近ごろ深刻になっている若者の抜け毛問題。最近やたらと抜け毛が気になってきたという方も多いのではないでしょうか?髪の毛は、ある一定の周期によって生え変わりを繰り返すので、髪の毛は誰でも毎日抜け落ちていきます。

しかし、これまでとは明らかに抜け毛の量が増えたと感じる場合は注意が必要。食べ物や睡眠などの生活習慣やストレスが、育毛の妨げとなり、思いもよらず抜け毛の原因になっている可能性があるのです。

 

ワカハゲ君
やはり生活習慣も抜け毛と関係するのですね

 

今回は、なぜ抜け毛が増えるのか?その原因についてご説明していきましょう。

 

 

抜け毛が増える原因とは?

 

抜け毛が増えるのは、いったい何が原因なのでしょうか?抜け毛は誰しもが起こり得るもの。髪が抜けたとしても、成長サイクルに沿った自然脱毛の範囲内であれば、全く問題ありません。

しかし、通常とは違い一定レベルを超えた抜け毛は、薄毛の危険性大。自然脱毛の本数は、1日平均100本前後と言われています。つまり、1日あたり100本程度の抜け毛であれば、問題ないということです。

 

ただ、元々の毛量が多い場合は1日200本近く抜けることもあるため、一概に100本を超えたら異常だとは言えません。

どれくらいの本数が抜けているか、正確な数を確かめることは事実上難しいことですが、シャンプーをしているときや枕を見たときに、これまでより明らかに抜け毛が増えている感じがしたら、それは何かしらの抜け毛対策が必要です。

 

ワカハゲ君
朝起きた時の抜け毛量が増えてる気がします。。。

 

以下のような生活習慣を送っていると、抜け毛の原因になっている可能性がありますので注意しましょう。

 

栄養バランスの偏った食生活

 

健康な髪が育つためには、栄養バランスの取れた食事が必要不可欠。ファストフードやコンビニのお菓子だけで腹を満たしていると栄養バランスが偏ってしまい、髪に必要な栄養が不足してしまうなどの悪影響を与えることになります。

私たち現代人は便利でおいしい食事がすぐに食べられる環境で育っていますので、食事を簡単に済ませてしまう機会も増えております。

 

しかし、ファストフードやコンビニ弁当などは、栄養バランス取れていないものが多いので、栄養バランスの偏った食生活を続けると、髪や頭皮にも悪い影響を与えます。

 

ワカハゲ君
最近、コンビニ食が多くなってました。。。

 

偏った食生活を続けると、当然身体に必要な栄養も不足してしまいます。摂取した栄養は、頭部の毛細血管を通して毛乳頭に届けられ、髪が成長しますから、食事から摂取する栄養が不足してしまうと、毛乳頭に充分な栄養を届けることができなくなるのです。

この様な生活を送っていると抜け毛は増加してしまいますよね。

 

紫外線予防をしない

 

紫外線を浴びた頭皮や毛髪の細胞は、大量の活性酸素を作り出し、その活性酸素は毛乳頭細胞を傷つけてしまいます。その結果、傷ついた毛乳頭細胞に生えている髪の毛は弱り、抜け落ちやすくなってしまうのです。

この活性酸素とは、細胞が作り出す高い酸化力を持った酸素。その酸化力を生かした殺菌作用によって、外敵から細胞を保護する役割を持ちます。

 

ただし、活性酸素が必要以上に生み出されてしまうと、その酸化力によって細胞自身を傷つけてしまうのです。そんな活性酸素を必要以上に生み出さないためには、その原因である紫外線から髪の毛を守ることが大切。

日差しの強い日に外出する際には、帽子を被るのはもちろん、日傘を使用したりもしましょう。また、活性酸素を除去するために、ポリフェノールなどの抗酸化作用が多く含まれている食品やサプリメントを積極的に摂取する方法もあります。

 

喫煙・過度な飲酒

 

喫煙や飲酒も抜け毛を進行させる原因のひとつ。タバコに含まれているニコチンは、体内に入ると血管を収縮させるため、血液の流れを悪くします。

血液がうまく循環しないと髪に栄養を届けることができなくなるため、髪の毛が育ちにくくなり、その結果抜け毛に繋がります。さらにニコチンは体内のビタミンも破壊してしまうので、喫煙する人はビタミン不足になりがちです。

 

また、お酒は適度な量であれば血行促進の効果がありますが、過度の飲酒には注意が必要。アルコールを肝臓で分解する際、髪に必要なミネラルが消耗されるのです。

1日の飲酒量を自分なりに決めて、泥酔状態などにならないよう節度をもってお酒を楽しみましょう。

 

ストレス

 

ストレスは自律神経に働きかけ、交感神経を刺激します。交換神経が刺激されると、血管が収縮し、血流の悪化を招く。頭皮には毛細血管と呼ばれる細い血管が巡っているので、ストレスによって血管が収縮すると血液の供給が滞り、髪が栄養を吸収できなくなります。

さらに、ストレスはホルモンバランスの乱れも引き起こします。ストレスを生活から完全に無くすことは難しいですが、ストレスをこまめに解消することは可能。

 

自分がリラックスできる環境や、ストレス発散できる行動をちゃんと理解しておくことが重要です。

 

ワカハゲ君
自分なりのストレス解消法を見つける必要がありますね

 

睡眠不足

 

睡眠時間を確保することはもちろん大切ですが、それと共に大切なのが「睡眠の質」。特に寝入ってからの3時間が重要で、この3時間以内に目が覚めてしまうと、その日の睡眠の質が低下すると言われております。

こうなると、髪の毛の成長に必要なホルモンの分泌が妨げられ、抜け毛や薄毛の原因に。また、頭皮や髪は紫外線や刺激などの1日に受けたダメージを、睡眠中に修復します。

 

充分な睡眠時間が取れなかったり、深い眠りができないと、髪の毛や頭皮も十分に回復させることができません。成人に最適な睡眠時間とされる、6〜8時間を目安に充分な睡眠時間を摂取しましょう。

また、睡眠時間を長くするだけではなく、質を高めることも重要。これも意識しましょう。

 

まとめ

 

ご説明した通り、抜け毛は様々なことが原因で発症します。ただ、健康な人でも1日100本は抜け毛がありますので、抜け毛があったからと言って、すぐに問題視する必要はありません。

ただ、これまでと違い、明らかに抜け毛量が増えているのでしたら、何か原因があるものと考えましょう。まずは抜け毛原因を把握し、その対策を取る。

 

これにより抜け毛の進行を止めることができます。早期に対策すれば、その分早く改善することが出来るでしょう。

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!