「最近、髪薄くなってきたけど、薄毛に効く食べ物ってあるのかな?」

 

薄毛が気になり始めると、まず生活習慣から見直していく人が多いと思います。その中でも食べ物は髪の毛のみならず、健康維持にも直結しますので、日々の生活から摂取する栄養素を意識することは重要なこと。

薄毛を治すには様々な方法がありますが、日常的に揚げ物などの油分の多い食べ物ばかりを口にしては効果が半減してしまいます。そこで今回は薄毛を治すための食べ物をご紹介していきたいと思います。

 

 

薄毛に効果的な栄養素とは?

 

髪を治すための食べ物を知る前に、まずは髪に必要な栄養素をご説明していきます。髪にとって重要な栄養素は以下の3つです。いづれも髪を構成するために欠かせない栄養素です。

ただ、これらの栄養素だけ摂取すれば良いかというと、そうではありません。健康に良いとされているものを意識し、バランス良く摂取することを心掛けましょう。

 

たんぱく質

アミノ酸で形成されているたんぱく質は、私たちの体や頭皮を構成するのに欠かせない栄養素です。髪の毛も例外ではなく、その90%以上が「ケラチン」というたんぱく質で構成されています。

たんぱく質が不足すると、髪がきちんと成長できずに細くなり、薄毛や抜け毛の原因となることがあります。たんぱく質を摂取しなければ抜け毛が増えるリスクは高まってしまうのです。

 

日々の食事の中でたんぱく質を意識的に摂取しましょう。

 

亜鉛

ミネラルは、骨などを構成したり、筋肉や神経を調節をしたりと、体の健康維持には欠かせない栄養素。その中でも必須ミネラルである亜鉛は、髪の毛とって必須の栄養素と言えます。

亜鉛は、体内で分解されたアミノ酸を髪の原料となるケラチンに再合成するときに必要な成分。健やかな髪を保つのに必要な頭皮環境を整える効果が期待できます。

 

ビタミン類

ビタミン類は、成長や健康維持をサポートする栄養素で、皮膚代謝を促したり、細胞分裂の循環を正常にする働きがあります。髪や頭皮の健康を保つのに欠かせない栄養素と言えます。

その中でもビタミンAは、細胞の酸化を緩やかにするため、加齢による衰えの出やすい髪や頭皮を健康的に保つ効果が期待できます。また、細胞の代謝を促進させる働きのあるビタミンB群は、頭皮環境を正常に整えて髪の成長を促す働きが期待できる大切な栄養素です。

 

そして、血行を促進させる働きのあるビタミンEは、頭皮の血流を良くして健やかな髪を育てることのできる土壌へと整えてくれます。

 

薄毛を治す食べ物とは?

 

納豆

納豆は髪のもととなるたんぱく質が多く含まれています。それに加えて、大豆製品に含まれるイソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをする性質があり、エストロゲンの働きを増やすことで男性ホルモンの過剰分泌を抑えバランスをとってくれます。

また、納豆には皮膚の代謝を促進してくれるビタミンB群も含まれおり、頭皮環境の改善にも役立ちますその他にも亜鉛などのミネラルやビタミン、食物繊維も含む健康食。

 

納豆に含まれる酵素は熱に弱いので、納豆を食事に取り入れる際は、熱を加えずそのまま食べるのがベストです。

高野豆腐

煮しめて食べることが多い高野豆腐も栄養分がとても豊富。大豆製品ですので、植物性タンパク質は多いですし、イソフラボンも含まれています。

また、高野豆腐には亜鉛も含まれているため、AGAに対しても効果を発揮してくれます。薄毛に悩んでいて、AGAなのかそれともストレスなのか分からない方であれば、その両方に効果のある高野豆腐が良いでしょう。

 

牛肉・ラム肉

牛肉は、たんぱく質との他に鉄や亜鉛も摂れる便利な食材。また、ラム肉はたんぱく質だけではなく、亜鉛や鉄も一緒に摂取できます。

ラム肉の独特の臭みがありますが、気になる方は脂肪を取り除いたり煮る・蒸すなど、脂肪が落ちる調理法だと食べやすくなります。

 

レバー

レバーは、ビタミンの他、鉄分などのミネラルが豊富含まれた食べ物。特に豚レバーにはビタミンB1が多く含まれており、ビタミンを摂取したい方には最適。

調理方法としては、レバニラがおすすめ。ニラやニンニクに含まれる、アリシンというニオイ成分にビタミンB群の吸収を高める効果が期待できます。

 

卵は、卵白と卵黄のどちらにも豊富な栄養を保有しているので、卵白・卵黄を分けることなく食事に取り入れましょう。また卵には、髪の毛など人の体を作る細胞の主な構成成分であるレシチンなどの脂質も含まれています。

しかし、このレシチンは60℃以上の加熱で壊れ始めるので、食事に取り入れる場合は生卵が良いです。

 

牡蠣

牡蠣は、亜鉛や鉄などのミネラルに加えビタミンも豊富に含む食べ物。ビタミンは熱に弱い性質があるため、ハゲや薄毛に悩んでいる方には、ミネラルとビタミンを余すことなく摂取できる、生ガキとして食べましょう。

 

海藻類

海藻は、カルシウムや鉄、ナトリウム、ヨウ素など多くのミネラルを含み、さらにそれぞれ保有量が多いことでも知られています。また海藻類は血管の老化を防ぎ、血の巡りを良くし間接的に髪の成長を助けてくれます。

 

かぼちゃ

かぼちゃは、皮・わた・種にも栄養が豊富に含まれている食べ物です。果肉部分には、体内でビタミンAに換わるβカロテン、ビタミンB群、ビタミンEなどが含まれています。

 

ショウガ

ショウガなど代謝をあげる食物は、頭皮や髪に送る血流を良くし、栄養を届きやすくすることができます。基礎代謝をあげることで太りにくい体を作ることもできます。

 

ナッツ類

アーモンドやピーナツなどのナッツ類も髪に良いとされています。ナッツ類にはビタミン他、亜鉛などのミネラルやたんぱく質も含まれています。

ナッツ類は脂肪分が多いため、火を通すと酸化しやすいので、食事に取り入れる場合は生のアーモンドで摂取しましょう。

 

乳酸菌

乳酸菌は、腸内環境を整えてくれることで老化防止効果が期待できるため、髪の毛の老化も防いでくれます。タンパク質の他に、脂質や亜鉛、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく摂取できます。

 

コーヒー

コーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があることはよく知られていますが、この作用のおかげで抜け毛を促すジヒドロテストステロンなどの体に必要のない成分を排出することができます。

さらに、カフェインには血管拡張作用がありますので、そのおかげで血行が良くなり、その結果抜け毛を抑制できるという効果もあります。

 

ただし、コーヒーには亜鉛の吸収を阻害するポリフェノール、タンニンを含みますので、飲み過ぎには注意しましょう。

 

「薄毛を治す食べ物をご紹介!毎日の食事から抜け毛対策していきましょう」のまとめ

 

今回は薄毛を治すための食べ物をご紹介させていただきました。髪に必要な栄養素は、たんぱく質、亜鉛、ビタミン類の3つ。それらが豊富に含まれる食べ物を中心に、バランスの良い食事を心掛けましょう。

ただし、食事を見直すだけで薄毛が治るかというと、それは難しいと思われます。食事の見直しは、あくまで健康的な髪を生やすための土壌作りです。

 

髪に良いとされる食事を取り入れながら、育毛剤やAGA専門クリニックといったより効果の期待できる対策も検討していきましょう。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!