「薄毛がかなり進行してきた。まだ20代なのに・・・」

「もしかして若はげになってきている?」

 

近頃、若年層で薄毛になっている人が増えてます。20代くらいですと「薄毛問題なんてまだ先のこと」と思いがちですが、ハゲは気付いた時には進行し始めていることも多く、髪の状況に変化がないか、日々意識しておく必要がります。

とは言え、ハゲの進行は突然やってきます。実際に若はげになってしまった場合、多くの人は髪型で胡麻化したり、なるべく人に気付かれないようにしたりと、その場しのぎの対処しか考えられないでしょう。

 

ただ、根本の原因を解決しなければ、あなたは一生ハゲのままです。ひと昔前は、はげてしまったらカツラをつけたりするだけで、生やすことは困難でした。

しかし、現在では若はげになってしまったとしても、髪を生やすことは可能。ではどの様にして改善していけば良いのでしょうか。

 

 

若はげになってしまう理由とは?

 

若はげになってしまった場合、その原因として最も疑わしいのがAGA。薄毛に悩む成人男性のほとんどがAGAが理由だと言われているのです。

AGAは男性ホルモンの一種であるテストステロンと、還元酵素である5αリダクターゼが結合し生成されたDHT(ジヒドロテストステロン)によって抜け毛の症状が発症します。

 

DHTが増えてくるとと、それに合わせて脱毛因子が増え、髪のヘアサイクルが乱れることにより抜け毛が増えてしまいます。ですから、若はげを予防・改善するにはDHTの増加を抑えることが重要となります。

AGAの特徴は、脱毛の進行パターン。生え際から後退していくタイプ、頭頂部から薄くなるタイプ、これらの混合タイプなどさまざまな脱毛の進行パターンがあります。

 

ですから、生え際や頭頂部が薄くなっている場合は、AGAが原因であると考えても良いかもしれません。では、AGAが発症してしまった場合、どのように治せば良いのでしょうか。

 

AGAを治すには、専門クリニックによる治療がベスト

 

AGAが発症してしまった場合、最も確実で、信頼性の高い改善方法としておすすめなのが、AGA専門クリニックによる治療専門医による相談から始まり、専門知識をもってアドバイスしてもらえますから、安心して治療に専念することができます。

内服薬や外用薬を使用した治療が一般的ですが、AGA治療に使用される治療薬は5αリダクターゼを抑制するものや、ヘアサイクルを改善して毛母細胞の働きを活性化させるものなど、種類は豊富。

 

最初にカウンセリングを受け、治療方法や治療にかかる費用などを相談し、あなた自身が納得してから治療を進めて下さい。治療は1回や2回で終わるものではありません。継続していかなければならないので、治療方法を信頼する必要があるのです。

主な治療として、次の方法があります。

 

フィナステリド含有内服薬(プロペシア)

 

フィナステリドは、Ⅱ型の5αリダクターゼを阻害し、DHTの生成を抑制することで、AGAの進行を抑える働きがあります。「プロペシア(医薬品名)」と呼ばれる治療薬で、医師の処方により入手可能な治療。

国内においてその有効性が認められており、男性型脱毛症ガイドラインでは最高推奨度のAランク。ただし、使用できるは男性のみで、副作用の関係上、女性への投与は禁忌とされています。

 

また、フィナステリド等の内服薬は、副作用として肝機能障害が起こる恐れがあります。そのため事前の血液検査で肝臓機能の低下がないかなどを確認する必要があります。

治療薬の効果には個人差があるため、保証されるわけではありませんが、多くの人に有効性が認められた治療薬で確実性は高いと言えます。効果が出てくるまでには最低半年から1年の服用が必要と言われておりますので、継続して服用していく必要があります。

 

デュタステリド含有内服薬(ザガーロ)

デュタステリドはⅠ型とⅡ型の5αリダクターゼ双方を阻害する働きを持っています。Ⅱ型5αリダクターゼを抑制する効果はフィナステリドのなんと約3倍といわれており、発毛効果もフィナステリドの1.6倍あるとされております。

平たく言えばフィナステリドより効果の高い抜け毛予防薬と言えます。そのため、まずはフィナステリドで治療して、フィナステリドが効かなかった場合により効果の強いデュタステリドが用いられることが多いです。

 

フィナステリド同様、使用できるのは男性のみで、AGA治療専門クリニックなどで医師の処方により入手できます。

 

ミノキシジル配合外用液

 

ミノキシジル配合の外用液はミノキシジル含有内服薬と同様の働きがあり、発毛効果があるとされています。内服薬が血中から薬効を発揮するのに対し、外用液は頭皮から有効成分を浸透させて薬効を発揮させるため、内服薬とは異なるアプローチで治療できます。
また、ミノキシジル配合外用液も最高評価のAランクに位置付けられ、フィナステリドとは異なり男女問わず有効性が認められています。

 

植毛

 

植毛の種類は「自毛植毛」と「人工毛植毛」の2種類。自毛植毛は、頭部に残る自分の毛髪(側頭部や後頭部の毛髪)をメスやニードルを使い、薄毛が気になる部分へ移植する方法です。
後頭部や側頭部などの毛根を採取して、薄毛が気になる部分に移植します。生着率は高いとされていますが、感染症などのリスクがあるため、施術を受ける場合は安全性について必ず医師に確認するべきです。

 

一方で人工毛植毛は、ナイロンなどの繊維で作られた人工毛を頭皮に植え付けます。ただし人工毛植毛は自毛植毛と違い拒絶反応などの懸念があるので注意が必要です。

この人工毛植毛は、アメリカでは法律で使用が禁止されております。また、日本国内においても男性型脱毛症の診療ガイドラインでDランクとされており、これは「行わないよう勧める」というレベルの治療法です。

 

日本では禁止されていない為、施術しているクリニックも存在しており、それにより被害者も出ていると聞きます。人口毛植毛はそのリスクを考えると、検討にも値しない施術方法です。

 

メソセラピー

 

メソセラピーとは頭部の皮下に薬剤を注射する治療法。メソセラピーは有効成分を直接頭皮に届けるため、より高い発毛効果が実感できると言われていますが、外用薬や内服薬よりも効果があるという科学的根拠は乏しく、推奨される治療法ではないといわれています。
また、メソセラピーは薄毛治療以外にも、美容整形の脂肪分解などの治療にも用いられています。メソセラピーは頭皮に直接薬剤を注入しますので、その他の部分への影響が少なく、副作用の発症しにくい治療法と言えます。

 

HARG(ハーグ)療法

HARG療法は発毛機能を再生させることを目的とした再生医療。発毛を促す「成長因子」を含む有効成分を、直接頭皮に注入します。発毛機能が再生されることで薄毛の根本的な改善ができると言われており、治療を終えた後も効果が継続します。

しかし歴史の浅い治療法ということもあり、医学的根拠もまだ十分とはいえません。HARG療法はメソセラピーと混同されがちですが、まずHARG療法は日本医療毛髪再生研究会の認可を受けた病院でのみ受けられる治療。

 

AGA治療による効果が現れるまで期間は?

 

では、AGA治療の効果が現れるには一体どのくらいの期間がかかるのでしょうか?個人差がありますので、一概にお答えするが難しいのですが、一般的には3~6ヶ月が目安になります。

治療効果に一定の期間が必要となるのは、AGAで髪が薄くなる原因のひとつであるヘアサイクルが関係してきます。ヘアサイクルとは、発毛した髪が成長を終えて脱毛し、また新しく発毛する一連のサイクルのこと。

 

ヘアサイクルが乱れると、髪が成長しきるより前に抜けてしまうことで頭髪全体の毛量が減り、若はげに繋がってしまう。そのためAGA治療では、ヘアサイクルを改善することが必須なのです。

また、AGA治療薬の使用で薄毛が改善されたとしても、薬の使用を止めてしまうと、折角薄毛が回復してきたのに、再び若ハゲに戻ってしまう可能性があります。

 

症状に改善が見られてきた場合、自身の判断で勝手にやめるのではなく、専門医と相談しながら使用する頻度を減らしたり、薬の種類を変えたりした方が良いでしょう。

 

「若はげでも髪は生える!20代からのクリニック薄毛治療6選!」のまとめ

 

今回はクリニック薄毛治療をご紹介しましたが、治療の効果はすぐに出るものではありません。まずはそれを理解する必要があります。1~2ヶ月経過したにも関わらずこれといった変化が見られない場合、治療に対して疑いを持つこともあるでしょう。

しかしそこで治療を諦めてしまうと、せっかく改善に向かっていたヘアサイクルが、再び悪化してしまいかねません。根気強く、少なくとも6カ月は継続して治療を続けることが大切なのです。

 

治療方法によって、かかる費用も変わってきますので、まずはカウンセリングを受けてみましょう。

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!