20代で薄毛に悩まされている人は少なくありません。実際に20代で薄毛になっている人の割合は増えており、あなたや周り人でも薄毛に悩んでいる人がいるのではないでしょうか?

薄毛は遺伝で発症することも多く、治し方も分からないという理由から、若はげが進行してしまうことを諦めてしまっている人もいるのです。

 

ですが「20代ではげてくるなんて遺伝だから」と諦めるのはまだ早い!きちんとした対策をすれば、薄毛は改善することができるのです。ということで、20代の若はげの治し方を紹介します。

 

 

20代で薄毛になる原因

 

 

そもそも20代であれば、細胞の衰えが表面化しない年齢ですので、本来は薄毛になるような状況にはなりません。薄毛を気にしている人は、インターネット等で「AGA」と調べたことが一度はあるのではないでしょうか。

AGA発症率を年齢別にみると、次の通り

 

  • 20~29歳・・・6%
  • 30~39歳・・・12%
  • 40~49歳・・・32%
  • 50~59歳・・・44%
  • 60~69歳・・・51%
  • 70~79歳・・・61%

 

この結果をみても、20代のAGA発症割合は6%と非常に少なく、10~20代までを見てもAGAが発症しているのは少ないということが分かります。

20代になると、社会人生活を送るようになり、日々のストレスや劇的な生活習慣の変化があります。これが薄毛の主な発生要因ではないかと言われています。本来ならば、毛周期は髪全体で85%程度が成長期にあたり、毛周期が正常であれば毛量は一定に保たれるはず。

 

しかし、ストレスや生活習慣の変化でヘアサイクルが短縮され、成長途中の毛が抜け落ちてしまい、その結果、薄毛になってしまうのです。

また、地肌をチェックし、赤く炎症を起こしていないか確認しましょう。健康的な頭皮は青白い色をしています。頭皮が赤くなっている場合は、シャンプーが頭皮に合わない等何らかの影響により炎症が起きている状態であり、髪が成長しにくい頭皮環境になっている可能性があります。

 

20代薄毛の治し方

 

実際に20代にして薄毛になってしまった場合、どのようにしたら改善できるのでしょうか。その方法は次の通りいくつかあり、あなたの症状に合った改善方法を実施していくことが良いでしょう。

 

育毛剤を使う

20代の薄毛に一番効果的なことは、育毛剤を使用すること。その名の通り、髪の毛を育むために用いられます。育毛剤は、髪の毛の成長にとって最適な環境を作るために、血行を促進したり、栄養を与えることによって、頭皮の環境を整える効果があります。

また、育毛剤には、さまざまな有効成分が含まれており、それらが毛乳頭に対する栄養源となるのです。発毛効果ではないので、髪が増えるというよりは、抜け毛が減り、新たに生えてきた髪の毛がその分増えます。

 

ワカハゲ君
発毛効果ではなく、今ある毛根を育てるんですね!

 

育毛剤のメリットは、ドラッグストアやインターネットでも簡単に買うことができ、誰でも手軽に使うことができること。また、費用も比較的安い物が多く、長期的につかっても金銭的に負担になりにくいです。最近では、医師が認める育毛剤も多く販売されるようになり、頭皮に特化した成分が配合されています。

さらに、頭皮トラブルなどの副作用のリスクも少なくなっており、かゆみやフケの防止効果も期待できます。しかし、ここでデメリットも認識しておく必要があります。まず、即効性がないので、効果が出て実感できるまでに長い時間を必要とすること。

 

そのため、せっかちな人はすぐに「改善しない」と、逆にストレスが溜まってしまうことも。ヘアサイクルの関係上、すぐに効果が現れる訳ではなく、時間がかかります。根気強く使い続けてこそ効果が期待できるのです。

ただ、いざ購入しようと思ったとき、たくさんの育毛剤があって、迷ってしまいますよね?そんな時のポイントとしては、無添加・無香料のもの、育毛効果が高くて副作用が少ないものなど、口コミ評価をきちんと確認することも重要です。

 

育毛剤の使用方法としては、お風呂上りにタオルドライしたあと、育毛剤を付けて、頭皮をマッサージするように使用します。マッサージすることで、育毛剤の栄養や、血行促進が浸透するのを助けてくれます。

 

食生活、睡眠などの生活習慣を見直す

 

抜け毛を予防するには、頭皮や髪の毛に必要な栄養素を食事から摂取するし、摂取した栄養素を頭皮の血行を良くして、髪の毛に栄養を届けなければなりません。

頭皮や髪の毛に大切な栄養素は、「たんぱく質」「亜鉛」「ビタミン類」。また食べ物としては、各種ビタミンが豊富なトマト、人参、ほうれん草、アーモンド、青魚、レバーなどは、髪に必要な栄養素がたくさん含まれていますので、積極的に摂取していきましょう。

 

一人暮らしの人など、毎日忙しくバランスのとれた食事が難しい場合は、サプリメントを摂取することも効果的。

 

ワカハゲ君
サプリメントであれば、簡単に摂取できますね!

 

また、健康な髪の毛を育てるには、質の良い睡眠や睡眠時間も大切です。髪の成長ホルモンは熟睡しているときに多く分泌されるため、充分な睡眠をとることによって、髪をたくましく成長させ、抜け毛の防止にもつながります。

そのために必要な睡眠時間は「6時間~8時間」と言われており、また髪の成長ホルモンが分泌されるピークの時間は「22時~翌2時」となります。そのため、「21時~22時」を目安に就寝するようにしましょう。

 

深夜勤務で夜に就寝できない人や、仕事の付き合いで遅くに帰ってくる方もいると思います。睡眠時間がとれないとヘアサイクルが乱れてしまいますので、そういう方はできるだけ質の良い睡眠をとるようにしましょう。

髪の毛を太く育てるため、また健康な身体を作る為にも睡眠時間をきちんととりましょう。

 

「薄毛の治し方を教えて欲しい!自分で治す20代若ハゲ改善法とは?」のまとめ

 

抜け毛が気になりだしたら、今すぐ対策しないと20代から30代、30代から40代と徐々に薄毛が進行してしまいます。20代ならまだ、間に合います。育毛剤の使用や、生活習慣の改善をして健康な髪を持続させましょう。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!