜鉛」を消費してしまい、髪の毛の栄養まで行き渡らないことになってしまいます。

 

改善法④ストレス解消

ストレスを溜めないためには、自分の好きなことをしてストレスを発散することが一番。カラオケへ行ったり、愚痴を友人に聞いてもらったり、泣ける映画を観て泣いても良いですね。

その中でも、一番のおすすめはウォーキングやストレッチなどの軽い運動です。適度な運動は爽やかな汗を流し、頭皮の血行も良くしてくれます。

 

改善法⑤シャンプー、洗髪方法を見直す

頭皮のケアにおいて、シャンプー選びはとても重要。基本的にドラッグストアなどで売られている市販のシャンプーは洗浄力が高い反面、頭皮にとっては刺激が強すぎます。

抜け毛云々を抜きにしても、頭皮の「フケ」や「かゆみ」に悩まされたことがある人は、「ノンシリコンシャンプー」って聞いたことありませんか?

 

抜け毛が気になりだした人は、すぐに頭皮に優しい「アミノ酸系シャンプー」や「ノンシリコンシャンプー」に変え、頭皮環境を整えましょう。

また、シャンプー前にお湯だけで汚れを落としたり、爪を立てて洗髪しないようにしたり、すすぎ残しがないようにするなど、洗髪方法に気を付けると頭皮環境が改善します。

 

関連記事:「おすすめ男性用育毛シャンプー3選!市販シャンプーでは薄毛が悪化する?」

 

改善法⑥適度な運動

適度な運動は、頭皮の血行を良くするので抜け毛対策に非常に効果的。しかも、運動をすることで自律神経の切り替えが上手くいくので、「熟睡できる身体」になり、同時に睡眠不足も解消出来ます。

ただし、激しすぎる運動は無酸素状態を引き起こし、活性酸素を増やしてしまうことで、毛根にダメージを与える原因になってしまうので、ウォーキングや軽いジョギング、ストレッチ程度をおすすめします。

 

それでも抜け毛が改善しない場合はAGAが原因かも

 

生活習慣を治しても抜け毛が減らないと言うあなたは、AGA(男性型脱毛症)が原因かもしれません。20代と言うと年齢的に、「老化」が原因で抜け毛が増えているとは考えられません。

AGAは、5aリダクターゼと言う酵素と男性ホルモンのテストステロンが結合して「ジヒドロテストステロン(DHT)」になります。

 

このジヒドロテストステロンが、髪の成長を止めてしまうので、ジヒドロテストステロンの感受性が早期に発現してしまうと、年齢は関係なく薄毛になってしまうのです。

AGAの特徴として、生え際や頭頂部から抜け毛が増えていくことが多く、進行速度はゆるやか。また、自然に治る

ことははく「進行型」なので、対策をしなければ更に薄毛が進行してしまいます。

 

ですから、AGAが抜け毛の原因である場合には、AGA原因物質である「5aリダクターゼ」を抑制することが重要。これを抑制するには、AGAに対応した「育毛剤・発毛剤」を使用するか、AGA専門クリニックへ受診し、プロペシアなどの「内服薬」での治療をする必要があります。

 

関連記事:「オススメ!男性用育毛剤ランキング!!最も若ハゲに効果的な商品とは?」

 

もちろん、それらを使用するにしても、頭皮環境が劣悪なままでは十分な効果を発揮しませんので、生活習慣の見直しを同時にすることも大切です。

本気で「抜け毛を止めたい」と言う方は、ぜひ生活習慣も含めて見直してみてくださいね。



まとめ

 

あなたが生活習慣で抜け毛が止まらない原因に思い当たるフシはあったでしょうか?父もハゲているので、将来はもしかしたら…と覚悟していたあなたも、まさか20代の今、抜け毛の恐怖を味わうとは思っていなかったかもしれません。

生活習慣の見直しは「今」からでも始められます。「明日から始めよう」と言う人は、それが明日そしてまた明日となってしまいがちです。そして、気づいた時には手遅れに。

 

薄毛の改善は、一日も早いことが早期改善に繋がります。薄毛は治せる時代。原因をしっかりと特定して、いまから改善していきましょう。