「抜け毛が増えてきた。どうしよう、抜け毛を防せがないと。。。。」

 

抜け毛が増えてくると、当然「防ぎたい」「減らしたい」と思いますし、不安な気持ちになりますよね。それと同時に抜け毛予防の為、様々な対策を意識し始めるでしょう。

 

ワカハゲ君
いろいろな対策を考えますが、何から始めればよいのでしょうか。

 

その中で第一に考えるべきは、食べ物による抜け毛改善です。 髪は私たちが食べ物で摂取したものから作られています。 そのため、抜け毛予防に効く食べ物を口にすれば、結果は頭皮や髪に現れてくるのです。

では、一体どんな食べ物が抜け毛予防に効果があるのでしょうか。今回は抜け毛防止に効く食べ物をご紹介いたします。

 

 

抜け毛を防ぐための3大栄養素とは?

 

抜け毛を防ぐために重要な栄養は様々あります。その中でも食事をする際に意識して摂取したいのが、以下の3つの栄養素です。

 

  • たんぱく質
  • ミネラル(亜鉛)
  • ビタミン類

 

この3大栄養素の効果は以下の通りです。

 

たんぱく質

たんぱく質はアミノ酸で形成されており、体や頭皮を構成するのに欠かせない栄養素。髪も同様で、その内90%以上が「ケラチン」というたんぱく質で構成されています。

つまり、たんぱく質が足りなくなると、髪がきちんと成長できずに細くなり、抜け毛の原因となることがある。たんぱく質の摂取だけで抜け毛を予防できるわけではありませんが、たんぱく質を摂取しなければ抜け毛リスクは高まってしまうと言えるのです。

 

抜け毛が増えてきたと感じている人は、たんぱく質を意識的に摂りましょう。

 

ミネラル(亜鉛)

ミネラルは骨を構成したり、筋肉や神経の興奮性の調節をしたりと、体の健康維持に欠かせない栄養素。中でも、必須ミネラルの亜鉛は、髪の毛と深い関わりがあるのです。

亜鉛がないとタンパク質(ケラチン)が合成できないので、抜け毛が増え、新たな髪が生えてきません。また、抜け毛の原因である5αリダクターゼを抑制する働きがあるとされており、抜け毛対策に欠かせない栄養素です。

 

ビタミン類

ビタミン類は、成長や健康を維持する働きをサポートする栄養素。皮膚代謝を促したり、細胞分裂のサイクルを正常にする働きがあるので、髪の健康を保つのに欠かせない栄養素と言えるでしょう。

ビタミンAは細胞の酸化を緩やかにするため、加齢による衰えの出やすい髪や頭皮を健康的に保つ効果あります。また、細胞の代謝を促進させる働きのあるビタミンB群は、頭皮環境を正常に整えて髪の成長を促す働きが期待できる大切な栄養素。

 

そして、血行を促進させる働きのあるビタミンEは、頭皮の血行を良くして健やかな髪を育てることのできる状態へと整えてくれます。

ビタミンの必要量自体は微量ですが、体内でほとんど生成することができないため、意識して食事で摂取する必要があります。

 

抜け毛を防ぐ食べ物(食材) 5選!

 

ご紹介した抜け毛を防ぐための3大栄養素を多く含んだ食べ物(食材)をご紹介します。日常の食事に意識的に取り入れて、健康的で抜け毛になりにくい髪を育てていきましょう。

 

納豆

納豆などの大豆製品には植物性の豊富なたんぱく質が多く含まれています。たんぱく質は髪の原料となるため、積極的に摂取することが大切。他の栄養素をきちんと摂取していても、そもそもの原料がなければ髪の毛は育たないのです。

また、大豆にはイソフラボンが含まれており、イソフラボンは抜け毛の原因である脱毛ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を抑制する効果が期待できます。

 

牡蠣

牡蠣には亜鉛が非常に多く含まれています。牛肉、レバー、魚介類などにも多く含まれますが含有率は牡蠣が一番。髪の主成分はタンパク質ですが、亜鉛が不足すると上手く生成されません。

亜鉛は大豆のイソフラボンと同様に脱毛ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を抑制することができるため、抜け毛の予防効果が期待できます。

 

青魚

カツオ、イワシ、サバなどの青魚は高タンパク、亜鉛、ビタミンBなども豊富に含んでいます。EPA、DHAなども豊富で中性脂肪を下げる効果があるので血液をサラサラにする効果があります。

栄養素を意識するのであれば、梅干しや酢などクエン酸を含む食べ物と一緒に摂取するのがおすすめ。クエン酸はいわしの骨を柔らかくしてくれるので、いわしの酢煮などで食事に取り入れると、カルシウムとなる骨まで食べることができます。

 

また、眼精疲労などにより頭皮の血行が悪いと抜け毛に悪影響を与えますが、青魚の持つビタミンB2は眼精疲労にも効果があると言われています。

 

海藻類

昆布、ワカメなどの海藻類は、カルシウムや鉄、ナトリウム、ヨウ素など多くのミネラルを含み、さらにそれぞれ保有量が多いことでも知られています。

このミネラルは体に必要な栄養素を吸収するために必要な酵素を活性化させる働きをしております。抜け毛が気になる方は、まぜご飯や炊き込みご飯などは、昆布に含まれるミネラルを余すことなく摂取できますのでおすすめです。

 

ワカハゲ君
海藻類が髪に良いことは昔から有名ですよね

 

レバー

レバーはタンパク質やビタミンA、ビタミンBを豊富に含んでおり、このビタミンBはタンパク質の吸収を助け、また皮脂の分泌を抑制します。また、髪の原料となるタンパク質を効率良く吸収し、さらにビタミンAによって頭皮の環境を整えることが期待できます。

レバーを食事に取り入れる際は、やはりレバニラがおすすめ。ニラやニンニクに含まれる、アリシンというニオイ成分にビタミンB群の吸収を高めてくれます。

 

参考記事:『最強の育毛サプリメントとは?本当に効果のある薄毛専用サプリ5選!』

 

抜け毛を促進させてしまう食べ物(食材)

 

抜け毛を防ぐためには、抜け毛を防ぐ食べ物(食材)を食べることも大切ですが、抜け毛を促進させてしまう様な食べ物を制限することも重要です。

食べ物や食生活の面から抜け毛を予防するには、以下4つも気をつけてながら食事をしましょう。

 

  • 塩分
  • 食品添加物
  • 油分
  • 糖分

 

「塩分」や「食品添加物」を摂取しすぎると血行が悪くなります。血行が悪くなると、頭皮に栄養分や酸素が行き渡らなくなるため、抜け毛を促進してしまいます。

また、「油分」「糖分」を取りすぎると、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。皮脂が過剰に分泌されると、頭皮の常在菌が繁殖し頭皮の炎症に繋がる。このような炎症や皮脂の分泌が影響し、抜け毛を促進してしまうのです。

 

下記のような食べ物は抜け毛を引き起こす成分を多く含んでいるために、摂取回数を落としたり、含まれている成分が少ないものを選ぶなど意識してみましょう。

 

  • ラーメン
  • スナック菓子
  • ファーストフード
  • 揚げ物
  • ケーキ類

 

ワカハゲ君
髪に良くないと分かっていても食べちゃうんですよね。。。

 

抜け毛に効果のある食べ物を摂取すると同時に、抜け毛に繋がる食生活を続けることも大切。抜け毛を悪化させる食生活に気をつけながら、日々バランスの良い食事を心がけましょう。

 

まとめ

 

抜け毛を防ぐためのは、まずは生活習慣の改善。その中でも最初に取り組むのが、食べ物を見直すことです。これはあなたが意識すればすぐにでも取り組めることです。

多少の我慢はあるかもしれませんが、全ては髪のため。抜け毛を防ぐために「食べるべきもの」「食べるのを制限すべきもの」を理解し、今日から実施していきましょう。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!