いま10代や20代等、若年男性に薄毛の悩みを持つ人が、とても増えていることを知っていますか?年齢が若い10代、20代の男性は、発症したら「まさか自分が!?」と思うでしょうし、薄毛や若ハゲになるなどイメージしにくいものです。

そのため、薄毛や若ハゲに悩む男性は、中高年以上に気分も落ち込みコンプレックスに感じてしまうことでしょう。しかし、そんな薄毛や若ハゲに悩む男性でも、適切な対処法を行うことで改善が見込めます。

 

そこでこの記事では、薄毛の悩みを持つ20代男性の若ハゲ原因を徹底解剖していきます。

 

 

若くても薄毛(若ハゲ)の悩みを持つ男性は多い?

 

若くても自身が薄毛であることに悩みを持つ男性が、実はかなりいるのですが、そもそも「若ハゲ」と呼ばれるのは、実際何歳ごろからだと思いますか?

一言で「若ハゲ」と言っても、早いと10代後半から発症している男性も少なくありません。この若ハゲの原因の一つは、AGA(男性型脱毛症)と考えられています。

 

一般的に、10〜30代の若い男性に起こるAGA(男性型脱毛症)を「若年性脱毛症」と呼び、40代以降に起こるAGA(男性型脱毛症)を「壮年性脱毛症」と呼んでいます。

つまり、「若ハゲ」は、前者の若年性脱毛症に該当することが分かります。このように、一般的に目安とされる年齢区分があるというだけで、実際には何歳からが「若ハゲ」と呼ぶのかという決まりはありません。

 

そのため、10〜20代で自身の薄毛に悩み始めた男性は若ハゲの可能性が高いため、早々に対策が必要となります。

 

薄毛の悩みの原因はAGA(男性型脱毛症)の可能性大

 

薄毛や若ハゲが起こる原因は、AGA(男性型脱毛症)発症による毛周期の乱れによるものと考えられます。毛周期とは、髪の毛が健康に成長し、抜け落ちるまでの周期を指し、髪の毛の成長期は2〜6年あり、その後、退行期が1ヵ月、休止期が5ヵ月ほど。このサイクルを繰り返しています。

私たちの髪の毛は、このように正常なヘアサイクルが行われていれば、健康な髪の毛を保つことができます。しかし、髪の毛が健康に成長する前に抜け落ちてしまう、また、髪の毛が細くなることがあり、それが薄毛に繋がってしまうのです。

 

この薄毛を起こす原因として考えられているのが、男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」。ジヒドロテストステロンは、テストステロンに5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素が、結び付くことで分泌され、毛母細胞を破壊します。

その結果、髪の毛が薄くなる、あるいは生えてこなくなる等ということが起こってしまうのです。このように、薄毛や若ハゲを予防するためには、ジヒドロテストステロンの生成を抑制させることが、最も重要であることが分かります。

 

20代で薄毛(若ハゲ)の悩みが生じる原因とは?

 

10代や20代という若い男性でも、薄毛や若ハゲに悩む人が多いということは冒頭でお伝えしました。しかし、実際に薄毛や若ハゲが起こる原因は、男性ホルモンだけなのでしょうか?

ここからは、男性ホルモン以外の原因で、薄毛や若ハゲの悩みが生じる原因をみていきましょう。

 

薄毛(若ハゲ)が起こる他の原因は何?

原因①:頭皮環境の悪化

10代や20代ともなれば、オシャレにも気を遣う年代。そのため、カラーやパーマ、また整髪料などを頻繁に使用する男性も多いのではないでしょうか。

しかし、過度にカラーやパーマを行う、また、しっかりと洗髪せず、整髪料が残ってしまうことで、頭皮に毛穴詰まりを引き起こし、正常なヘアサイクルを乱してしまう可能性があります。

 

また、洗浄成分の強いシャンプーは頭皮にダメージを与えてしまいます。さらに、毎日頭皮に紫外線を浴びることで活性酸素の増加につながり、頭皮に悪影響を及ぼしてしまいます。

このように、頭皮環境が悪化することで薄毛や若ハゲが起こってしまうと考えられています。

 

原因②生活習慣が乱れる

10代や20代という若年層の男性は、少しくらいの無理は、若さで乗り切れるという考えがあるため、つい夜更かしや睡眠不足などをしてしまう様な生活を送っていることでしょう。

しかし、良質な睡眠ができればこそ、髪の毛に栄養を与える「成長ホルモン」を分泌させることができるため、毎日の睡眠はとても大切です。

 

このように、生活習慣が乱れることによって、ホルモンバランスが崩れてしまい、薄毛や若ハゲを引き起こしてしまうと考えられています。

 

原因③バランスの悪い食生活

私たちの髪の毛は、ケラチンと呼ばれるたんぱく質からできています。たんぱく質は、毎日の食生活の中から摂取することが大切。

しかし、近年では食文化の欧米化により、手軽に食べることができるジャンクフードに頼ってしまう傾向にあり、栄養バランスが偏った食生活を送る人が増えています。

 

このような、栄養バランスの悪い食生活を繰り返すことで、髪の毛に必要な栄養素を効果的に摂取していないために、薄毛や若ハゲが引き起こされてしまいます。

 

原因④血行不良

運動不足が続いたり、喫煙や過度な飲酒、また、ストレス過多によって、頭皮の血行不良が起こります。血行不良が起こると、頭皮に必要な栄養素を送り届けることができず、栄養不足となり、健康な髪の毛が育たなくなってしまいます。

その結果、薄毛や若ハゲが起こってしまうのです。

 

薄毛(若ハゲ)が起こりやすい男性の特徴とは?

 

薄毛や若ハゲになんて、誰もなりたくありませんよね。それでも薄毛や若ハゲが起こってしまう男性が存在しています。

ここからは、実際、薄毛や若ハゲが起こりやすいと言われる男性には、一体とのような特徴があるのか、みていきましょう。

 

薄毛(若ハゲ)が起こりやすい男性の特徴

特徴①精神的に弱い

精神的に弱い男性は、必然的にストレスを感じやすいために、身体が常に血行不良になりやすい状態となっている可能性があります。

血行不良は、新陳代謝の低下に繋がるため、頭皮への血流が阻害され、髪の毛に必要な栄養素が行き渡らなくなってしまうのです。

 

特徴②ジャンクフードが多い

手軽に食べ物を摂取できるこの時代、ジャンクフードばかりを食べている男性は、特に亜鉛やビタミンCが不足しがち。そのため、髪の毛が栄養不足を起こしてしまい、薄毛や若ハゲに繋がると考えられています。

 

特徴③肥満

肥満の男性ほど、血中コレステロール値が高いため、血液がドロドロの状態となっています。血液がドロドロの場合は、髪の毛に必要な栄養素が効果的に運ばれにくくなるため、抜け毛や薄毛を引き起こしてしまうのです。

 

特徴④過度のアルコール摂取

アルコールは、適量であれば薄毛や若ハゲに直結するような原因にはなりませんが、普段から過度にアルコールを摂取するという男性は要注意。

過度にアルコール摂取すると、体内でアルコールを分解する際に必要となる栄養素を消費してしまい、その結果、髪の毛の栄養不足を招いてしまいます。

 

また、肝臓など他の臓器にも悪影響を及ぼすため、アルコール摂取、適量に留めておくようにしましょう。

 

特徴⑤誤った洗髪方法

通常、髪の毛は1日に1回のシャンプーで十分です。しかし、男性は特に朝と夜にシャワーを浴びるなど、朝にもシャンプーを行う人も多いでしょう。

シャンプーをしすぎることで、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまい、その結果、頭皮を守ろうと過剰な皮脂分泌が行われます。

 

そして過剰な皮脂が、毛穴詰まりを起こし、髪の毛に必要な栄養素が行き届かないために、抜け毛や薄毛が進行すると考えられています。

 

薄毛(若ハゲ)の悩みを改善するためには?

 

薄毛や若ハゲがなぜ起こってしまうのか、その原因についてご説明してきました。ここからは、薄毛(若ハゲ)の悩みを改善するために、私たちが日常的にできることについてみていきましょう。

 

薄毛(若ハゲ)の悩みを改善する方法

方法①紫外線から髪の毛を守る

毎日外出時、出勤時には、強い紫外線を浴びることを防ぐためにも、帽子などを活用するようにしましょう。紫外線は活性酸素が増加するため、頭皮の健康に害を及ぼすと考えられています。

 

方法②育毛剤を使用する

薄毛や若ハゲに気付いた場合は、育毛剤の使用をオススメします。育毛剤には、薄毛や若ハゲの原因となる「ジヒドロテストステロン」の生成を抑制させる成分が含まれています。

そのため、育毛剤を効果的に活用し、薄毛や若ハゲを予防しましょう。育毛剤については、こちらの記事で詳しく書いてますので、興味があれば見てみて下さい。

関連記事:「オススメ!男性用育毛剤ランキング!!最も若ハゲに効果的な商品とは?」

 

方法③生活習慣を改善

毎日良質な睡眠をとり、バランスの取れた食生活を送りましょう。また、適度な運動を継続するなど、生活習慣を改善することから始めてみて下さい。

 

方法④ストレスを発散させる

慢性的にストレスを感じていると、血管の収縮が起こり、それによって頭皮に必要な血流が阻害され、栄養素が行き渡らなくなくなります。

それが原因となり、薄毛や若ハゲが起こると考えられています。そのため、ストレスを感じた場合は適度にストレスを発散させる効果的な方法を身につけておくようにしましょう。

 

 

薄毛の悩みが解消されない場合は専門クリニック

 

薄毛(若ハゲ)の悩みを改善するために、様々な改善策を実践してきたにも関わらず、一向に症状が良くならない場合もあるでしょう。

その場合は、一度専門クリニックを受診し、検査を受けることをおすすめします。改善が見られない場合は、すでにAGA(男性型脱毛症)が進行している恐れがあります。

 

その場合は、治療を行うことで改善することを期待できるでしょう。このような状況に該当される男性は、AGA専門クリニックを受診してみてください。



まとめ

 

薄毛の悩みを持つ20代男性の若ハゲの原因と対策について解説してきましたが、いかがでしたか?薄毛や若ハゲに悩む男性は、誰にもその悩みを打ち明けられず、コンプレックスに感じる男性も少なくありません。

しかし、ただ悩み続けるよりも、様々な改善方法を実施し、それでも改善しない場合は、AGA専門クリニックを受診して適切な治療を行うことで、薄毛や若ハゲを予防・対策することができます。

 

薄毛や若ハゲの悩みを解消して、自信を持てる自分を手に入れてください!

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!