「頭頂部が薄くなったら、もう似合う髪型なんてないよ」と投げやりになっていませんか?いや、諦めるのはまだ早い!頭頂部が薄くなっても、髪型でカバーすることが可能なんです。

薄毛の人にも似合う髪型にすることで、女性の反応を良くすることにも繋がります。ということで、今回はつむじあたりが薄くなってきた方の似合う髪型を徹底解説します。

 

頭頂部が目立たない髪型のポイント

 

短髪にする

つむじ付近の髪が横に寝てしまうと、頭頂部の薄毛は逆に目立ってしまいます。頭頂部が薄くなってしまった場合は、トップの髪の毛を短くカットすること。

短髪は、頭頂部が薄くなっていない人でも頭皮が見えることは普通ですので、そこまで気になることはありません。

 

トップにボリュームを持たせる

トップにパーマなどをかけ、ボリュームを持たせることによって、頭頂部の薄毛は目立たなくなります。

 

サイド、後頭部、襟足をすっきりさせる

後頭部や襟足、サイドボリュームがあると、ボリュームのない頭頂部が際立ってしまい、薄毛が目立ちやすくなります。

短くカットするか刈り上げて全体をスッキリさせることにより、トップにボリュームがあるように錯覚させる効果があるのです。また、トップの髪の毛先に動きを持たせることによって、アクセントとなり目線をそらす事ができます。

 

頭頂部が目立たないおすすめの髪型

 

おしゃれ坊主

 

坊主というと、中学生の野球少年のようなバリカンでただ剃っているイメージがあると思います。しかし、坊主にも種類はたくさんあるんですよ。

「オシャレ坊主」とひとくくりにしていますが、超ベリーショートスタイルのまま、トップなどに少し長さを残し、オシャレを演出するスタイル。

 

また、ツーブロックのような坊主、サイドを坊主のように剃ってトップのみモヒカンのように残す坊主など、様々なスタイルを楽しむことができます。

坊主は、薄毛になったことを気づかれない髪型とも言えます。しかし、頭の形によっては似合う、似合わないが分かれてしまうので、自分に合った「坊主スタイル」と選ぶことが大切です。

 

ソフトモヒカン

 

ソフトモヒカンとは、かつて「ベッカムヘア」で人気になった髪型。スポーツをされる方や、社会人の方でも爽やかに見えるヘアスタイルですよね。

サイドをすっきりと刈り上げ、全体をグラデーションカットで切り、トップの髪の毛を立たせることにより、頭頂部の薄毛は目立たなくなります。

 

基本的には、誰にでも似合いやすい髪型で、生え際が後退している人にも有効です。スタイリング方法は、ドライヤーで乾かすときに、産毛もしっかりと立ち上げることがポイント。

根本から乾かすことによりトップの髪を立たせることができますので、スタイリング剤を使ってしっかり固めましょう。

 

くせ毛風パーマ

 

ストレートで柔らかい髪質の方や、直毛で動きが出ない方におすすめ!くせ毛風パーマは、毛先にやや残るくらいの微パーマをかけることにより、くせ毛みたいな無造作感が再現できます。

ランダムなカールでトップのボリュームアップと遊びのあるスタイルでとてもおしゃれに見えます。毛先の動きを出せることが、薄毛の人にとって最大のメリットです。

 

毛先の動きに目がいきやすいため、人から見られた時に薄毛が気になりにくくなります。「ミックスピンパーマをかけたい」と美容室にお願いすると伝わりやすいでしょう。

ワックスなどでスタイリングをしたあとに、スプレーでしっかり固めることにより、朝作ったスタイルを夜まで保つことができます。

 

ショートレイヤー

 

ビジネスとプライベート、どちらでも無理なく決まるのが、ショートレイヤー。ショートレイヤーの特徴は、上を短く下が長くなるようにカットされていること。

つまり、髪の長さを部分的に変えて段差を付けるのです。比較的、20代から30代の若い方が好む髪型で、髪の長さも短すぎないので、比較的挑戦しやすい人気のあるスタイルとなります。

 

短くすることにより、トップに動きを出すことができ、頭頂部の薄毛が目立ちにくくなります。ハードタイプのワックスやスプレーで毛束間を出すことによってトップにボリュームを出すことができます。

スタイリング後は、毛束がまとまってしまいます。そのため、コームや櫛で髪の毛をバラバラにすることにより、束間をなくし、自然な仕上がりになります。

 

<番外編> カラーリング

 

髪を染めてよい職業の方には、カラーリングもおすすめ。黒髪だと、色のコントラストで頭皮との髪の色の違いがはっきりするため、つむじに髪の毛が生えていないことが分かりやすくなってしまいます。

例えば、おしゃれ坊主やソフトモヒカンのトップにカラーリングすることにより、頭皮と髪の色の差がなくなり、薄毛が分かりづらくなり、カラーをすることにより、更におしゃれに。

 

しかし、カラーリングは髪や頭皮を痛める原因にもなりますので、美容室で相談しましょう。

 

美容室に行く時のポイント

 

薄毛のことを必ず相談する

恥ずかしがらずに、美容師に薄毛で悩んでいるので目立たないような髪型にしたいことを打ち明けましょう。美容師は髪のプロです。あなたに合った髪型を必ず提案してくれます。

 

イメージを伝える!おまかせはNG

おまかせといっても、こだわりは誰しも必ずあるはず。イメージが固まっていなくても、やりたくない髪型だけは伝えましょう。

 

同じ人に担当してもらう

同じ担当者にお願いすることによって、あなたの髪質やくせ、悩みを分かった上で、毎回髪型を決めてくれます。担当者が変わることによって、毎回薄毛の悩みを打ち明けなくてはなりません。

人によって必ずしも、気にいった髪型になるとは限りませんので、気にいった髪型にしてくれた担当者を毎回指名しましょう。

 

まとめ

 

今回は頭頂部の薄毛が目立たない髪型をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?頭頂部の薄毛は、隠すのではなく、トップにボリュームを出したり、短くしたりすることで目立たなくすることができます。

流行りの髪型を取り入れながら、自分に似合うかっこいい髪型を探してみてください。

 

なお、頭頂部専用育毛剤のことを、こちらの記事で詳しく説明していますので、興味があればクリックして読んでみてください。

⇒「育毛剤MSTT1の口コミと評判は?噂の頭頂部専用育毛剤の効果とは?」

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!