剃り込みを入れたように、額の左右から抜け毛が進んでいく「M字ハゲ」。AGA(androgenetic alopecia:男性型脱毛)の典型といえるハゲ方です。

でも、こと育毛ケアに関して言うと、M字ハゲは鏡にも映らない頭頂部のハゲ(O字ハゲ)と違って、鏡で状態を確認しやすく、症状の発見も早い。

 

M字ハゲを治したいなら、まず鏡に向き合い、自分のハゲている部分を正確に把握する必要があります。

そして、ハゲている部分の進行具合を毎日しっかりとチェックするようにする習慣をつけましょう。

 

 

M字ハゲ部分に絞って育毛ケアする

 

ヘアサイクル(毛乳頭が髪を作り始めてから抜け落ちるまでの期間)は、通常4~6年と言われますが、M字ハゲの場合、剃り込み部分のヘアサイクルがどんどん短くなっていきます。

そして、ヘアサイクルが短くなるにつれて、髪の毛も細くなっていきます。このまま放っておくと、産毛となり、やがて、産毛すら無くなり地肌を残すのみとなります。

 

残念なことに、AGAが発症すると、M字ハゲの部分の毛根部(髪の毛を増やす働きをもつ毛乳頭や毛母細胞)が、男性ホルモンの強い刺激で萎縮し、太く元気な髪を作れなくなっています。

だからこそ、育毛ケアを地道に継続して、元気をなくしている毛乳頭や毛母細胞を元気にすることは、とても意義があることなのです。

 

「今、育毛ケアですべきことは、M字ハゲの部分の毛乳頭や毛母細胞が集まる毛根の元気を取り戻すこと」という基本原則を覚えておいてください。

 

育毛対策にはやはり育毛剤が効果的!

 

「M字ハゲの部分に、もう一度太い髪を生やして、M字はげを治したい」と考えているのであれば、やはり毎日の育毛剤利用がお勧めです。

医学的に、発毛や毛を太くする効果が認められている育毛剤もありますし、発毛・育毛を日々研究している企業や研究家が開発しており、口コミでも評価が高い商品もあります。

ここでいくつか紹介していきます。

 

発毛・育毛効果認められている育毛剤成分

 

実際に、人が数カ月間にわたって発毛効果をみる試験(ヒト臨床試験)を行った上で、効果が認められて、日本皮膚科学会がAGA治療での使用を推奨しており、既に販売している育毛剤に含まれる成分がいくつかあります。

 

発毛・育毛効果が認められている成分①――ミノキシジル

今、販売されている育毛剤の中で、最強の血行促進効果をもち、発毛・育毛効果が評価されている薬用成分がミノキシジルと言われています。

1,000人程のAGA男性に、6カ月間続けてミノキシジルを塗ってもらい、効果を検証した試験では、多くの人にハゲている部分から発毛があったことが確認されています。

 

5%ミノキシジルは、販売されている育毛剤で今、最も効果が期待できる育毛剤と言ってよいでしょう。

ただし、ミノキシジルは血行促進効果が非常に強いので、血圧が不安定な人、心臓・腎臓に持病がある人は様子を見ながら注意して使う必要があります。

 

発毛・育毛効果が認められている成分②――アデノシン

アデノシンには、ミノキシジルと並ぶ発毛・育毛効果があることが確認されています。51名のAGA男性に、6ヶ月間続けて0.75%アデノシンを配合した育毛剤を塗ってもらったところ、51名中41名に発毛効果や毛が太くなる効果が認められました。

これは、5%ミノキシジルを塗ってもらった50人の発毛・太毛効果と、ほぼ同等の効果です。アデノシンには、毛根に酸素を多く供給する働き、FGF-7という発毛促進物質を作って、毛根の成長を促す働きがあると考えられています。

 

発毛・育毛効果が認められている成分③―― t-フラバノン

ミノキシジル、アデノシンには劣りますが、毛母細胞の増殖を進める効果があることで知られている成分が、t-フラバノンです。

AGA男性、14名に6ヶ月継続して塗ってもらったところ、抜けが減り、ケガ太くなる効果があったことが報告されています。

 

発毛・育毛効果が認められている成分④――カルプロニウム塩化物

カルプロニウム塩化物は、ミノキシジルほど強くはありませんが血管拡張作用があることで知られています。

カルプロニウム塩化物を配合した育毛剤を6名のAGA男性に試した試験では、抜け毛が減り、発毛効果があったことが確認されています。

 

人気育毛剤でよく使われる定番成分

 

ヒト試験など医学的な検証はされていませんが、多くの人が使用し発毛・育毛効果があると評価している注目の育毛成分もあります。

さまざまな育毛剤に配合されるおなじみの有効成分を紹介します。

 

人気のある育毛剤でよく使われる成分①――センブリエキス

その名の通り、センブリという薬草から抽出して得られるエキスです。センブリ茶は、非常に苦味が強く、お笑い番組の罰ゲームにもよく使われています。

これを頭皮に塗ると、毛根の細胞の動きを活発にし、毛細血管の血行を良くしてくれます。多くの育毛剤や育毛シャンプーに配合されているおなじみの薬用成分です。

 

人気のある育毛剤でよく使われる成分②――グリチルリチン酸ジカリウム

甘草から採取する成分です。風邪や熱などの漢方薬として昔から使われてきた成分で、頭皮に塗ると毛根の炎症を抑える働きがあります。

人気のある育毛剤では、必ずといって良い程使われている定番成分です。

 

人気のある育毛剤でよく使われる成分③――ジフェンヒドラミン塩酸塩

かゆみや腫れなどを起こす原因物質として知られるヒスタミンを抑える働き(抗ヒスタミン効果)があることで知られます。

グリチルリチン同様、頭皮や毛根の炎症を抑える働きがあり、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウムに並ぶ育毛剤の定番素材です。

 

人気のある育毛剤でよく使われる成分④――高麗人参

高麗人参の主成分として知られるジンセノサイドには、血行促進作用があることが知られています。これを頭皮に塗ることで、頭皮の毛細血管の血流を改善するとともに毛乳頭細胞を元気にしていきます。

 

おすすめの育毛剤をご紹介

 

ここで、M字ハゲにオススメの育毛剤をご紹介します。それが「薬用育毛剤プランテル」です。M字ハゲ専用の育毛剤は、恐らくこのプランテルだけでしょう。

プランテルは、M字型脱毛に特化するため、AGAの原因となる男性ホルモンの「テストステロン」に効く成分を研究。

 

そして、テストステロンに効く、女性ホルモンに似た物質を含む「ヒオウギエキス」を発見したのです。他にも、頭皮環境や毛乳頭の活性化などの成分も配合した、発毛促進効果がかなり期待できる育毛剤です。

「適材適所」という言葉がありますが、やはりM字ハゲが選ぶべき育毛剤は、この薬用プランテルの一択と言いても良いでしょう!

 

詳しくはこちらの公式ホームページでご確認下さい。

『M字型のための育毛剤プランテル≪全額返金保証付き≫』

まとめ

 

今回の記事では、M字ハゲを治したい人に、打って付けの育毛剤の成分について紹介しました。これから育毛剤を購入するのであれば、今回ご紹介した成分が配合されている育毛剤をお勧めします。

ですが、「育毛剤を塗っておけばそれで良い」という考えでは、育毛剤の効果をフルに活かすことはできません。

 

M字ハゲの部分に育毛剤を丁寧に塗って、薬用成分が頭皮、毛根、毛細血管でしっかり働くように、入念にマッサージをするようにしましょう。

M字ハゲは、鏡ですぐに確認できる部位。自分のM字ハゲは進んでいないか、ハゲが気になる部分の今日の毛穴の状態はどうか、毛の質は濃くなっているか薄くなっているかなど、チェックポイントを自分で作って点検するようにしましょう。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!