シャンプーとは、基本的に毛髪や頭皮の汚れを取るもの、育毛剤ではありません。皮膚につけても、すぐにシャワーで洗い流してしまうという点からも、「薬用成分をじっくり浸透させるものではない」ということをご理解いただけると思います。

では、薄毛が気になる人がシャンプーに期待すべき主な効果とは何なのでしょうか?それは頭皮環境を清潔にすること、そして当然ですが抜け毛を防ぐことです。

 

市販のシャンプーは、地肌の皮脂やフケをしっかり洗い落としてくれますが、洗浄力が強すぎる為、はげが気になる人が使うと、ただでさえ弱っている毛根の発毛力を更に削いでしまうことになりかねません。

シャンプーの強い洗浄力は、時として毛根には害となることもあるのです。というわけで、この記事では抜け毛を防ぎ、発毛・育毛に適した頭皮環境づくりをサポートしてくれるシャンプーの条件について、ご説明していきたいと思います。

 

 

頭皮や毛根に負担をかけないアミノ酸系シャンプー

 

アミノ酸系シャンプーとは、洗浄剤(乳化剤)に、グルタミン酸、タウリン、アラニン、アスパラギン酸、トレオニンなどのアミノ酸を含んだ成分を使用しているシャンプーのこと

アミノ酸系界面活性剤は、これらのアミノ酸に脂肪酸(ココイルやラウロイルなど)とアルカリ剤(ナトリウムやカリウム、トリエタノールアミンなど)を合わせて作られます。

 

アミノ酸系シャンプーは、ドラッグストア等で販売されている市販シャンプーに多い石油系界面活性剤(ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムなど)に比べると、泡立ちや泡の柔らかさ、クリーミーさ、汚れをごっそり取り切る力などは劣ります。

しかし、頭皮への刺激性が低いので頭皮を傷めないところ、さらにシャワーで髪をすすいだ後の髪がなめらかで保湿性の高いところなどが長所となります。

 

アミノ酸系シャンプーは、実は石油系シャンプーに比べて洗浄効果が弱いのですが、はげの人はアミノ酸系シャンプーのような洗浄効果の優しいシャンプーで、皮脂の汚れをほど良く取り除いた方が良いです。

と言うのも、石油系シャンプーでは頭皮の皮脂を必要以上に取り除いてしまい、頭皮に皮脂を作ろうとする力が強く働き出し、これにより毛乳頭細胞や毛母細胞などの毛根が成長しにくい環境になってしまうのです。

 

市販シャンプーの大半を占める石油系シャンプーは、毛根の力がしっかり備わっている人にとっては安くて髪をきれに美しくしてくれる便利なものですが、毛根の力が弱っているはげの人には刺激が強すぎるシャンプーとなってしまいます。

ですから、はげの気になる人はアミノ酸系界面活性剤を使ったシャンプーを使い、程よく頭皮の汚れを落とし、発毛に適した頭皮環境を作ることをお勧めします。

 

髪に良い成分を列挙しておきますので、シャンプー選びのときの参考にしてみてください。

 

人気育毛シャンプーに採用されているアミノ酸系界面活性剤(一例として)

  • ココイルグルタミン酸ナトリウム
  • ココイルトレオニンナトリウム
  • ココイルメチルタウリンナトリウム
  • ラウロイルアスパラギン酸ナトリウム
  • ラウロイルメチルアラニンナトリウム

 

抜け毛を防ぎ、発毛・育毛を促す薬用成分を配合したもの

 

先にご紹介したアミノ酸系界面活性剤は、頭皮を清潔にする洗浄剤であり、シャンプーの主役成分。しかし、育毛シャンプーは、これに発毛・育毛を促す薬用成分を配合して、頭皮の健康を少しでも高めようと製品の差別化を図っています。

本来、薬用成分はシャンプーでなく、じっくりと薬効を発揮する育毛剤にまかせた方が良いのですが、育毛シャンプー提供サイドでは、すばやく頭皮に浸透する力のある成分を、選りすぐりシャンプーに配合しています。

 

というわけで、以下に主な薬用成分の効果と具体的な成分について以下に紹介します。

 

抜け毛予防が期待できる成分

 

<ケトコナゾール>

強い殺菌効果とともに、男性ホルモン・テストステロンの血中濃度を下げる効果があることが知られています。ケトコナゾールシャンプーは日本国内では医療機関で処方されないと入手できません。

海外から個人輸入はできますが、皮膚への刺激が強く、副作用の危険があり、使用に際しては慎重を期す必要があります。

 

<ピロクトンオラミン>

殺菌効果があり、ふけやかゆみを防ぎます。頭皮環境を清潔に保つことで毛髪が抜けにくい環境を作ります。

 

頭皮の肌荒れを防ぐ成分

 

<グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)>

漢方で咳止めや解毒剤などに使われる甘草(かんぞう)に含まれる成分です。浸透性に優れ、炎症を抑える効果があります。

 

<ジフェンヒドラミンHCI>

炎症を抑える作用があり、アレルギーを抑える抗ヒスタミン剤としても知られています。

 

頭皮に保湿・うるおいを与える成分

 

<馬油>

浸透力が高く、速攻で頭皮に潤いを与えてかつ潤いを持続させる力に優れています。

 

<ヒアルロン酸、コラーゲン>

化粧品成分としておなじみの成分。高い保湿・保水効果があります。

 

頭皮の血行を促進する成分

 

<センブリエキス>

毛根の血行促進作用があり、育毛剤でも使われている成分です。保湿作用もあります。

 

<メントール>

血管を広げて血行を促進効果があります。スーッとする体感でおなじみの非常によく知られた成分です。

 

まとめ

 

抜け毛予防が期待できる育毛シャンプーの条件には、どのようなものがあるかをご説明しました。その上で、育毛シャンプーを使う場合には、しっかりマッサージすることも大事です。

マッサージは、シャンプーの薬液が頭に付着している短い時間で、血行を促進し、薬効成分をしっかり浸透させる効果があります。

 

育毛シャンプーを使いつつ、マッサージを入念に行い、より充実した頭皮ケアを実践しましょう。

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!