苦しい受験勉強を終え、いよいよ花の大学生!高校を卒業すると大人からの制限も少なくなり、大学生は出来ることが大幅に増えてきます。恐らく最も羽目を外し、最も楽しい時期だと思います。

 

ですが、大学生の方は気を付けて下さい。大学生は薄毛になる危険性が、一気に増す年代でもあるのです!

 

コンパ、バイト、ゼミなどで、毎日忙しい日々を送っている間に、気付けば「生え際が後退してきた!?」とか、「つむじ周りが薄くなってきた!?」という話も良く聞きます。

大学生で若ハゲになってしまったら、それはあなたにとって一大事しょう。ハゲているというだけで、周りからは笑いのネタにされたり、場合によってはイジメにまで発展してしまうかもしれません。

 

まだ若いからと高をくくっていると、一気に薄毛が進行してしまう恐れがあるのです。

 

ワカハゲ君
 花の大学生活が。。。

 

では、なぜ大学生になると、薄毛リスクが高まるのでしょうか。まずは、その原因を解説していきます。

 

 

大学生がハゲてくる原因とは?

 

生活の乱れ(睡眠不足)

大学生になると深夜アルバイト、深夜テレビ、夜中までSNS、遊びなどで、夜遅くまで起きていることが頻繁なります。それでも翌朝になれば授業がありますから、当然、睡眠不足になってしまいがち。

 

ワカハゲ君
 急に生活環境が変わるし、髪にも負担がかかりそうです

 

体の成長に関わる成長ホルモンには、体を成長させたり細胞を修復したりする作用があり、深い睡眠をとっている時に大量に分泌されます。

睡眠時間が短かったり寝つきが悪いと、分断されると成長ホルモンの分泌が抑制されるため、成長ホルモンが十分に分泌されないことが考えられます。

 

この様に睡眠不足が慢性化してしまうと、若ハゲになってしてしまう恐れがあります。

 

食生活の乱れ

大学生になると一人暮らしを始める人もいるでしょう。これまでは親元で食事の心配はなかったですよね?いきなり自炊は難しいですし、どうしてもコンビニ食や外食に偏りがちになってしまいます。

例えば、大学生の好きなハンバーガーなどのファーストフードを多く摂取すると、血中コレステロールが上昇して皮脂が過剰に分泌してしまいます。そうなると頭皮の毛穴に皮脂が詰まってしまい、髪が十分に育たなくなって若ハゲに繋がるのです。

 

ワカハゲ君
 高校生の時に比べると外食の機会は格段に増えます

 

また、髪に必要な栄養分が摂取できないと髪そのものが作れなくなり、頭皮環境が悪化し元気な髪が生えなくなってしまいます。この様に食生活の乱れは、若ハゲを促進させる恐れがあるのです。

 

髪に必要な栄養素を手軽に摂取するには、育毛サプリメントが一番。バイト代からでも捻出できますし、インターネットから購入すれば、恥ずかしいこともありません。

育毛サプリメントについては、こちらの記事に詳しく書いてますので、興味があれば参考にしてみて下さい。

 

参考記事:「最強の育毛サプリメントとは?本当に効果のある薄毛専用サプリ5選!」

 

飲酒・喫煙

20歳になるとコンパ等で飲酒する機会がでてきます。アルコールは少量であれば、血行を良くし、ストレス発散にもなるのでむしろ育毛を助長することがあります。しかし泥酔状態になるほど過剰摂取すると、肝臓の機能が低下してしまいます。

髪の毛は主にタンパク質からできていますが、肝臓はそのタンパク質を合成する働きがあり、肝臓機能が低下すると合成ができなくなるだけではなく、タンパク質をそのものを消費してしまうのです。

 

ワカハゲ君
 アルコールは節度をもって摂取しましょう!

 

結果的に、頭皮まで行きわたるタンパク質が不足し、若ハゲになってしまうのです。お酒の場で羽目を外したい気持ちも分かりますが、髪のために適度な飲酒を心がけましょう。

また、タバコはAGA(エージーエー)の原因物質であるDHTを増加させる作用があります。さらに喫煙は血管を収縮させ頭皮の血行を悪化させるので、同じく髪の栄養不足を招いてしまいます。

 

栄養不足になった髪の毛はやせ細っていき、抜け毛の原因になってしまうのです。喫煙は髪にとって良いことは何一つありません。健康のためにも禁煙することをオススメいたします。

 

運動不足

高校時代、運動部に入っていた人が、大学では運動をしないことはよくある話。しかし、運動不足によって血行不良に陥ると、心筋梗塞、狭心症などの心疾患や脳卒中、肥満症といった生活習慣病を引き起こす恐れがあります。

また、薄毛男性のほとんどが該当するとされるAGAの患者のうち、肥満度が高い患者はAGAの早期発症リスクが高まるほか、症状が重症化する恐れもあるのです。

 

適度な運動は、体の免疫力を高め気持ちをポジティブな方向に変換させる効果があり、ストレス発散にも繋がりますので、まずはウォーキングや軽いジョギングから始めてみましょう。

 

ワカハゲ君
 まずは軽めの運動からトライしてみます!

 

スマホ・PCの見過ぎ

大学生活において、スマホは手放せないアイテムですよね?実はこのスマホも若ハゲの原因になるのです。スマホの見過ぎによる大学生の若ハゲは、主に眼精疲労から引き起こされます。

画面の見過ぎなどで目が疲れると、体は目の疲れを回復させるように働きます。すると、目を回復させることにエネルギーを消費してしまうため、髪の毛に十分な栄養が届かなくなってしまいます。

 

ヘアスタイルの多様化

大学生になるとオシャレに目覚めますよね?頭皮にまでワックスを付けたり、それを長時間付けたまま生活したり、髪の汚れを洗い落とさずに寝てしまったり、そんな生活を送っていると若ハゲに繋がります。

髪を染めたり、髪の色を抜くブリーチ、パーマなどのオシャレを繰り返し行なっていると、当然髪と頭皮にダメージが蓄積します。深刻な問題に繋がらない人も多いですが、元々髪が抜けやすい人はこれが原因で抜け毛が進行する事は間違いないこと。

 

髪や頭皮のダメージに繋がらない程度のオシャレに留めておきましょう。

 

AGA(エージーエー)

AGAは、成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のこと。思春期以降、つまり大学生ころになると発症する可能性でてきて、額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。

一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられており、徐々に進行していく特性があります。

 

「大学生が若ハゲになる原因を解明」のまとめ

 

遊び、勉強、恋愛と兎に角いろいろと忙しい大学生ですが、将来を見据え、髪のことも考えた生活を送りたいところです。また、もし若ハゲが発症し始めたら、早期に対処するべきです。

AGAは進行性ですから、放っておけばどんどん薄毛は進んでいきます。若い大学生の方が中年層よりも回復力があり、髪の正常化も早期回復が期待できます。

 

まずは自分の生活習慣を見直し、若ハゲの原因と思われることを直ぐ改善していきましょう。もっと早く若ハゲを治したいと考えている人は、育毛剤を試してみましょう。

最近では、薄毛の原因に直接効果のある育毛剤が発売されており、改善する可能性が高まっています。また、自然由来の成分で作られているので、副作用の心配もありません。

 

育毛剤については、こちらの記事に詳しく書いてありますので、興味があれば読んでみて下さい。

 

参考記事:「オススメ!男性用育毛剤ランキング!!最も若ハゲに効果的な商品とは?」

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!