「なんだか頭が禿げてきた。どうすればいいんだろう。。。」

 

そう不安に感じている若者は、あなただけではありません。あなた同様に若ハゲに悩んでいる人は年々増えてきており、周りにも多くいるのです。

なぜ若年層にも関わらず、禿げてくるのでしょうか?若ハゲの原因というのは人によって様々で、一様に「ハゲの原因はコレです」ということは言えません。

 

ワカハゲ君
ハゲの原因は特定できないのですか?

 

ですが、若年層の男性における薄毛原因の実に9割以上は「AGA(エージーエー)」だと言われているので、禿げてきたらまずAGAを疑うべきでしょう。

AGAとは、男性型脱毛症とも呼ばれ、頭頂部・前頭部から薄毛が進行するのが特徴の男性型薄毛の症状。AGAの多くは、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)によって引き起こされますが、その他様々な要因により発症してきます。

 

では実際に禿げてきたらどのように対処すれば良いでしょうか。今回はそんなあなたにとって効果的なの若ハゲ予防策をお伝えします。

 

「禿げてきた、どうすればいい?」と思った人への予防策!

 

「禿げてきた、どうすればいい?」と思っている人は、普段の生活から若ハゲ予防を意識しておらず、気付けば症状が発症してしまっている人も多いでしょう。

まずは生活習慣におけて若ハゲの原因となっていることは無いか見直した上で、意識的に若ハゲ予防をしてみましょう。次から効果的な若ハゲ予防策をお伝えします。

 

禿げてきた人は、食生活を見直しましょう

生活習慣を見直すための最も根本的な対策は、食生活の見直し。これは、健康な髪を育てる上での前提として重要な対策になります。そもそも、髪は普段の食事で摂取した栄養素をもとに成長していきます。

ですから、栄養が不足したり、バランスが偏っていたりすると健康的な髪が育たなくなってしまうのです。髪に必要な3大栄養素といえば、髪のもととなるタンパク質、タンパク質を髪の毛に変えるビタミン類、そしてミネラル(亜鉛)、この3つが特に重要。

 

外食やコンビニ食は、忙しい現代社会で生きていれば多少は仕方ないことですが、その中でも日々の栄養バランスを意識して食事をしていきましょう。

 

ワカハゲ君
極力、栄養バランスを意識する様にします

 

禿げてきた人は、ストレスを溜めないようにしましょう

ストレスを溜め過ぎてしまうことは、健康にとっても髪の毛にとってよくありません。過度のストレスは頭皮に以下ような悪影響を与えてしまいます。

 

  • 頭皮の血流が悪くなる
  • 過剰な皮脂の分泌
  • ホルモンバランスが乱れる

 

これらが原因で抜け毛などに繋がるので、普段の生活からストレスが溜りすぎないように、趣味やスポーツ等で上手く発散していきましょう。

若ハゲをコンプレックスに感じ過ぎてしまうことも、強いストレスになりかねないので、気軽に考えていくことです。

 

禿げてきた人は、適度な運動をしましょう

適度な運動は健康増進や肥満防止に役立つのはご存知ですよね?AGA患者は肥満に人が多いという研究結果もあることから、日常的に行う適度な運動は、血行促進や肥満防止だけではなく、AGAの予防や改善にも良い影響を与えると考えられています。

運動は日々継続していく事が重要。ウォーキングを日課にしたり、ジョギングしたり、エスカレーターやエレベーターを使わずに階段だけを使ったりと日常生活の中で運動を取り入れていきましょう。

 

ワカハゲ君
手軽なスポーツから始めてみましょう

 

禿げてきた人は、自分にあったシャンプーを選びましましょう

頭皮ケアをする上で重要なのがシャンプー。何となく市販のシャンプーを選んでいる人が多いかもしれませんが、それが原因で頭皮環境を悪化させている可能性があります。

禿げてきたい人は、刺激の少ないアミノ酸系のシャンプーを使用することがオススメ。これにより頭皮環境の改善が期待できます。ただ勘違いしてはいけないのは、いくら良いシャンプーを使っても髪が生えたり、育毛効果はないということ。

 

あくまで頭皮環境を良くするアイテムとして、認識してしておきましょう。

 

禿げてきた人は、紫外線に注意しましょう

外を長時間出歩く際など、紫外線が頭皮に当たり続けてしまうことはハゲの発生原因となります。頭皮がダメージを受けるだけでなく、紫外線による老化という影響もでます。
それらは髪の発育に影響がでます。紫外線対策としては、通気性の良い帽子(黒がおすすめ)を被ること。ただ、かぶりすぎて汗をかき、不衛生な状態になってしまうのも良くありませんので注意しましょう。

 

禿げてきた人は、整髪料を最小限にしましょう

ワックスなど整髪料の使い過ぎも頭皮にとって良くありません。整髪料に多く含まれる「界面活性剤」が髪にとって重要なたんぱく質に影響を与え、髪の毛を細くしてしますのです。
また、整髪料を使いすぎたり、頭皮に付着してしまった場合は毛穴を詰まらせることにもなるので注意が必要です。ただし、付着した整髪料を落とすため、過度な洗髪すると逆に頭皮に悪影響にもなりかねません。

 

その他、いつも同じ分け目にしたり、パーマをかけることも頭皮にとっては悪影響。オシャレをするのも大切ですが、禿げ対策を考えるなら、最小限に留めておく方が良いでしょう。

 

まとめ

 

今回は「禿げてきた、どうしたらいい」と思っている人のため、6つの効果的な予防策をご紹介しました。薄毛の初期症状の段階であれば、ご紹介した予防策を実施することで、禿げの進行予防が期待できます。

ただ、これらはいづれも発毛効果がある訳ではありません。既に禿げが進行してしまっている人や、もっと積極的な予防策を望むのであれば、育毛剤やAGA専門クリニックを検討するべきです。

 

何も対策をしなければ、薄毛が徐々に進行してしまう可能性もあるので、早めに予防策に着手していきましょう。

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!