「将来ハゲたらどうしよう。。。」そんな風に不安に感じている若者は少なくないと思います。20代のうちから対策をすれば、若ハゲになるのを防げる可能性はとても高いのですが、多くの若者は正しい若ハゲ対策の知識がなく、放置してしまっているのです。

「20代の若者が薄毛になってくる理由の大半はAGAである」と言われておりますが、このAGAは進行性という特徴があります。このままでは将来ハゲてしまう可能性がどんどん増してしまうのです。

 

ワカハゲ君
僕の様に症状が出てくる前から対策を考えておいた方が良いのですね。

 

ですから、薄毛対策は早期に対策を実行するのが基本。正しい薄毛対策の知識を持ち、若いうちからハゲ対策をしていきましょう。

 

 

20代からの若ハゲ(薄毛)対策はコレ!

 

20代くらいの若者ですと「まだ薄毛対策なんて早過ぎる」と思っているのかも知れません。ですが、そんなことはありません。 若ハゲの対策を取ることについて早過ぎるという言葉はないのです。

特に、以下の様な症状がでてきたら、既に若ハゲが進行し始めているかも知れません。

 

  • 抜け毛が増えてきた
  • 髪の分け目が目立つ様になってきた
  • 生え際が後退してきた
  • フケが増えてきた

 

上記のような状況ならば、早々に対策を考えていきましょう。 そのまま放置していると10年後には生え際の後退や頭頂部の薄毛が進行していって、明らかなハゲになってしまうという可能性があります。

今からしっかり若ハゲ対策をしていけば、30代、40代をになった時にハゲのことを気にしないで若々しく生活を送れます。その為の対策をここでお伝えします。

 

若ハゲ対策①:定期的な運動をする

 

学生時代は運動部だった人が、社会人になり急に運動をしなくなることで運動不足になってしまうことがあります。運動不足になると、頭皮の血流が悪くなり、髪にとって必要な栄養が、頭皮に運ばれにくくなってしまうのです。
運動といっても激しい運動ではなく、ウォーキングや軽いジョギングなどで大丈夫。適度な運動はストレス発散にも繋がり、これも薄毛対策になるとも言えるでしょう。

 

若ハゲ対策②:質の良い睡眠を摂る

 

若いころは友達・恋人と電話やSNSをしたり、深夜までいろいろとやりたいことが盛りだくさん。しかも体力が余っているので、寝なくても何とかやり過ごせてしまいます。でも睡眠不足は髪にとってはとても大きなダメージ。

髪は寝ている間に成長ホルモンが分泌されます。睡眠が十分でないと髪がきちんと成長しきれないまま抜け毛になってしまう恐れがあります。

 

特に22時~翌2時は睡眠のゴールデンタイムと呼ばれ、特に成長ホルモンの分泌量が多いと言われております一日の睡眠時間としては6~7時間は確保したいものです。

また、眠りの質を高めるためには、寝る前のスマホやタブレットの使用は控えましょう。PCやスマートフォン、タブレットの画面から出るブルーライトは、眠気を誘うホルモンの分泌を妨げると言われています。

 

ワカハゲ君
寝る前についついスマホチェックをしてしまいます。

 

使わざるを得ない状況であれば、ブルーライト対応眼鏡を使う等の工夫を。寝る2~3時間前の入浴は、加温効果で寝つきが良くなると言われています。

シャワーだけで入浴しない方もいるでしょうが、出来る限り浴槽にゆっくり浸かって疲れを取る様に心がけましょう。

 

若ハゲ対策③:バランスの取れた食事の摂取

 

若い人は、手軽なファーストフード、コンビニ飯に食事を頼りがちです。この様な「偏食」も若ハゲの原因になります。また無理なダイエットも必要な栄養素を摂取できなくなる可能性があるので、薄毛の原因になり得ます。

髪にとって必要な栄養を意識的に摂取することも大切です。必ず摂取したい髪の栄養素は、「タンパク質」「亜鉛」「ビタミン類」の3種類魚、穀類、豆、海産物、野菜、果物等をバランスよく食べれば基本的に問題ありません。

 

若ハゲ対策④:自分の頭皮に合ったシャンプー

 

若ハゲの原因の一つとして挙げられるのが、自分の頭皮に合わないシャンプーを使うこと。特に、洗浄力が強く頭皮への刺激も強すぎるシャンプーによって、頭皮に必要な油分まで除去してしまい、髪を乾燥させ過ぎてしまう場合は要注意。

若い方に使っていただきたいシャンプーは、頭皮にやさしいとされるアミノ酸系シャンプー。人間の肌と同じ弱酸性のアミノ酸を洗浄成分としたシャンプーで、洗浄力が適度なものです

 

参考記事:『おすすめ男性用育毛シャンプー3選!市販シャンプーでは薄毛が悪化する?』

 

ワカハゲ君
髪を洗う方法も気を付けた方が良いんですか?

 

丁寧に洗髪する

自分の頭皮に合ったシャンプーを使っても、洗髪方法が間違っていると、髪・頭皮を傷つけ、抜け毛を引き起こしてしまいます。以下の流れの通り、汚れをしっかり落とせる洗い方を心掛けましょう。

 

  • ぬるいお湯でよく素洗いをする
  • 手の平でシャンプーをよく泡立てる
  • 泡立てたシャンプーで頭皮に揉みこむ
  • 入念にしっかりとすすぐ
意識したいのは、髪ではなく頭皮をちゃんと洗うこと。頭皮を傷つけない様、指の腹で優しく洗います。その際に絶対に爪を立ててはいけませんよ。
すすぎは、シャンプーの泡で浮かした汚れや脂分を落としきるため、十分時間をかけて流しましょう。

 

若ハゲ対策⑤:育毛剤で頭皮ケア

 

若くしてハゲてくると、慌て育毛剤を使い始める人がいますが、本当にその人のハゲに効果的かどうか、良く調べずに使っているというのです。

育毛剤は頭皮環境を整えてくれますが、「発毛剤」とも呼ばれるようなAGA時治療薬(医薬品)とは違い、ハゲを改善する効果は持っていないという事を認識して下さい。

 

ワカハゲ君
若ハゲ予防として育毛剤を使うのも良いですね

 

育毛剤は頭皮環境を整えることで、ハゲを予防する効果を持ちます。育毛剤が持つ薄毛を予防する主な効果は以下の通りです。

 

頭皮を清潔に保つ

育毛剤には、頭皮を清潔に保つために必要な成分が含まれており、「オウゴンエキスなどがその役目を果たします。育毛剤を使うと、頭皮の雑菌が一掃され、ハゲ予防につながるのです。

 

頭皮の血行を良化する

育毛剤には、頭皮の血行をよくする効果が期待できます。育毛剤に含まれている「センブリエキスなど、末梢血管拡張作用を持つ成分が、頭皮の血行を促進してくれます。

頭皮の血行をよくすることで、髪の毛まで必要な栄養分が十分に行き渡り、健康な髪の毛が育つ土壌が作られるのです。

 

頭皮や髪の毛に栄養を与える

頭皮や髪の毛に栄養を与えるのも、育毛剤に期待できる効果の一つです。育毛剤には、アミノ酸やギアシンなど、髪の毛によいとされる栄養分が含まれています。

育毛剤を使うことで、栄養分を頭皮に直接塗布できることが魅力でしょう。育毛剤は、頭皮環境を整えて、今ある髪の毛が強く健康に育つようにサポートするもの。

 

今はまだ若ハゲの症状が出ていない人でも、将来の予防策として育毛剤を使っている人も多くいます。

今ある髪の毛を育てるもので、ハゲを治すものではないという事を認識しましょう

 

参考記事:『オススメ!男性用育毛剤ランキング!!最も若ハゲに効果的な商品とは?』

 

まとめ

 

冒頭にお伝えしました通り、若ハゲ対策を実行するにあたり早すぎることはありません。一番問題なのは若ハゲの知識を持たないこと、そしてその予防策・改善策を何もしないこと。

将来を不安に感じている人は、早めの若ハゲ対策を積極的にチャレンジしていきましょう!

 

それでは今日も若ハゲ対策にハゲみましょう。また次回!