20代の男性で約10%の人が発症すると言われるAGA。そのまま何の対策も打たないでいると、当然AGAは進行していきます。AGAによる若ハゲを食い止めて、毛髪の成長を回復させる方法の一つに「育毛剤」という改善法があります。

というわけで、ここではAGAに効く育毛剤について紹介していきたいと思います。

 

 

20代日本人男性の10人に1人がAGA!?

 

AGAとはAndrogenetic alopeciaの略称。そのまま訳するとアンドロゲン性脱毛症となります。アンドロゲンはテストステロンやジヒドロテストステロンなど男性ホルモンの総称のこと、日本ではAGAを男性型脱毛症とも呼びます。

一昔前に公表されたデータですが、日本皮膚科学会では日本人男性20代では約10%、30代では約20%、40代では約30%、50代では40%以上の割合でAGAが発症すると報告しています。

 

この数値が表す通り、AGAは決して他人事ではないのです。

 

こんな症状のときはAGAを疑うべき

日々の生活の中で、極めて強度のストレスがあれば「円形脱毛症」になることもありますし、抗がん剤治療をすれば抜け毛も起こります。

そのような明確な原因がなく、「最近、頭をタオルで拭くとやけに抜け毛が多い」、「数年前の写真と見比べて明らかに薄くなっている」、「そういえば親戚もハゲが多い」などの要件が当てはまるようなら、AGAが進行している可能性が大。

 

早期にその様な症状が発見できたなら、是非とも対策を講じましょう。

 

AGAについてよく知ろう

AGA対策を検討する前に「まず汝の敵を知れ」です。すなわちAGAとはどういうものか、そのメカニズムをしっかりと把握しておきましょう。

AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンが頭皮で強く作用することによって起こる症状です(健康面には何ら問題がないので、病気という訳ではありません)。

 

男性ホルモンというと、保健体育の授業で習った「テストステロン」という言葉を覚えている人が多いかもしれません。テストステロンが頭皮に働くなら、髪の毛はむしろヒゲや胸毛のように濃くなるのですが、男性型脱毛の場合、頭皮に働くはずのテストステロンが「ジヒドロテストステロン」という別の物質になって頭皮に働いてしまうのです。

そして、皮肉なことにこのジヒドロテストステロンは、毛穴の奥にある毛母細胞を萎縮させてしまいます、これによって髪の成長する速度が遅くなり、毛髪は痩せ細っていき、やがて毛穴から髪が出てこられなくなってしまうのです。

 

そういう訳で、AGA対策では「毛母細胞を萎縮させるジヒドロステロンの働きをどう抑えるかが重要」ということがわかりますね。

 

育毛剤でAGA対策をする

 

ここからはAGA対策として有効であり、インターネット等で揃えられる主な育毛剤を簡単に紹介していきます。AGAの初期症状であれば、次の育毛剤で試してみても良いかもしれません。

より確実にAGA対策をしたいのであれば、次の記事を参考にしてみて下さい。

「オススメ!男性用育毛剤ランキング|最も若ハゲに効果的な商品とは?」

 

ミノキシジル

今、最もよくAGA対策に使われている育毛剤が「ミノキシジル」という成分を配合した塗り薬です。市販品では第一類医薬品の「リアップX5(大正製薬)」がよく知られています。

ミノキシジルは血管拡張作用があり、元もと高血圧の人の血管を拡張させて、血圧を低くするために使われていた医薬品成分でしたが、アメリカでこれを塗ると脱毛症に効くことが発見され、育毛剤として売り出されるようになり、世界に広がっていきました。

 

ミノキシジルが発毛を促進する要因については、毛穴にある細胞(毛乳頭細胞や毛母細胞など)を活性化させるためという説がありますが、まだ正確にはわかっていません。

ただ、毛母細胞を萎縮させるジヒドロテストステロンによるマイナスの作用を、打ち消してしまうくらい強い成長力を毛母細胞に与えると考えると整合性があります。

 

とにかくミノキシジルには発毛効果があり、AGA対策に有効であることが1000人近いヒト試験で立証されています。実際には、ミノキシジル2%配合の塗り薬でも育毛効果があり、ミノキシジル5%配合の塗り薬では更に強い育毛効果があることが海外や日本のヒト試験でも効果が確認されており、AGAクリニックでもミノキシジルを処方するところが多くあります。

ただし、ミノキシジルを塗布することで痒みが出ること、さらには心臓や血管に影響を与えるリスクがあることが知られています。そのため、薬アレルギーのある人、高血圧あるいは低血圧の人、心臓や腎臓に病気のある人などは、様子を見ながら慎重に使用する必要があります。

 

アデノシン

「アデノシン」という成分も、ヒト試験で男性型脱毛症に効果があることが立証された塗り薬です。94名を対象にしたヒト試験では、0.75%アデノシン配合ローションは、5%ミノキシジルローションと、ほぼ同等の効果があったことが確認されています。

アデノシンは、毛根に酸素を多く運び、髪の栄養状態を良くするとともに、FGF-7とよばれる発毛促進因子を作り、毛根の成長期を伸ばすことで、髪を長く太く育てると考えられています。

 

市販品に医薬部外品の「薬用アデノゲンEX(資生堂)」があります。

 

カルプロニウム

「カルプロニウム塩化物」も血管拡張作用があり、毛穴を刺激して発毛を促進する成分として知られています。カシュウチンキやチクセツニンジンチンキなどの生薬を加えることで、さらに血行を促し、育毛を促進していくことが知られています。

カルプロニウムは男性型脱毛症だけでなく、円形脱毛症、脂分やフケなどが毛穴にたまることで、脱毛する粃糠性脱毛症などにも使われます。第3類医薬品の「カロヤンガッシュ(第一三共ヘルスケア)」はカルプロニウム塩化物を配合しています。

 

まとめ

 

AGA対策に有効な成分について、主なものを紹介しました。これらの成分を使った育毛剤は、テレビCMなどで見かけるものが多く、有名なものばかりですが、有効成分の違いまで認識している人はそれほど多くいません。育毛剤選びの参考にしてみてください。

ちなみに、いま市販されている育毛剤の成分でもっとも実績があるのがミノキシジル。「血圧が正常でない人や心臓病を持っている人は注意が必要」ということは、それだけ頭皮の血行にもしっかり影響を及ぼすということ。

 

含まれる有効成分を確認し、あなたの症状に合った育毛剤でトライしましょう。

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!