あなたは今、薄毛に悩んでいませんか?

そして、その薄毛を今すぐに治したいと思っていませんか?

 

薄毛の主な原因であるAGAは、遺伝によってその種類と量が決まっている「5α-リダクターゼ」という還元酵素と、生活習慣の乱れやストレスによって増加する男性ホルモンが結合することで作られる悪玉ホルモン「DHT」が原因で薄毛が進行する病気。

「薄毛」と呼ばれる程度の状態なら、まだ自分で対策を取ることが出来ます。ですが、はっきりとハゲて髪の毛が全く生えてこなくなったら、病院に行ったとしてももう手遅れの可能性が高い。

 

そうなる前に、育毛剤を使って効果的に薄毛対策をしていきましょう。

 

 

生活習慣の乱れやストレスを改善しても薄毛は解消されない?

 

AGA原因の1つでもある男性ホルモンの分泌量の増加が、ストレスや生活習慣の乱れというなら、それらを改善すれば薄毛も改善されるのでは?

そんな疑問を持ちますよね?確かに、その方法も間違いではありません。ですが、「ストレスを溜めることなく規則正しい生活を送り、これまでの飲酒や喫煙を制限して、栄養バランスのとれた食事を心がける。」といった、健康的な生活に今すぐ切り替えられますか?

 

環境が整い、さらに意志の強い人なら、出来るかもしれません。ですが、普通に会社勤めで仕事をしていれば、何かしらのストレスはありますし、会社での付き合いや残業など、帰りが遅くなってしまうこともあります。

全てを管理し、時間通りに生活するというのは、現代人にはかなり難しい事なのです。

 

また、もしその様な生活を送れたとしても、薄毛が改善されるまでには何か月、何年かかるか実は判らないもの。

しかも、髪の毛を作り出す毛母細胞が賦活化しなければ、規則正しい生活を送っても髪の毛は生えてきません。

 

抜け毛の量は減少するでしょうし、髪の毛の栄養素が足りていれば、太くコシのある髪の毛にいずれ変わっていくでしょう。

ですが、直ぐにハゲが改善することはありません。

 

普段の食事だけで本当に毛髪や頭皮は生き返るのか?

 

生活習慣だけでなく、食生活の乱れも髪や頭皮に悪影響を及ぼしています。では、食生活も栄養バランスを考えた食事に変えれば、髪の毛は生えてくるようになるのでしょうか?

 

10mgの亜鉛を毎日摂取できるか?

髪の毛に必要と言われている成分の1つが「亜鉛」。この「亜鉛」は、髪の毛だけでなく、肝機能にも必要な栄養素です。

その関係から、飲酒によって簡単に失われてしまう栄養素でもあるのです。ですから、飲酒を日常的にしているのなら、「亜鉛」を多く含んだ食材を積極的に採る必要があります。

 

ただし、「亜鉛」の過剰摂取によって健康被害を引き起こしてしまう可能性もあり、その摂取量の加減も考えなければなりません。

ちなみに、1日の推奨量は10mg。生ガキ100g中の「亜鉛」が13.2mgですので、1日に100gの牡蠣を食べていれば、十分に足りるということになります。

 

ただ、毎日亜鉛を摂取し続けること、あなたは出来るでしょうか?しかも、飲酒によって「亜鉛」は消費されてしまいます。

さらに、肝臓以外にも「亜鉛」を必要とする臓器はありますので、髪の毛に届くまでにどの程度残っているのでしょうか?

 

「ビタミンC」を無駄なく摂取できるのか?

また「亜鉛」以外にも、「ビタミンC」や「ビタミンB」も必要な栄養素です。特に「ビタミンC」は、「亜鉛」の吸収を促進してくれるだけでなく、コラーゲン生成に必要な栄養素ですので、頭皮環境のためには必須栄養素と言えます。

ですが、この「ビタミンC」は1日に必要な100mgをサプリメントや野菜ジュースなどによって摂取した場合、簡単に体外に排出されてしまい、その殆どが体内に残ることはありません。

 

つまり、食事によって摂取しなければ、意味がないということ。しかも、喫煙によって多くの「ビタミンC」は消費されてしまいますので、喫煙者は常に「ビタミンC」不足という状態です。

また、インフルエンザなどの病気でも、同じように「ビタミンC」が過剰に消費されてしまいますので、摂取量を増やす必要があります。

 

ちなみに、「ビタミンC」は水溶性でしかも熱に弱いので、野菜を流水で洗ったり、熱を加えた調理をしたりする事で多くの「ビタミンC」が失われてしまいます。

ジャガイモやサツマイモは、でんぷん質によって「ビタミンC」が守られていますので、加熱調理をしてもその殆どが残っています。

 

ということは、野菜によって摂取できる量は、その調理法などによってはあまり期待できないということですので、毎食イモ類かフルーツを摂取する必要があるということです。

 

「イソフラボン」を摂取し続けられるのか?

AGA原因にもなってしまう男性ホルモン「テストステロン」の分泌を抑制したり、還元酵素「5α-リダクターゼ」と「テストステロン」が結合するのを阻害したりと、AGA対策には不可欠ともいえる栄養素「イソフラボン」。

この「イソフラボン」は大豆たんぱく質に含まれていることが判っていますので、大豆食品を積極的に摂ることで「イソフラボン」を摂取できます。

 

毎食納豆を食べたり、おみそ汁を飲んだり、と言ったことは出来そうですので、この「イソフラボン」の摂取は、問題なさそうですね。

禁煙・禁酒も必要?

食事によって必要な栄養素を摂取したとしても、それらは喫煙・飲酒によって大量に消費してしまいます。その為、常に「亜鉛」と「ビタミンC」の摂取を考えた食事を心掛けなければならず、一般的に考えて、かなり難しいことが判ります。

更に、過剰摂取にならないようにその分量にも気を付けなければなりませんし、一度に過剰摂取することによる健康被害も考えなければなりません。

 

栄養士の資格を持ってまたは、同等の知識を持って食事療法が出来るなら対応できるでしょう。ですが、所詮は素人で、曖昧な知識のまま食事療法を行ったとしても、思うような結果を出せないのです。

しかも、喫煙と飲酒を続けるなら、折角摂取した栄養素が頭皮や髪の毛に届く前に無くなってしまうのですから、意味がないのです。食事によって薄毛を改善するなら、まずは禁煙と禁酒をすることが先決です。

 

結論!食事だけでは薄毛は改善できない

以上の事から、普段の食事だけでは薄毛対策は出来ないと言えます。人間の体は、普段の飲食によって得た栄養素で出来上がっています。

これまでに積み上げてきたものを、食事を変えて結果を出そうとしても時間がかかるだけですし、常に栄養バランスを考えていなければならないのです。

 

強い精神力を持って、栄養士と同等の知識を得て、何年もかけて改善するというなら話は別ですが、食事だけを改善しても、生活習慣の乱れやストレスが有れば、結局AGAは発症します。

それらも一緒に改善しなければ、AGAは治せないのです。

 

薄毛改善に育毛剤は使いたくない?

 

育毛剤は、薄毛対策には必須アイテムなのですが、多くの方がなぜか利用を躊躇しています。その理由として以下のようなことが考えられます。

口コミなどを見ても、以下の様な意見があるとやはり育毛剤の使用を躊躇ってしまいます。

 

  • 使い始めたら抜け毛が増えた
  • 1か月使っても効果が無い
  • 頭皮がかゆくなった

どうして抜け毛が増えるのか?

育毛剤を使い始めて直ぐ、これまで以上に抜け毛が増えたという経験をした人は、実は少なくありませ。この口コミに間違いはないのです。

では、どうして抜け毛が増えてしまうのでしょうか。

 

育毛剤を使い始めて、直ぐに抜け毛が増える症状を「初期脱毛」と言います。多くの育毛剤の使用説明書などには、この「初期脱毛」についての説明があります。

これによると、一時的に脱毛が促進されるだけで、1か月もすると落ち着きその後は抜け毛自体が減少していくというものです。

 

髪の毛は退行期に入ると成長が止まり、後は衰退するだけとなります。その後、休止期に入って抜けるのを待つ状態となるのです。

育毛剤を利用することで、そこに含まれる成分によって、このヘアサイクルにも働きかけがあり、休止期で抜け落ちるのを待っている髪の毛を抜け落ちやすい状態にしていることで、「初期脱毛」が起こっているのです。

 

毛穴にいつまででも髪の毛が残っていると、次の新しい髪の毛が生えてきません。

育毛剤には、髪の毛を作り出す毛母細胞を賦活化する成分も入っており、既に休止期に入った髪の毛を取り除くことで、賦活化した毛母細胞から新しい髪の毛が出てくるようにしているのです。

 

つまり、この「初期脱毛」という症状は、育毛促進のためには必要な症状なのです。また、人によって多少の違いはありますが、2か月目に入れば抜け毛も減少してくるのです。

 

育毛剤は使い続けることに意味がある

「効果が無い」と言った口コミの多くは、1か月のお試し期間だけで判断しているからなのです。

実は、この1か月のお試し期間というのは、効果のお試しではなく、自分の頭皮に合っているのか、また生活習慣の中に取り入れることが出来るのか、というお試しなのです。

 

実際に「効果があった」という口コミを書いている方の多くは、3か月以上使用しているという事実を見なければいけません。

「初期脱毛」が落ち着き、抜け毛が減少してくるのも、育毛剤を使用し始めてから2か月以降です。髪の毛がしっかりと育ち始めたかどうかを実感できるのは、その先、3か月以降なのです。

 

お値段が気になっては続けられないのも当然

1か月のお試しに、5千円以上も出せないという方も恐らくいるでしょう。その最初の値段を見て購入を躊躇っている人が多いのも事実。

例えば、あなたがもし喫煙者だったとして、1日に1箱たばこを吸っているのなら、月にいくら消費しているか自分で把握していますか?

 

人気銘柄のセブンスターが1箱500円です。30日毎日購入したら1万5千円。育毛剤は、1か月1万5千円以下のものが殆どですし、定期購入やまとめ買いを使えば1万円未満で購入できます。

つまり、育毛を取るか薄毛を取るかの問題。何度も言いますが、喫煙もAGA原因の1つなのですから。

 

初回お試し価格もある?

育毛剤の中には、実は初回限定でお試し価格というものもあります。この様な育毛剤の多くは、10日分や15日分と分量は少量です。

ですが、効果を試すのではなく続けられるのか、自分のお肌になっているのかなどを試すには、十分な期間です。

 

世の中には、ここでご紹介していない育毛剤もまだまだ沢山あり、その中には続けられそうな値段のものもないわけではありません。

ただし、その様な低価格の育毛剤の多くは、天然成分以外の成分も多く含まれていますので、人によっては頭皮がかゆくなってしまうこともあります。

 

また、低価格ということは、育毛効果のある成分の配合量が少なかったり、一般的に効果があると言われている成分が入っていなかったりしますので、購入前に成分表を確認する必要もあります。

効果が低くても構わないというなら、ご自分が続けられる値段のもので続けるというのも1つの方法です。

 

AGAを治したいなら育毛剤を利用!

 

育毛剤には、AGA改善に必要な成分が配合されています。更に、育毛効果のある成分や頭皮環境を整えるための成分まで配合している。

飲酒や喫煙によって失われがちな有効成分を、頭皮や毛髪に直接届けることができ、これにより、食事による栄養不足でも薄毛をしっかりと改善できるのです。

 

「テストステロン」と「5α-リダクターゼ」の結合を阻害する成分

AGAの原因物質でもある「DHT」は、男性ホルモンと「5α-リダクターゼ」が結合することで作られます。

そこで、多くの育毛剤では、これら2つの結合を阻害したり、男性ホルモンを抑制したりする成分を、有効成分として含んでいるのです。

 

例えば「フィンジア」という育毛剤には、「キャピキシル」という、AGA治療にも使われている「ミノキシジル」に変わる成分として注目を集めている成分を使っています。

その効果の高さは培養実験によって証明されており、「ミノキシジル」の3倍もの効果が期待できる成分なのです。

 

この「キャピキシル」は4種類のアミノ酸と赤爪草の花のエキスから作られた成分ですので、「ミノキシジル」の様な副作用の心配もありません

この「キャピキシル」は一例にすぎず、他にも民間薬として有名なドクダミのエキスが配合されているものや、ヒオウという植物のエキスを配合しているものなど、様々です。

 

因みにドクダミエキスには、毛母細胞の賦活化という効果があり、これにより育毛だけでなく発毛も期待できる成分なのです。

普通の食事では、毛母細胞を賦活化するだけの作用のある栄養素は摂取できませんので、そういった意味でも、育毛剤はAGA対策に有効なアイテムと言えます。

 

頭皮環境を整える成分

ホルモンバランスの乱れや食生活の乱れによって、皮脂が過剰に分泌し、頭皮環境が悪くなることがあります。

頭皮環境の悪化は薄毛の原因でもあり、多くの育毛剤にはこの荒れた頭皮環境を整える成分も含まれています。

 

抗炎症作用のる甘草エキスや、血行促進のためのセンブリエキス、皮脂分泌を抑制するためのビタミンB5などです。これらの成分も、育毛剤によってその種類は様々です。

 

髪の毛を育てる成分

育毛剤は、育毛が最たる目的ですので、当然育毛に効果を発揮する髪の毛に必要となる栄養素も多く含まれています。

例えば、海藻エキス。良く髪の毛には海藻が良いと言いますよね。その海藻エキスが含まれた育毛剤もあるのです。

 

また、海藻エキスにはヘアサイクルを正常化する効果もありますので、髪の毛が正常に育つ環境を整えてくれます。

また、髪の毛の元でもあるケラチンを作り出すために必要となるアミノ酸を配合しているものもあるのです。

 

育毛剤を使わないのは髪を諦めたも同然

この様に、育毛剤は荒れた頭皮環境を整え、髪の毛が生えやすい環境を作り出し、ヘアサイクルも改善し、更には毛母細胞の賦活化までしてくれるのです。

続けることで薄毛はしっかりと改善されると解っていながら、育毛剤を使わないのは、AGAによる若ハゲを諦めたも同然なのです。

 

いつ誰にばれるかわからない、病院での治療を受けるのか、それとも一気に増毛やかつらによってハゲを隠すのか?それを選ぶのはあなた次第。

 

まとめ

 

薄毛・抜け毛の原因は、これまでの食生活や生活習慣、ストレス、喫煙、飲酒のどれかが確実に原因となっています。

これらを改善すれば、いずれ薄毛も改善できるかもしれません。ですが、その原因を特定できないということは、これらAGA原因と言われるものを全て改善し、続けなければならないということでもあるのです。

 

その様な方法で、薄毛を本当に改善できるかは、残念ながら保証できません。それなら、確実に実証実験でも効果を出している育毛剤を使って、AGAによるハゲを改善する方が、確実なのです。

 

育毛剤については、こちらの記事でも詳しく書いていますので、興味があれば見てみて下さい。

関連記事:「オススメ!男性用育毛剤ランキング!!最も若ハゲに効果的な商品とは?」